DVDライター「VRD-MC5」 ソフトウェアバージョンアップのお知らせ
2010年1月27日更新
2010年1月14日
ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーカスタマーサービス株式会社
平素は、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

2010年1月14日にお知らせしておりますように、弊社DVDライター「VRD-MC5」のソフトウェアバージョンアップを実施します。このソフトウェアバージョンアップを行うことにより、以下の現象が解決されます。

次の内容をお読みになり、ソフトウェアバージョンアップを実施してください。
【解決される現象】

2010年発売の“ハンディカム”より新しく追加された[HD FX]モードで撮影された映像を含む映像の「つづきダビング」時に、まれに一部の映像がダビングできない現象の解決。
   
本ソフトウェアバージョンアップ後も、[HD FX]モードで撮影された映像は、ハイビジョン画質(AVCHD)でDVDに記録することはできません。
【ソフトウェアバージョンアップの対象】

以下のソフトウェアバージョンの「VRD-MC5」をお持ちのお客様で、2010年以降発売の“ハンディカム”と本機を組み合わせてお使いになるお客様。<ソフトウェアバージョンの確認方法

17R0-BS19   19R1-BS22   20R5-BS23
30R2-BS24   41R0-BS25


[HD FX]モード非搭載のハンディカムをお使いの場合にも今回のソフトウェアバージョンアップをおすすめします。
【ソフトウェアバージョンアップ方法】

ウェブサイトからのダウンロード(以下のリンクをご覧ください。)

ソフトウェアのダウンロード方法ならびにバージョンアップ方法
【本件お問い合わせ窓口】

DVDライターアップデートヘルプデスク
専用フリーダイヤル 0120-24-7688

一部のIP電話などでフリーダイヤルがご利用になれない場合
0466-31-2511
上記番号へダイヤルのあと、最初のガイダンスが流れている間に、「101」 + 「#」 を押してください。
受付時間 月〜金:9:00〜18:00
土日祝:9:00〜17:00
 
上記お問合せ先にてお客様からご提供いただく氏名、住所などの個人情報は、本件のお問い合わせ、無償修理およびアフターサービスのためにのみ、ソニー株式会社、ソニーマーケティング株式会社、ソニーカスタマーサービス株式会社の3社(以下ソニー)が利用、保管させていただきます。

また、一部の作業を委託する協力会社に、当社からお客様の個人情報を開示させていただくことがございますが、使用・保管・廃棄については、上記3社と同様に管理を徹底いたします。
   
お客様からご提供頂く個人情報の管理責任者はソニー株式会社となります。

その他、ソニーの個人情報保護に関する方針・取り扱い内容につきましては、「ソニーグループ・プライバシーポリシー」および「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご参照ください。
   
このたびご提供いただくお客様の個人情報について、照会、修正、消去、または利用停止を希望される場合は、上記窓口にご連絡ください。(消去および利用停止をされた場合は、利用目的に基づく対応ができない場合がございます)