商品情報・ストアLife Space UX あなたらしい暮らしStories 毎日の暮らしに取り入れたいアロマテラピー

あなたらしい暮らしStories

毎日の暮らしに取り入れたいアロマテラピー 毎日の暮らしに取り入れたいアロマテラピー

毎日の暮らしに取り入れたいアロマテラピー

おうちで過ごす時間をもっと楽しく、心地よく。「どこまでも、あなたらしい場所にしよう」をコンセプトに、ソニーのLife Space UXがよりあなたらしい暮らし方のアイデアやヒントをお届けします。

植物が持っている香りや効能を利用して身体を癒すアロマテラピー。

自然由来の精油を使うので効能は緩やかで、身体に負担をかけることなく治癒力を高めてくれると言われています。

アロマテラピーに興味はあるけれど、自分に合った香りや使い方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は初めての方でも手軽にアロマを楽しめる方法をご紹介します。

生活シーンで選ぶアロマの種類

一言でアロマといっても香りや効能は様々で、自分に合った香りを見つけるのは難しいことですよね。

まずは手始めに生活シーンに適した代表的なアロマを知っておくと良いかもしれません。

例えば、仕事に集中したい時には脳を活性化させてくれる「ローズマリー」や「ペパーミント」、「ティートゥリー」などのスッキリした香りがおすすめです。

逆に、心と体を解きほぐしたい時には「ローズ」や「ゼラニウム」といったリラックス効果を高めてくれるアロマを選ぶのが良いでしょう。

また、ぐっすり眠りたい時には鎮静作用のある「ラベンダー」、ダイエットには食欲を抑止してくれる「グレープフルーツ」の香りが向いていると言われています。

アロマの素

アロマオイルを手軽に楽しむ3つの方法

アロマテラピーには植物から抽出した精油を用います。

精油は原液なので直接肌には付けず、希釈したり蒸発させることで香りを楽しみながら使用します。

毎日の暮らしに手軽にアロマを取り入れる3つの方法をご紹介します。

1.芳香浴

芳香浴は空気中に香りを拡散させて楽しむアロマテラピーの基本です。

電気式のディフューザーや、木製のスティックが芳香液を吸い上げて拡散するリードディフューザー、そしてアロマキャンドルやアロマランプのように熱で香りを蒸発させるものや、ポプリやサシェなど、飾っておくだけのものなど初心者でも手軽にできる芳香浴グッズがたくさんあります。

寝室やリビング、トイレなど空間によって使い分けても良いかもしれませんね。

芳香浴

2.アロマバス

心も体も解きほぐすアロマバス。やり方はとっても簡単で、お湯を張った湯船にアロマオイルを3〜5滴ほど垂らしてよくかき混ぜるだけです。

精油はお湯に溶けないので、少量のキャリアオイル(「ホホバオイル」や「オリーブオイル」などの希釈用の植物油)で伸ばしてから使うと良いでしょう。

呼吸で香りを感じるのと同時に、肌からもアロマの成分が浸透するので、癒し効果が高まってストレス解消や疲労回復が期待できるのだそう。

「ラベンダー」や「ローズ」など、できるだけ肌に負担のかかりにくいアロマオイルを選ぶのがおすすめです。

アロマバス

3.アロマスプレー

好きな香りが見つかったらぜひ手作りのアロマスプレーを作ってみてください。

アイロンがけの時に使ったり、就寝前のベッドに吹きかけてリラックスしたり、お出かけの時にはハンカチやマスクに香り付けして持ち運ぶこともできます。

また、抗菌効果のある「ラベンダー」や「ティートゥリー」、「ローズマリー」などのアロマスプレーはお掃除や消臭スプレーとしても使えるので、日々の生活に取り入れるにはおすすめの香りです。

アロマスプレーを手作りする時は、材料の「精油」「無水エタノール」「精製水」そして「スプレー容器」さえ揃えておけばご自宅でも簡単に作ることができます。

作り方はティースプーン2杯の無水エタノールと、お好みのアロマオイル10滴を容器に入れてよく振って混ぜ合わせ、精製水で5倍程度に薄めたら出来上がりです。

なるべく精油との化学反応を起こしにくいガラス製の容器を選び、1〜2週間のうちに使い切るのが良いでしょう。

アロマスプレー

「好きな香り」は、その時に身体が欲している効能であるとも言われ、自分の健康状態を客観的に見つめる良い機会にもなります。

何百もの香りの中から今のあなたが求めているあなたらしい香りを見つけて、毎日の暮らしにアロマテラピーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Life Space UX サイトマップ