> 使いかた/取扱説明 > スマートスピーカー初期設定

スマートスピーカー初期設定

対象機種:LF-S50G、SRS-XB501G

Googleアシスタントを使用するには、スマートフォンにGoogle Homeアプリをインストールし、スピーカーの初期設定を行う必要があります。

Google Homeアプリのインストールは以下のページからおこなってください。

  • Google Play
  • Apple Store
ご注意

ご注意

初期設定にはGoogleアカウントが必要です。
Googleアカウントをお持ちでない方は、事前に以下のページでアカウントを作成してください。

ここではAndroidスマートフォンで初期設定をする方法をご案内します。(OSによって、手順が異なる場合があります)

  • * セットアップを中断したい場合は、スマートフォンの戻るボタンをタッチしてください

付属のACアダプターを接続し、スピーカーの電源を入れます。

スマートフォンのBluetoothをオンにします。

Google Homeを起動し、画面右上の  をタッチします。

スピーカーの型名が表示されるので「セットアップ」をタッチします。

スピーカーが見つかったら「次へ」をタッチします。

スピーカーから音が聞こえたら「はい」をタッチします。

スピーカーの場所を選択し、「次へ」をタッチします。

選択した情報がGoogle Homeアプリ上で表示されるスピーカーの名前になります。
一番下にある「部屋を追加」で、任意の名前をつけることもできます。

使用するネットワークを選択し、「次へ」をタッチします。

パスワードの入力画面が表示されます。
パスワードを入力し、「接続」をタッチしてください。

  • * スマートフォンが接続しているネットワークを選択した場合、パスワードの入力画面は表示されません。

Googleアシスタントの設定を確認し、「次へ」をタッチします。

画面を下までスクロールすると、「次へ」が表示されます。

「アシスタントが声を認識できるようにする」が表示されたら「登録」をタッチします。

「スキップ」をタッチすると、ユーザーの区別ができなくなります。
声を認識させる画面が表示されたら指示に従ってください。

アカウントに基づく情報の許可の設定をします。

「許可」をタッチすると、Google Homeでアカウントに基づく情報(カレンダーに登録されている予定など)を取得できるようになります。

住所を入力し、「住所を確認」をタッチします。

住所を入力すると、交通情報や天気情報などのサービスに役立ちます。

音楽サービスの追加が表示されたら追加したい音楽サービスを選択し、「次へ」をタッチします。

セットアップで登録した内容を確認し、「続行」をタッチします。

「続行」をタッチし、「セットアップを完了」をタッチすると完了です。

> 使いかた/取扱説明 > スマートスピーカー初期設定