Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
インタビュー
ユーザーインタビュー
ユーザーインタビュー
ユーザーインタビュー
株式会社メディアシティ様
株式会社メディアシティは、「Tri-1 STUDIO(トライワンスタジオ)」を拠点として撮影スタジオ・DVDオーサリング、メディア方式変換などの幅広い業務を手がけている総合映像プロダクションです。今年の2月に最新のHDノンリニアビデオシステムを導入した編集室を新規に開設され、合わせて4つの編集室とMA室でCM・番組制作、VPなど、幅広くご活躍されています。

Tri-1 STUDIO
住所 〒140-0002
東京都品川区東品川1-1-1
TEL 03-3472-5081
FAX 03-3472-5237
http://www.tri1-studio.com/
銀座オフィス 映像技術部
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座7-15-3 第5安田ビル5F
TEL 03-5148-1331(代)
FAX 03-5148-1588
「アットホームな総合ポストプロダクションを目指しています!」
メディアシティは、映像の入り口から出口まで −撮影からパッケージまで−を行っているポストプロダクションです。業務内容も、CM、番組制作、VPなど幅広く対応させて頂いています。
どこか一つの部分を特化されているポスプロさんが多い中、弊社のような形態のポスプロは珍しいかもしれませんね。撮影から編集・MA、パッケージングまでと一つのビルの中で総合的にやらせてもらっていますから、連携プレイが容易で進捗具合も常に把握できる状態です。お客様にとっても時間とコストが節約出来るという面でメリットを感じてもらっているのではないでしょうか。
始めから最後まで、同じスタッフで対応させて頂いていますから、お客様とのコミュニケーションも取りやすいですね。
また、弊社のアメニティもお客様に喜ばれています。心地よい環境を提供できるよう、編集室、ロビー、受付まで気を遣っています。窓から水辺が見えるので和やかな雰囲気があり、イマジネーションが湧きやすく、かえって仕事に集中できるようです。何でもそうだと思いますが、やはり質の高いコンテンツを作り上げるには、信頼関係と環境づくりが一番大切だと思っています。
ですから私達スタッフは、アットホームなプロダクションを目指して、「トライ1に仕事を頼んでよかった」と言っていただけるようがんばっています。
営業ディビジョン総括 志藤和博様
- 2月にHDノンリニア編集室を新設されたそうですが。
昨年12月から地上デジタル放送が開始され、HDの編集室の要望が増えてくるということを見込んで新設しました。今後は、一つの映像をHDとSDの両方で作っていくということが非常に増えていくと思います。SD、HD混在の作業も出来る様になりましたのでお客様のさまざまなニーズにお応えできます。
編集工程はノンリニアですが、完パケは容量の大きさ・信頼性を重視してテープで納品しています。完パケ用テープにはソニーのテープを使用するよう、お客様から指定されることもありますよ。
値段を抑えることよりも、品質重視のお客様が多いようです。映像表現の豊かさや完パケのクオリティなど、お客様のご要望にマルチにおこたえし、CMなど尺の短いものから2時間番組など長尺ものまで幅広く対応して行きたいと思っています。
メディアソリューション ディレクター 土田重之様

※ポストプロダクションとして初導入となるアビッド製ノンリニアビデオシステム「Nitris」(容量1.7TB)を
  採用したHD編集室が2004年2月に完成。
- 「Tri-1スタジオ」では、館内がLANで結ばれているとお聞きしましたが?
1Fから3Fまで、VTR用の通線と、テロップなどをデータ共有するためのLANケーブルを配線しています。スペースの関係上、全ての編集室に多数の機材を置くことが出来ないため、1Fのダビングセンターにはほとんどの機材を揃え、各編集室からリモート操作で共有しています。フレキシブルな運用ができるので、編集室の予約スケジュールに左右されることが少なく、納期を短縮し、余分な制作費を抑えることができます。システム面を工夫することで、クオリティはもちろん、時間、費用についてもお客様に満足にしていただいています。
- 記録方式変換業務もされていらっしゃいますが?
営業ディビジョン マネージャー 石丸慎一郎様 PALへの記録方式変換業務を行っています。実は都内では数社しかっていないんですよ。うちはパッケージソフトまでトータルでうけられますから、変換の依頼もよくうけています。ひと月に100タイトルぐらいで、増加傾向にあります。ベータカムやVHSへのPAL変換が主流ですが、最近はPALでのDVDオーサリングも増えてきていますね。
映像資産の有効活用が盛んになっている証拠だと思います。
たまに、お預かりしたテープ映像が古く、経年変化の影響をうけている場合があります。テープクリーニングや画質調整をソニーでやっていると聞いたので、今度こういうケースがあったら、声をかけたいと思います。完パケはできるだけクオリティをあげたいですからね。
日本の番組は質も高く、これからますます海外での販売が増えてくるでしょう。映像資産を活かし、付加価値を持たせるコンテンツビジネスをご検討の方がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。日本全国対応いたします!


お気軽にお問合せください!
株式会社メディアシティ Tri-1 STUDIO
TEL:03-3472-5081 URL:http://www.tri1-studio.com/


変換可能フォーマット: Betacam, DVCAM,VHS
- 最後に、私どもへのご要望はありますか?
ソニーとキューアールシー(ソニーテープを納品している代理店)の営業の方からは、テープの技術的なことや新製品など幅広い情報をもらえてたすかっています。
これからも顔の見える営業を続けてください。