Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
トピックス
TOPIC ARCHIVES
Inter BEEロゴマーク
ソニーブース会場レポート
国内最大の放送機器展、InterBEE2003が11月19日から21日までの3日間、幕張メッセで開催され、3万人近くの来場者で賑わいました。今年は、地上デジタル放送の開始を間近に控え、HDTVを中心とした制作から送出までのトータルソリューションの提案が各出展社より展示されました。
ソニーブースでは「Work Smart. Work Sony.」をテーマに、地上デジタル放送に対応するHDソリューションをご提案いたしました。 ソニーブース写真
レコーディングメディア(新商品)
新商品「HDCAM-SR」「プロフェッショナルディスク」を中心に展示し、ソニープロフェッショナルメディアの信頼性の高さをご体験いただきました。
HDCAM-SRコーナー写真 HDCAM-SRコーナー
HDCAMに比べて半分のサイズの超微粒子の磁性体を採用し、ノイズ低減化を図り同時に高密度に充てんする事により、2倍の高出力を達成したHDCAM-SR。会場では、D2・HDCAM・HDCAM-SR各磁性体を50万倍にした模型を展示し、微粒子化することで、出力を高めることが可能な高性能メタル磁性粉の進化をご覧いただきました。
HDCAM-SRテープ商品情報はこちらから
CineAltaモデル写真 CineAltaモデル(参考出品)
CM・映画制作領域での活躍を期待されるHDCAM-SRフォーマット。可搬性を考慮したハンドキャリーケースを採用し、Sサイズ2巻入りモデルと、Lサイズ1巻入りモデルを「CineAltaモデル」として参考出品いたしました。屋外での撮影などを考慮し、防水・防塵を強化したキャリングケースの構造をデモストレーションを通じてご覧いただき、多数のお客様に評価いただきました。
プロフェッショナルディスクコーナー写真 プロフェッショナルディスクコーナー
23.3GBという高密度記録を可能とした先進のナノテクノロジーをご紹介しました。また、プロフェッショナルディスクのディスク本体、ロアーハーフ等各パーツを展示し、ディスクの構造をご紹介しました。青紫色レーザーを採用したディスクメディアに関心を寄せられた多くのお客様にお立ち寄りいただきました。
XDCAM・プロフェッショナルディスクに関する
商品情報はこちらから
レコーディングメディアブース写真
HDCAM

地上デジタル放送スタートに際し、HD放送のコンテンツ制作を支えるソニーのHD制作機器。 HDCAMシリーズのラインアップも充実し、おかげさまで、全世界で12,000台※のHDCAM機器をお使いいただいております。
※2003年11月現在
HDCAMブース写真
HDCAM-SR(新商品)
HDコンテンツ制作の最上位フォーマット「HDCAM-SR」。 イメージサイズ1920×1080の高画質記録はもとより、サラウンドオーディオ放送や2ヶ国語以上の多言語放送にも対応できる12ch/24bitの高音質記録が可能なHDCAM-SRデジタルレコーダー「SRW-5000」を出展いたしました。
HDC-F950 さらに、RGB4:4:4収録可能なCineAltaカメラ「HDC-F950」との組み合わせで、合成処理やCGイメージを多用するHD CM制作、デジタルシネマに新たな価値をご提供し、HD制作を次の領域へと導きます。HDCAM-SRのプレゼンテーションは、多くのお客様にお立ち寄りいただきました。
HDCAM-SRブース写真
XPRI Ver6.0(新商品)

このたび、ノンリニア制作システム「XPRI」にVer6.0がリリースされ、さらに機能が充実しました。編集操作のレスポンス・レンダリングスピードが大幅にアップ。SANやネットワークレンダリングなどのネットワーク環境に対応し、30種類以上のリアルタイムエフェクトも追加されました。
また、VTRエミュレーション機能、GPI出力による外部専用テロッパーへの対応、XDCAM機器との連携など、ノンリニア制作のさらなる効率化を実現いたしました。
XPRI Ver6.0ブース写真
XDCAM(参考出品)
青紫色レーザー技術を使った「プロフェッショナルディスクシステム XDCAM」を展示いたしました。
PDW-530 ディスクならではのランダムアクセス性と高速ファイル転送を活用することで、SD制作において質の高いコンテンツをスピーディーかつ効率的に制作することが可能です。ご来場いただいた皆様には、業務用途に欠かせない信頼性・安定性についてご確認いただきました。
XDCAMブース写真
ニュースサーバーシステム(参考出品)

地上デジタル放送におけるニュース制作のために、ニュースサーバーを核としたシステムを開発いたしました。ニュース制作の生命線である即時性を、HD環境にもかかわらず、さらに充実させてご提供いたします。
ニュースサーバーシステムブース写真