> 使いかた/取扱説明 > ICレコーダーの上手な録音方法

ICレコーダーの上手な録音方法

シーン別録音のコツ

会議録音

付属または内蔵スタンド(*)を使って設置面を少なくすることで机から伝わる振動音などのノイズを低減できます。
スタンドのない製品の場合は、ハンカチでも代用できます。

  • * 一部の製品のみ

発表者に近い場所で録音してください。

授業・講演会録音

指向性マイクを使用することで、録りたい音声を狙って録音します。
指向性マイクのスイッチがある機種はスイッチをONにしてください。
指向性マイクのスイッチがない機種は別売りのマイクを使用してください。

メモ録・口述録音

録音するときは、マイク部に息がかからないように口のやや横に本体を近づけましょう。

【ご注意】
本機を手に持って録音するときは、本機にふれた時のノイズ(タッチノイズ)が録音されないようご注意ください。

胸ポケットでの録音

ハンカチなどで本体を固定すると衣服と擦れた時のノイズが減らせます。

タイピンマイク(別売)を使うとさらにノイズが減らせます。

電話録音

付属または別売の電話録音用マイク ECM-TL1を使って、自分と相手の声を録音できます。

歌やカラオケの録音

ステレオ録音モードで臨場感のある録音ができます。
突然の大きな音でもリミッター機能(*)で録音レベルが自動調整されます。
専用ソフト(*)を使えばパソコンでCDにも記録できます。

  • * 一部の機種のみ
  • * 一部の機種のみ専用ソフトを使用すれば記録ができます。

楽器録音

ICレコーダーをピアノの上にのせて録音すると、ピアノを弾くときの振動も一緒に録音されてしまいます。ICレコーダーを楽器の近くに置いて録音してください。
「マイク(録音)感度」を「音楽」にすると、ひずみの少ないメリハリのある録音ができます。(*)

  • * 一部の機種のみ

インタビュー録音

マイクの向きをインタビューする相手に向けて録音します。
稼動式マイク(*)の場合は、同一方向 (0度の位置)に設定してください。

  • * 一部の機種のみ
情報

録音した音声を聞きやすくする方法

再生するときに「ノイズカット」機能(*)を「ON」にすると、音声帯域には影響が出ない低域と高域のノイズを低減することができます。

  • * 一部の機種のみ

製品別の詳細情報

ICD-Aで始まる機種

ICD-Bで始まる機種

ICD-Sで始まる機種

ICD-Uで始まる機種

リニアPCMレコーダー

> 使いかた/取扱説明 > ICレコーダーの上手な録音方法