Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
トピックス
関連ページリンク
Pro MO
TOPIC ARCHIVES
新商品のご案内
業務用3.5型MOディスク
記録再生時の高信頼性を実現した業務用音声搬入メディア 新登場
書込み/読み出しの信頼性を向上させた業務用3.5型MOディスク『PREDMG13』を発売いたします。
業務用3.5型MOディスク PREDMG13 業務用3.5型MOディスク PREDMG13

発売日 :2006年4月3日
希望小売価格 :オープン価格



日本のラジオ局では開局以来、「6mmオープンリールテープ」(磁気テープ)がラジオCM音声メディアの標準仕様として使用されてきました。そのような中、メディア技術の著しい進化に対応し、より使い勝手に優れた後継メディアが求められ、「3.5型MOディスク」(光磁気ディスク)が新たなCM搬入用メディアとして採用されています。

このたび発売する『PREDMG13』は、GIGAMO規格*1の業務用MOディスクレコーダーでの安定した記録再生を実現する業務用「3.5型MOディスク」です。1枚のMOディスクに、約100分の音声ファイル*2を記録することができるため、CM用のみならず、ラジオ番組の収録や送出にもご利用いただけます。

*1 富士通株式会社とソニー株式会社が共同開発した1GB以上の容量をもった3.5型MO規格。
*2 WAVE(BWF-J)フォーマット(サンプリング周波数48kHz/量子化ビット数16ビット/2チャンネルの場合)

『PREDMG13』の主な特長
1.高信頼性

  『PREDMG13』は、記録再生時のエラーを低減するために全数に厳しい検査を施しており、異なるMOドライブで利用される場合においても安定した記録再生を実現しています。これにより、異なる機器間でコンテンツの制作(収録)および送出が行なわれるラジオ放送搬入用ディスクならではの高信頼性を確保しました。
また、ディスク表面の帯電防止ハードコート処理により、ディスクを傷や埃から保護。100万回以上の書換え、1億回以上の再生に対応しています。

2.運用に便利な専用ケース

  6mmオープンリールテープに使用されているケースと同じサイズのケースを採用しており、従来と同じ保管環境で管理できます。またケース素材には、放送業務用ビデオテープのケースで実績のあるポリプロピレンを使用し、運用時・輸送時に求められる耐久性を確保しています。ケースの内側と外側にタイトルシートやキューシート(経過時間ごとの内容を記したもの)の保管ポケットを装備していますので、運用時のディスク管理が容易になります。

業務用3.5型MOディスク
業務用3.5型MOディスク「PREDMG13」の商品情報はこちら