> 活用ガイド > 日頃のお手入れと保管方法 > デジタル一眼カメラの保管方法

活用ガイド 日頃のお手入れと保管方法

デジタル一眼カメラの保管方法

机や棚に置きっぱなし、押し入れやカメラバッグに入れっぱなしになっていませんか?
デジタル一眼カメラにとって天敵は「ホコリ」と「湿気」になります。ホコリがレンズ内部に入ってしまったり、湿気によりレンズにカビが生えてしまうと簡単に取り除くことができません。

このページでは、デジタル一眼カメラや、レンズを長くご愛用いただくために、「ホコリ」と「湿気」から防ぐ保管方法をご説明します。

保管前にお手入れをしましょう

衣類の衣替えの入れ替えで、洗濯または、クリーニング後に収納するのと同じく、カメラやレンズも保管する前に必ず、ブラシやブロアーでホコリを取り除き、クロスや柔らかい布で汚れや指紋、油脂を拭き取っておきましょう。

保管する入れもの

カメラ専用のドライボックスに入れ、密閉して保管すればホコリや湿気から防ぐことができます。

  • ■しっかり保管するならドライボックス(防湿庫)

    防湿庫は、密閉ができるカメラ専用のキャビネットで、常に安定した湿度が保てるのが特徴となります。

    予備コンセントがあるタイプ、鍵がかけられるタイプ、電子制御で湿度コントロールができるタイプなどがあり、コレクションも兼ねた保管をしたい方にもおすすめとなります。

  • ■手軽に保管するなら簡易ドライボックス

    手軽に保管するなら、プラスチック製の密閉容器内に乾燥剤を入れて収納する、簡易ドライボックスがあります。

    サイズも豊富で、高さのあるもの、幅、奥行きがあるものもあるため、保管したいカメラや、レンズに応じて適切なものを選びましょう。

どこで買えるの?

店頭販売の場合、大型家電専門店、カメラ専門店で取扱いされていることが多いようです。
インターネット販売の場合、検索サイトで「カメラ 防湿保管庫」もしくは、「カメラ ドライボックス」のキーワードで検索すると多くのネット通販サイトが検索結果に表示されますので、ご参考にしてください。

事前に、保管したいカメラやレンズを並べ、どの程度のサイズが必要か確認しておくとよいでしょう。

保管する際の注意点

以下のことに注意をして収納しましょう。

■カメラ本体・レンズ

ボディキャップ、レンズのリヤキャップをお持ちの場合は、レンズを外して収納します。
お持ちでない場合は、ボディにレンズを装着したまま収納します。

  • ボディキャップ
  • レンズリヤキャップ
  • ■バッテリー

    バッテリーはカメラから取り外して保管します。接点汚れ、ショート等を防止するため、必ずポリ袋などに入れて、金属から離して携帯・保管してください。

    バッテリーを長期間使用しない場合は、機能を維持するために、1年に1回程度充電してカメラ本体に装着し、使い切ってから保管してください。

    バッテリーを使い切るには、動画やスライドショーを再生して、電源が切れるまでそのままにしてください。
    バッテリーの上手な使いかたなど、バッテリーについての詳しい情報は以下のページをご覧ください。

    バッテリーについて

  • ■乾燥剤(簡易ドライボックスの場合)

    簡易ドライボックスの場合、乾燥剤を収納します。
    乾燥剤が付属している場合もあるので、ご確認ください。

  • ■湿度計

    湿度計が付属していないドライボックスの場合、湿度計を収納して湿度の管理をおこないます。
    最適な湿度は、40%〜50%前後になります。

ビデオカメラも一緒に保管を

ハンディカムなど、ビデオカメラをお持ちの場合、スペースに余裕があればあわせて収納しておくと、こちらも「ホコリ」と「湿気」から守ることができます。
大切なカメラやレンズは、正しい方法で保管して、長く使えるようにしましょう。