LinkBuds | 正しく耳に装着し、最適なフィッティングサポーターを選択する方法

LinkBuds (WF-L900) が正しく耳に装着できていないと、タップ操作やスピーク・トゥ・チャットの音声検出に失敗したり、正しい音質や、通話性能を得らえない可能性があります。ここでは正しく装着する方法を紹介します。

動画で確認する

正しく耳に装着する方法とフィッティングサポーターを交換する方法は、動画でも確認できます。

ヘッドホンを正しく耳に装着する

ヘッドホンを耳に装着するときは、以下の手順で行います。

  1. ヘッドホンのドライバーユニット部(A)を耳の穴(B)にしっかり入れる

    • A:ドライバーユニット部
    • B:耳の穴(下側)
  2. ヘッドホンのハウジング部(C)が耳のくぼみ(D)にフィットするように調整する

    ヘッドホンを回転させながら装着すると、耳にしっかり入りやすいです。

    • C:ハウジング部
    • D:耳のくぼみ(中央)
  3. ヘッドホンのフィッティングサポーター(E)を耳のくぼみ(F)に押し込む

    • E:フィッティングサポーター
    • F:耳のくぼみ(上部)
  4. 頭を軽く振ってヘッドホンが外れたり、耳の中でずれたりしないことを確認する

    もし、頭を軽く振ったとき、ヘッドホンが外れたり、耳の中でずれる場合は、フィッティングサポーターを別のサイズのものに交換してお試しください。

    参考情報

    正しく取り付けても、耳から外れたり、耳が痛くなる場合は、以下のFAQもご覧ください。
    ヘッドホン装着したとき、耳から外れたり、耳が痛くなる | LinkBuds(WF-L900)

耳に合うフィッティングサポーターに交換する

お買い上げ時には、Mサイズのフィッティングサポーターが左右のヘッドホンに装着されています。
耳に合ったサイズに、左右それぞれを交換してご使用ください。

  1. ヘッドホンに装着されているフィッティングサポーターを取り外す

    無理に引っ張ったりせず、本体に接するフィッティングサポーターを少し浮かせて取り外します。

    フィッティングサポーターの本体に接する付け根を持って少し浮かしている状態の写真 フィッティングサポーターをヘッドホンからスライドさせて取り外した後の写真
  2. ヘッドホンにフィッティングサポーターを取り付ける

    ヘッドホンにある突起部分とフィッティングサポーターの穴の位置を合わせて、フィッティングサポーターをしっかり差し込みます。

    ヘッドホンの突起部分とフィッティングサポーターの穴を合わせている写真 ヘッドホンとフィッティングサポーターの位置がしっかり合わせ合って装着できている写真

    ご注意

    フィッティングサポーターを正しく装着できていないときは、ヘッドホンと充電ケースの充電端子が接触できず、ヘッドホンの充電やペアリングができない場合があります。

  3. 頭を軽く振ったとき、ヘッドホンが外れそうになったり、耳の中でずれたりしないか確認する

    もし頭を軽く振ったとき、ヘッドホンが外れそうになったり、耳の中でずれたりする場合は、フィッティングサポーターを別のサイズのものに変更して一番フィットするものを選びます。

    * 頭を軽く振ったとき、ヘッドホンが外れて落とさないようご注意ください。