再生の基礎知識

・どのディスクでも再生できるの?

再生できるディスクには再生専用のDVDと録画可能なDVDの2種類があります。

再生専用のDVDには映画のDVDビデオや音楽、パソコンソフト配布用のDVD-ROMがあります。これらのDVDは「市販のDVD」と言います。

録画可能なDVDにはDVD-R(ビデオモード/VRモード)、DVD-RW(ビデオモード/VRモード)、DVD+R、DVD+RWなどのディスクがあります。お持ちの録画機器で録画した映像はその機器でなら再生することができます。上記の表は他機で録画したディスクをお持ちの機器で再生できるかどうかを説明しています。

なお、DVD-RやDVD+R、DVD-RWを他機で録画した場合、お持ちの機器で再生するには録画した機器でファイナライズする必要があります。

"PlayStation(R)2"におけるDVDメディアの再生互換情報については
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのこちらのページへ

本リストは、DVD-RW/+RW/−R/+Rディスクでの再生や記録に関してソニー製の対応機種を調査したものです。
なお、本リストにおける「再生対応」とは「本編が正常に再生できること」です。ただし、同一機種であっても、機器やディスクの状態などによっては、再生できない場合があります。このリストは再生を保証するものではありません。
「記録対応」とは「記録したディスクが記録した機器そのもので再生できること」としております。ただし、ディスクの状態などによっては記録できない場合があります。

※本リストのご使用にあたり、以下の点にご注意ください。
1. ビデオモードで録画されたディスクは、ファイナライズされていないと他の再生機器での再生ができません。
2. VRモードで録画したDVD-R/-RWディスクは、VR対応の再生機器もしくはPC用DVD再生ソフトウェアにて再生が可能です。
「1回のみ録画可能」な番組を録画したCPRM対応のDVD-R/-RWディスクの再生には、CPRMに対応した機器が必要です。
3. DVD-R/-RWディスク(VRモード)及び、DVD+RWディスクに短時間の記録をした場合、再生機器によっては、ファイナライズ操作が必要な場合があります。
4. 「1回のみ録画可能」な番組はCPRM対応DVD-R/-RWディスクを使用してVRモードでのみ録画可能です。+R/+RWでは録画できません。
5. VAIO専用ドライブ及び2005年5月以前に発売されたVAIOではCPRM記録されたディスクの再生に対応しておりません。
6. 高速記録対応ディスクで1倍速記録対応していないものには記録できない機種があります。
7. 規格外品質のディスクなどディスクそのものに原因がある場合は記録再生できません。
また、下記のような理由で再生ができない場合があります。
* ディスクに傷、汚れ、指紋、欠け、反り等の物理的な欠陥要因がある場合
* DVD+RW/-RWディスクで書き込み回数が約1000回を超えた場合
* PC用記録ソフトウェアによって、DVDフォーマットで決められた規格外の記録がなされている場合