商品情報・ストアLife Space UX あなたらしい暮らしStories 暮らしも気持ちもシンプルになる断捨離習慣

あなたらしい暮らしStories

暮らしも気持ちもシンプルになる断捨離習慣 暮らしも気持ちもシンプルになる断捨離習慣

暮らしも気持ちもシンプルになる断捨離習慣

おうちで過ごす時間をもっと楽しく、心地よく。「どこまでも、あなたらしい場所にしよう」をコンセプトに、ソニーのLife Space UXがよりあなたらしい暮らし方のアイデアやヒントをお届けします。

本棚や食器棚、クローゼットや押入れの中…家の中を眺めてみると何年も使っていないアイテムや、この先使う予定のないもので溢れていたりしませんか?

そんなときにおすすめなのが断捨離の習慣です。

断捨離というと「不要なものを処分する」というイメージがありますが実はそれだけではありません。

自分にとって本当に必要なものが何なのかを知り、それを見極める力を育ててくれます。

そして断捨離できるのは「もの」だけに限りません。

時間や気持ちの整理にも応用することができ穏やかで心地よい毎日を過ごすヒントのようなものとも言えるかもしれません。

衣類

「断捨離」を実践する3つのステップ

「断捨離」という言葉は「断行」・「捨行」・「離行」というヨガの3つの行法哲学の頭文字からとった造語です。

「必要のないものの流入を断ち、持っているものを手放し、こだわりから離れる」という3つのステップを繰り返して習慣化することで、整理整頓の習慣が身に付くだけでなく、運気が上がったり気持ちが前向きになるとも言われています。

本

1.断行(ものの流入、習慣を断つ)

「安いから」「便利だから」と安易に買い物をしているとものが増えていく一方。

今一度「本当に必要なのかどうか」「既に持っているもので代用できないのか」を自分に問いかけ、無駄なものを増やさない習慣を持つことが断捨離を実践するための第一歩です。

2.捨行(すでに持っているものを手放す)

部屋がもので溢れていると、いざという時に必要なものを探し出せずに余計な時間や労力がかかってしまうことも。

要らないものは思い切って手放し空間をスッキリさせておき、良いものを取り入れるスペースを十分に残しておくことが大切です。

「1年間使わなかったものは捨てる」「サイズが合わなくなったものは捨てる」「データ化できるものはパソコンに保存して現物は処分する」など、自分なりに手放すためのルールを作っておくと、残すか手放すかのジャッジがしやすくなりますね。

3. 離行(ものへの執着やこだわりから離れる)

ものに対する思い入れは人それぞれありますが、不要になったら執着心を手放すことも大切です。

ものに執着しなくなるといつの間にか物欲もなくなり、自ずと余計なものが身の回りから減っていきます。

物欲の代わりに、運動や街歩き、読書や料理など、心を満たしてくれる他の楽しみに目を向けてみるのも良いかもしれませんね。

観葉植物と衣類

断捨離がもたらす生活の変化

日々断捨離を実践しているうちに、自分にとって必要なものを見極める力がつき、考え方もシンプルになっていきます。

これが毎日の生活にたくさんのメリットをもたらしてくれることも。

すっきり片付いた環境での仕事や勉強は、集中力と作業効率が高まります。

食事をはじめとした生活習慣においても無駄がなくなると、健康面にも経済的にもプラス効果が期待できます。

断捨離を習慣化することは、無駄のないスッキリした空間で快適な暮らしを送ることができるだけでなく、あなたの気持ちや考え方にも素敵な変化をもたらしてくれることでしょう。

本当に必要なものだけに囲まれたあなたらしい心地よい暮らしを手に入れてみませんか。

断捨離

おうちで過ごす時間をもっと楽しく、心地よく。

ソニーのLife Space UXであなたも「どこまでも、あなたらしい場所」、「どこまでも、あなたらしい暮らし」を手に入れてみませんか。

Life Space UX サイトマップ