トップサポートアップグレード情報 > メモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1/MRC1K」本体ファームウェア Ver.2.00アップデートのお知らせ

メモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1/MRC1K」
本体ファームウェア Ver.2.00アップデートのお知らせ

2011年9月22日より、こちらでご案内している内容を含む最新バージョンのファームウェアVer.3.00のご提供を開始しました。詳しくは<こちら>をご覧ください。

平素は、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

弊社メモリーレコーディングユニット「 HVR-MRC1/MRC1K」の機能拡張版を提供いたしますので、対象製造番号の製品をお持ちのお客様には、下記手順によりファームウェアのアップデートを実施いただきたきますようお願い申し上げます。

また、弊社にて「 HVR-MRC1/MRC1K 」をお預かりし、ファームウェアアップデートの実施もいたしますので、ご希望のお客様は「ソニー業務用機器修理窓口」までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

引き続き弊社製品をご愛顧いただきたく、お願い申し上げます。

【記】

【機能拡張内容】

  • SANDISK超高速コンパクトフラッシュ(60MB/秒以上)への対応
  • Final Cut Proで一部の映像が取り込みできなくなる現象への対応

※従来はカムコーダの記録開始等でカムコーダからの映像が途切れる場合、本機では同一クリップとして記録しておりましたが、この対応により別クリップとして記録されます。

【対象製品と対象製造番号】

  • 対象製品: メモリーレコーディングユニット「 HVR-MRC1/MRC1K 」
    ※HVR-Z7J、HVR-S270Jの付属されているメモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1」と単品販売しているメモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1K」が対象です。
  • 対象製造番号:
    HVR-Z7J付属品:10001〜11500
    HVR-S270J付属品:3010001〜3011160
    HVR-MRC1K(単品):2040001〜2040250、3040001〜3041750
    ※対象製造番号の製品であっても一部ソフトウェアアップデートが完了しているものがあります。
    詳しくは、本体に表示されるバージョン情報を確認してください。

    「HVR-MRC1」のファームウェアバージョン「1.00」が対象になります。
    (バージョンの確認方法は下記の操作説明をご参照ください)

【対象製品および対象製造番号の確認方法】
本体のバッテリー取り付け部のシールに記載してあります。

修正方法

本体ソフトウェアのアップデートを以下の2通りの方法にて提供させていただきます。

  1. お客様ご自身にてお手元で行っていただく方法
  2. 弊社にてお預かりする方法(作業費は有償になります)

1.お客様ご自身にてお手元でファームウェアアップデートを行っていただく方法

お客様ご自身でパソコンを使用して「HVR-MRC1/MRC1K」本体ファームウェアのアップデートができるソフトウェアを提供させていただきます。

*ご使用のパソコンに、i.LINK端子が装備され、ハードディスクの空き容量20MB以上と32MB以上のメモリーが必要です。

2011年9月22日より、こちらでご案内している内容を含む最新バージョンのファームウェアVer.3.00のご提供を開始しました。詳しくは<こちら>をご覧ください。

2.弊社にてお預かりする方法

ご希望のお客様はソニー業務用機器修理窓口までお問い合わせください。(作業費は有償になります)

ご連絡先: ソニー業務用機器修理窓口

受付の際に製品型名と製造番号を確認させていただきます。
あらかじめ製造番号をご確認の上、ご連絡いただきますようお願いいたします。

お客様からご提供いただく個人情報の管理責任者はソニー株式会社となります。
プライバシーポリシーはこちら
個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内はこちら

内蔵メモリーのバックアップをお取りください。
修理によってデータが消去または変更された場合、記録内容の保障についてはご容赦ください。

PAGE TOP