デジタルペーパーで、医療現場にイノベーションを。

デジタルペーパー DPT-S1

ペーパーレス化と業務の効率化を実現する、軽量・薄型・大画面の“新しい紙”。A4サイズがほぼそのまま読める13.3型*の大画面。軽さ約358g、薄さ約6.8mmのスリムボディ。ディスプレイにはE Ink?社のフレキシブル電子ペーパーを搭載。紙を超える「扱いやすさ」と、紙のような「読みやすさ・書きやすさ」を備えた“新しい紙”、それがソニーのデジタルペーパーです。

※13.3型は、A4サイズの紙の余白部分を除いた大きさに相当します

あなたが携わる医療現場で、こんなお悩みありませんか?

デジタルペーパーの特長

デジタルペーパー活用シーン「医療事務」

レセプトチェックを効率化。大量の紙出力と印刷・仕分けの手間を減らせます。

これまですべて紙面上で行っていたレセプトチェック…。
デジタルペーパーは、それら一連の業務を電子ファイルとして処理することで効率化を実現します。内容のチェックはデジタルペーパーの画面上での目視確認となるため、従来のように大量のレセプトを紙出力する必要はありません。
また、手書きまたはテキスト付せん機能を使えば、要チェック箇所の検索が容易に行えるため、確認漏れ・伝達ミスを低減できます。さらに、レセプトフィードバックシステムを使えば、院内のレセプトフォーマットをカスタマイズすることで、担当医別に自動振り分けもできるので仕分け作業をする必要もありません。

デジタルペーパー活用シーン「治験」

膨大な治験資料の紙出力が不要に。ペーパーレス化により運用・保管・管理も簡単・安全に。

膨大な紙資料が必要となる治験の現場。デジタルペーパーなら、約358g、約6.8mmの中に大量の資料を格納することができるので、紙で出力することも、資料の保管・管理スペースを確保することも、重い紙資料を持ち歩くこともありません。また、A4サイズとほぼ同じ13.3型の大画面だから、ストレスなく読むことができます。さらに、紙と同じ感覚で手書きすることができるので、メモの書き込みも自由自在。本体のロックパスワード設定、内蔵メモリーの暗号化などの機能も搭載しているので、機密情報の漏えいリスクも低減します。

デジタルペーパー活用シーン「カンファレンス」

カンファレンスをペーパーレス化。事前準備の手間と紙の使用を削減できます。

多くの人が出席し大量の紙資料が必要となっていたカンファレンスも、デジタルペーパーがあれば効率化することができます。電子ファイルで資料を配付するため、開催者は資料の印刷をする必要もなく、直前の資料内容の変更にも柔軟に対応することが可能に。カンファレンス中は配布された電子ファイルに手書きでメモを書き込めるので、従来の紙と同じ感覚で参加することができます。また、デジタルペーパー会議ソリューションを使えば、資料はサーバー上で管理・保管し、カンファレンスが終了するとデジタルペーパーから自動で資料が消去されるので、紙資料の回収や廃棄の手間が不要になり、情報漏えいも防げます。

デジタルペーパー活用シーン「病院受付」

手書きの問診票を効率的に管理・活用。デジタル化することで履歴管理が可能に。

電子カルテを導入した後も、変わることなく運用・管理されている紙資料…。たとえば、手書きで書かれた問診票も、その一つです。デジタルペーパーなら、問診票をデジタル化することで、履歴の管理をはじめ、データの集計や分析にも活用することができるようになります。また、病棟にて各患者さまへの問診業務や看護師間の申し送り業務にも利用が可能。紙の限られたスペースに小さな文字で端的に記載していた申し送り事項も、デジタルペーパーは簡単にページを追加することができるので、スペースを気にせず大きな文字で詳細に書き込むことができます。

デジタルペーパー活用シーン「診察室」

医療用シェーマの描画に最適。紙のような書き心地で違和感なく使いこなせます。

患者さまへの病状の説明に欠かせない医療用シェーマの描画ツールとしても、デジタルペーパーは効果を発揮します。紙に書く感覚でストレスなく描画することが可能で、約358gと超軽量なため、手で持って書き込みながら患者さまに説明することができます。

これは、もはや、新しい紙。NOT TABLET BUT PAPER.

紙を超える「扱いやすさ」と、紙のような「読みやすさ・書きやすさ」を備えた“新しい紙”。ソニーのデジタルペーパーが、さまざまな医療現場のイノベーションを実現します。

Case Studies

お客様はどのような課題やニーズを抱え、そしてソニーはどのようなカタチで応えたのか?デジタルペーパーの活用事例をご紹介します。

大阪大学歯学部附属病院

レセプトの院内点検作業で出力していた膨大なレセプト帳票の完全なペーパーレス化と、作業の効率化を実現。

※本システムは医療機器ではありません。