トップサポートアップグレード情報 > メモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1/MRC1K」本体ファームウェア Ver.3.00アップデートのお知らせ

メモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1/MRC1K」
本体ファームウェア Ver.3.00アップデートのお知らせ

平素は、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

弊社メモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1/MRC1K」の下記の症状を改善するアップデートプログラムを提供いたしますので、対象ファームウェアバージョンの製品をお持ちのお客様には、下記手順によりファームウェアのアップデートを実施いただきたきますようお願い申し上げます。

また、弊社にて「 HVR-MRC1/MRC1K 」をお預かりし、ファームウェアアップデートの実施もいたしますので、ご希望のお客様は「ソニー業務用機器修理窓口」までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

引き続き弊社製品をご愛顧いただきたく、お願い申し上げます。

【記】

【改善される症状】

  • 長時間録画で自動分割されたファイルが「Sony Recording Unit Utility」で正しく結合されない。
  • 長時間録画で自動分割されたファイルが「Sony Recording Unit RAD Plugin」で「Final Cut Pro」に取り込まれない。
    ※「Sony Recording Unit RAD Plugin」はFinal Cut Pro 6、7用のソフトウェアです。
    ※「Final Cut Pro」は、米国およびその他の国で登録されているApple Inc.の商標です。

【対象製品と対象ファームウェアバージョン】

  • 対象製品: メモリーレコーディングユニット「 HVR-MRC1/MRC1K 」
    ※HVR-Z7J、HVR-S270Jの付属されているメモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1」と単品販売しているメモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1K」が対象です。
  • 対象ファームウェアバージョン: 「Ver2.00」
    (バージョンの確認方法は下記の「操作説明」をご参照ください)
    ※このアップデートプログラムは2010年8月25日に公開しましたアップグレードプログラムも含まれています。

修正方法

本体ファームウェアのアップデートを以下の2通りの方法にて提供させていただきます。

  1. お客様ご自身にてお手元で行っていただく方法
  2. 弊社にてお預かりする方法

1.お客様ご自身にてお手元でファームウェアアップデートを行っていただく方法

お客様ご自身でパソコンを使用して「HVR-MRC1/MRC1K」本体ファームウェアのアップデートができるプログラムを提供させていただきます。

*ご使用のパソコンに、i.LINK端子が装備され、ハードディスクの空き容量20MB以上と32MB以上のメモリーが必要です。

対象製品の判別とアップデート方法はこちら

2.弊社にてお預かりする方法

ご希望のお客様はソニー業務用機器修理窓口までお問い合わせください。

ご連絡先: ソニー業務用機器修理窓口

【お問い合わせ先】

修理と点検をご希望のお客様:
ソニー業務用機器修理窓口

受付の際に製品型名と製造番号を確認させていただきます。
あらかじめ製造番号をご確認の上、ご連絡いただきますようお願いいたします。

  • 上記ソニー業務用機器修理窓口にて、お客様からご提供いただく氏名、住所、電話番号等の個人情報は、本件のお問い合わせ及びアフターサービスのためにのみ、ソニー株式会社、ソニービジネスソリューション株式会社の2社にて、共同で使用させていただきます。
    また、一部の作業を委託する協力会社に、当社からお客様の個人情報を開示させていただくことがございますが、使用・保管・廃棄については、上記2社と同様に管理を徹底いたします。

お客様からご提供いただく個人情報の管理責任者は、ソニー株式会社となります。

その他、ソニーの個人情報保護に関する方針・取り扱い内容につきましては、「ソニーグループ・プライバシーポリシー」及び「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご参照ください。

このたびご提供いただくお客様の個人情報について、照会、修正、消去、または利用停止を希望される場合は、上記窓口にご連絡ください。(消去及び利用停止をされた場合は、利用目的に基づく対応ができない場合がございます。)

PAGE TOP