Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
トピックス
TOPIC ARCHIVES
HDV規格対応  新商品のご案内
映像記録フォーマット「HDV規格」*の1080i方式に加え、従来のSD環境でも利用できるDVCAM方式および、
DV(SP)方式による記録・再生が可能な映像制作業務用HDVカムコーダー『HVR-Z1J』と、
HDVレコーダー『HVR-M10J』を発売します。

ソニーは既に、放送用HD制作機器として「HDCAM-SR」「HDCAM」を発売しておりますが、
今回のHDVカムコーダーとレコーダーの発売により、HD制作環境がより身近なものになり、HDコンテンツ制作の高まる需要に対応することができます。
* HDV規格は2003年9月30日、キヤノン株式会社、シャープ株式会社、ソニー株式会社、日本ビクター株式会社の4社によって策定。
HDVホームページはこちらから
・・> Click!!
HDVホームページ
HDV規格対応 記録メディア 「Digital Master」
HD制作をより身近にするHDVカムコーダー/レコーダー。その性能を余すところなく引き出す、業務用記録メディア登場。
HDVカムコーダー/レコーダーの発売に併せ、HDVおよびDVCAM規格での記録に適した
業務用記録メディア『Digital Master』(PHDVM-63DM)を発売いたします。
HDV規格対応 記録メディア 「Digital Master」
発売予定: 2005年1月21日
希望小売価格: 2,363円(税抜価格 2,250円)
記録時間
 HDV/DVフォーマット記録時 約63分
 DVCAMフォーマット記録時 約41分
HDVフォーマット記録におすすめの高い特性を実現
高密度・高効率 磁性体「ハイパーエバーティクルIV」を新開発。
蒸着を2層にすることで、出力・C/Nをさらに向上しました。
エラーレートのマージンが大きく、悪条件でも 映像・音声記録の余裕を確保しています。
ドロップアウトをさらに低減。安定した再生パフォーマンスを実現しています。
業務用としての十分な耐久性を実現
新開発の潤滑剤を使用。
摩擦特性をより安定させ、テープへのダメージを低減しました。
新DLC保護層を採用。
テープ表面の保護層を最適な硬さにすることで、テープの耐磨耗性の向上と ヘッド磨耗の抑制を両立しました。
業務用としての耐久性を考慮し、DLC保護層の厚さを確保しています。
この新商品は、「Inter BEE 2004」(11月17日〜19日/日本コンベンションセンター:幕張メッセ)に
出展いたしました。
ご来場ありがとうございました。