11/20(Fri.)
17:00-17:30

バーチャルプロダクションに挑む

今夏、ソニーPCLは「VIRTUAL PRODUCTION LAB」を開設。
そこでは、Crystal LEDディスプレイシステムとリアルタイムエンジンを活用した新しい撮影方法を研究中です。
「カメラ位置やレンズと連動する3D背景は、どのような映像制作を実現するのか」最新レポートをお届けします。

株式会社スタジオブロス
取締役 金子 元隆 氏

1988年、劇場公開映画の企画制作からキャリアをスタート。邦画の海外配給や、CMロケコーディネートなどを担当する一方で、ユニバーサルスタジオジャパンのオープニングイベント制作、TV番組の企画制作など、エンタテインメントビジネスに広く深く携わる。2011年より映像制作フローの改善やパイプラインの構築などにリアルタイム映像制作の導入を始め、2014年からはリアルタイム・プリレンダー3DCG制作プロダクション運営・統括を担当。2019年より現職。自動車メーカー向けのデザインコンフィグレーション開発や、産業向けリアルタイム3DCGトレーニングなどのエデュケーションなど、ゲームエンジンを活用したエンタ―プライズ向けソリューションを数多く提供している。

ソニーPCL株式会社
ビジュアルイノベーション室 小林 大輔

ソニーPCL株式会社
クリエイティブ部門 コンテンツクリエイション部 越野 創太

ソニーPCL株式会社
クリエイティブ部門 ビジネスプロモーション部 黒谷 瑞樹