Storage Solutions | ストレージ/サーバー
お問い合わせ プロフェッショナル業務用
トップページ 製品情報 ソリューション製品 サポート&ダウンロード サイトマップ
製品情報
PetaSite データマスストレージシステム
PetaSite80/150シリーズ
生産完了

B150L-B200S

PetaSite80/150シリーズの主な特長(両シリーズ共通特長)

●大容量が収納可能なLカセット専用モデルとアクセス性に優れる
 Sカセット専用モデルを用意

PetaSite80/150シリーズでは容量を重視したLカセット専用モデルと、1巻あたりの容量は小さいですがアクセス性に優れるSカセット専用モデルの2つのモデルをご用意いたしました。バックアップなど容量重視のシステムではLカセット専用モデル、HSMやアーカイブなどアクセス性が重視されるシステムではSカセット専用モデルと、用途に応じて最適なモデルをお選びいただけます。

●カセット交換 360巻/時間(平均)の高速アクセスを実現
PetaSite80/150シリーズでは、カセット交換 360巻/時間、カセット搬送時間5秒(いずれも平均)と、当社従来機種に比べ約2〜6倍の高速なアクセスを実現しました。これによりデータアクセス開始時間は、Sカセット使用時で平均30秒以内、Lカセット使用時でも平均1分以内と、快適なデータアクセスが可能です。(いずれもDTF-2搭載時)
※フルにデータが記録されたカセットに対し、DTF-2テープドライブのFastLoad/Unload on the halfwayの機能を使ってアクセスした場合の平均時間です。また、常に追記のみを行うような場合には、DTFテープドライブのFastLoad/Unload機能を使うことにより、平均20秒以内で追記が開始できます。(Lカセット/Sカセットとも)

PetaSite80シリーズ(DMS-B80L/B110S)の主な特長

●コンパクトな筐体に16.2TBもの大容量を収納
PetaSite80シリーズはコンパクトな筐体に、最大16.2TB(Lカセット:DTF-2搭載時)もの大容量 を収納できます。また、テープドライブも最大4台まで搭載可能です。
※PetaSite80シリーズは拡張コンソールの増設はできません。

PetaSite150シリーズ(DMS-B150L/B210S/EX150L/EX210S)の主な特長

●拡張コンソールの増設により最大128TBまで拡張が可能
PetaSite150シリーズはベーシックコンソールであるDMS-B150L/B210Sと拡張コンソールであるDMS-EX150L/EX210Sにより構成され、ベーシックコンソールには拡張コンソールを最大6台まで増設することができます。例えば、DMS-B150Lは最大容量 30TBですが、これにDMS-EX150Lを6台増設することにより、最大128TBまで拡張が可能です。またドライブ数も、DMS-B150Lは最大6台、DMS-EX150Lは最大2台まで搭載可能ですから、1システムで最大18台までのドライブを搭載可能です。


 B150L-B210S
DMS-B150L/B210S
EX150L-EX210S
DMS-EX150L/EX210S
B80L-B110S
DMS-B80L/B110S

※PetaSite80/150シリーズの制御には別売りのPetaSiteコントローラーが必要です。

PAGE TOP
shadow03.gif