Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
商品情報
全商品ラインナップ
商品&価格一覧
カートン入数一覧
テープ早見表
デジタルフォーマット一覧
この機器にはこのテープ
カタログダウンロード
関連ページリンク
価格表
カートン入数
ソニーテープの歴史
カタログ(PDF:251kB)
機器情報
PFD128QLW
高耐久性、長期保存性をそのまま継承し、片面4層の記録層を高密度記録に対応させることで、128GB(ギガバイト)の大容量記録が可能となりました。高解像度フォーマットでの長時間記録に対応し、50年以上*の長期保存が可能なため、アーカイブ用途にお奨めします。*加速試験による推定値
spacer
space
ライトワンス型記録膜を新開発
ライトワンス型ディスク用に記録膜素材を開発し、ディスク片面に4層の記録膜を生成しました。L1層からL3層では「半透過性」記録膜を採用し、高精度な製造技術により「透過特性」「反射特性」「光吸収特性」のバランスを最適化しています。また精密な層形成により、各層の安定した書き込み/読み出しを実現しています。

ライトワンス型の記録膜素材はリライタブル型のものと比べて反応速度が速く、書き込み速度が向上しているのに加え、XDCAM機器の新開発「DCHSプロフェッショナルディスクドライブ」により読み出し速度も高速化しているため、アーカイブワークフローが効率的に行えます。また、ファイナライズをすることで改ざん防止が可能となるため、重要な映像資産のアーカイブに最適です。
space
ライトワンス型4層ディスク
図形をクリックすると拡大図が表示されます
高密度記録の実現
プロフェッショナルディスクでは、短波長の青紫色レーザーを高出力で照射し、記録膜の状態を変化させることでディスク上に信号を記録しています。記録膜を変化させ、周囲との反射率の違いによって信号として認識します。その部分を「マーク」と呼びますが、最も短いマークの長さ(最短マーク長)は、1層ディスクでは0.160μm、2層ディスクでは0.149μmであるのに比べ、4層ディスクではさらに短い0.117μmとなっています。最短マーク長を短くして、線方向の記録密度を高めることで、2層ディスク50GBの2倍以上の128GBを実現しています。
高密度記録の実現
高密度記録の実現
通常ケースモデル『PFD128QLW」』と併せて、アーカイブケースモデル『PFD128QLWG』をラインアップ。アーカイブケースは、ライブラリー運用に欠かせないキューシートをケースの内側に収納できます。また、タイトルラベルや管理用バーコードラベルなどが貼りやすいよう、十分な背ラベルエリアを確保しています。
<記録時間>
コーデック ビットレート 記録時間
XAVC HD 100Mbps* 約120分
MPEG HD422 50Mbps 約240分
MPEG HD 35Mbps 約360分
25Mbps 約480分
18Mbps 約600分
MPEG IMX 50Mbps 約240分
40Mbps 約300分
30Mbps 約360分
DVCAM 25Mbps 約450分

※記録/再生時間は目安であり、クリップやオーディオチャンネル数によって異なります。仕様は変更される場合があります。
* フレーム周波数29.97P及び59.94iの場合

<主な仕様>
  PFD128QLW
カートリッジ寸法(W×H×D) 129×131×9mm
ケース寸法(W×H×D) 145×158×14mm
ディスク直径 12cm
記録容量 128GB
記録波長 405nm(青紫色レーザー)
記録方式 相変化型
トラックピッチ 0.32μm
データ転送(書込み)レート 最大144Mbps
読み出し回数 1,000,000回以上
データ保存寿命 50年以上 (加速試験による推定値)

※データ転送レートは、使用する機器および機能により異なります。

「PFD128QLW」「PFD128QLW」
ダウンロードイメージ
D-1ページトップへ
D-1