11/18(Wed.)
14:50-15:20

WEBマガジン「3C’s」連動企画
激動する動画プラットフォームの変化に、映像ディレクターは何をすべきか

動画プラットフォームが目まぐるしく変わる時代において、変わらざるを得ない映像クリエイターのスキルと、いつの時代も通用する普遍的なスキルとは?プロ映像クリエイターのこだわりを取材するWEBマガジン「3C’s」との特別連動企画でしか見られない貴重な内容となっています。ぜひご期待ください。

映像監督 YP 氏

1994生まれ。 Forbes が選ぶ【業界を代表する30歳未満のイノベーターにインタビューを行う「NEXT UNDER 30」】に選出。
Gorilla Attack「Gorilla Step」MV/オンライン短編映画「純猥談 触れた、だけだった。」/水溜りボンド「ハッピー毎日投稿終了前ソング」MV など界隈を幅広く横断しながら新時代の映像クリエイティブを行う。バーチャルミクスチャーな表現と若者のハイコンテクストな空気感を捉えて作られた作品はZ世代から多くの支持を集めている。

株式会社Vook 代表取締役 岡本 俊太郎 氏

1988年生まれ。映像クリエイターのためのプラットフォーム「Vook」を運営。大学時代は「大学CM甲子園」という、商品や企業のCMを大学生が作るCMコンテストを考案、2010年には日本の魅力を発信するCMコンテスト「my Japan」を主催。2012年、映像制作事業を行う株式会社アドワール(現:株式会社Vook)を立ち上げ、2015年より映像クリエイターのための制作ノート共有サービスVookを開始。