Windows アプリPC TV Plus

パソコンにダビングする

接続中のテレビ機器に録画された番組を、コンピューターのハードディスクやSSD(Solid State Drive)にダビングすることができます。ダビングした番組は、PC TV Plus を用いて再生できます(ホームネットワークの外に持ち出し可)。ホームネットワーク上の他のテレビ機器にダビングしたり、BD/DVD/SeeQVault 対応機器・メディアに書き出すこともできます。

パソコンにダビングする方法は、PC TV Plus を操作して機器の番組をパソコンにダウンロードダビングする方法(ダウンロード型ムーブ受信)と、機器を操作して機器の番組をパソコンにアップロードダビングする方法(アップロード型ムーブ受信)の2種類があります。

ダウンロード型ムーブ受信

  1. 画面上部のメニューバーで[video]を選択する。
    録画中や録画済の番組の一覧が表示されます。
  2. 一覧からお好みの番組を選択する。
    選択した項目の左側にチェックマークが表示されます。
  3. [ダウンロード]を選択する。
    画面の指示に従って、選択した番組をコンピューターにダウンロードダビングします。

アップロード型ムーブ受信

  1. 設定アイコン ‐[アプリの設定]‐[番組の受信と配信]よりアップロード受信機能を有効化しておく。
  2. 機器を操作して、ダビング先に PC TV Plus を選択して番組のダビングを指示する。
    PC TV Plus が受信中状態に切り替わり、機器からのアップロードダビングが開始されます。

    *ダビングの受信は、機器からの要求に基づいて自動で行われます。機器からダビングを指示した後、PC TV Plus を起動させたままでお待ちください。

  3. ダビングが終了したら[閉じる]を選択する。
    受信中状態が解除され、通常状態に戻ります。すべてのダビングが終了しない内に[閉じる]を選択した場合は、機器からの要求に応じてダビングが自動で再開されます。

ヒント

  • ダビング時間はお使いのネットワーク環境に依存します。無線LANでネットワーク速度が得られない・接続が安定しない場合は、コンピューターとネットワーク機器をLANケーブルで接続し有線LAN環境でのご利用をおすすめします。
  • アップロード型ムーブ受信は、テレビ、ひかりTV対応チューナー、スカパー!プレミアムサービスチューナー、J:COM TVセットトップボックス、LinkStation、RECBOX、REC-ON/テレキングなどのアップロード型ムーブ送信対応機器からご利用いただけます。
    PC TV Plus はアップロード型ムーブの送信機能も持つので、ネットワーク上の別の PC TV Plus からのダビングを受信することもできます。
  • ダウンロード型ムーブ受信は、nasne®、ブルーレイディスクレコーダー、ひかりTV対応チューナー、auひかりテレビセットトップボックス、スカパー!プレミアムサービスチューナー、LinkStation、RECBOX などのダウンロード型ムーブ送信対応機器に対しご利用いただけます。

    *対応機器であっても、予め機器で書き出し用番組の作成・変換が必要な機種があります。

    *ひかりTV対応チューナー、スカパー!プレミアムサービスチューナー、RECBOXの一部機種は、ダウンロード型ムーブ送信非対応(アップロード型ムーブ送信のみ対応)のものがあります。

  • ダウンロード型ムーブ受信では、ダウンロード時の画質が選べます。「録画時のモードのままダウンロード」「3倍モードに圧縮してダウンロード」「長時間モードに圧縮してダウンロード」を選択できます。番組を圧縮すると、画質を落としてハードディスクやSSDの容量を節約して番組を保存できます。
    「3倍モードに圧縮してダウンロード」では、1時間番組を約 4GB に圧縮します。
    「長時間モードに圧縮してダウンロード」では、1時間番組を約 1GB に圧縮します。

    *圧縮率は、放送の種類や録画モードによって異なる場合があります。

    *各モードの圧縮率を超えて圧縮することはできません。既に圧縮してある番組は、圧縮できない場合があります。[AVC]アイコンの録画番組を圧縮した場合は、サイズが大きくなる場合があります。圧縮の見積りを確認してからご利用ください。

    *「録画時のモードのままダウンロード」を選択しても、番組サイズがダウンロード前後で一致しない場合があります。これは、番組サイズの計算方法の違いや機器が送信するデータ内容によるもので、映像や音声データは機器が送信しているデータそのままです。

    録画時のモードのまま 3倍モードに圧縮して 長時間モードに圧縮して
    DR番組
    XR番組
    XSR番組
    AVC番組
    変換しない 3倍圧縮 高圧縮/
    高圧縮をそのまま
    3倍番組
    SR番組
    LSR番組
    LR番組
    変換しない 変換しない 高圧縮/
    高圧縮をそのまま
    ER番組
    EER番組
    変換しない 変換しない 変換しない
  • ダウンロードする番組リスト画面で各番組に表示される画質アイコンは、番組が持つダウンロード可能な画質です。機器や番組によってはアイコンが複数あります。
    複数ある場合は、指定画質に応じた画質を自動選択してダウンロードします。例えば、機器に録画画質に加えて高圧縮された画質がある場合は[長時間]アイコンが表示されます。「長時間モードに圧縮してダウンロード」を選択すると、高圧縮された番組を選択して高速ダウンロードします。

    *高速ダウンロードはnasne®とソニー製ブルーレイディスクレコーダーの一部機種のみ対応。

ご注意

  • この機能を利用するには、インターネットへの接続が必要です。
  • ダビングはネットワーク接続の安定した環境で行ってください。
  • ダビング中にコンピューターをログオフしたり、スリープモードにしたりすると、ダビングが正しく行われません。
  • ダビングの前に、ハードディスクの空き容量が充分であることを確認してください。
  • デジタルコピー制限のある番組をダビングする場合は、書き出し可能回数が減少します。
  • 「長時間モードに圧縮してダウンロード」を選択してダビングされた番組は、BDに書き出すことはできません。
  • パソコンにダビングした番組は、再生有効期限があります。
    再生有効期限の更新は、インターネットが接続できる環境であれば、自動で行われます。インターネットに接続していない状態が長期間続いた場合は,再生有効期限切れにより再生できない場合があります。
    有効期限が切れた場合は、録画番組の再生を行うまたは録画番組の右クリックメニューより「再生有効期限を更新する」を実行すると期限が更新されます。更新には、インターネットへの接続が必要です。
  • パソコンにダビングした番組は、デジタル放送の著作権保護の仕組みによりお使いのコンピューターでのみご利用になれます。コンピューターの故障などにより構成部品を変更すると、別のコンピューターとなり保存した番組を読み込めなくなる可能性があります。番組を長期保存する場合は、ブルーレイディスクやDVD、SeeQVault対応ハードディスクへの書き出しを推奨しています。
  • パソコンにダビングした番組の読み込み時間は、番組数に依存します。読み込みに時間を要するときは保存する番組数を減らしてご利用ください。
    (上限件数:無し、推奨件数:1500件まで。)
  • 「番組の保存場所」は、内蔵ハードディスクの利用を推奨しています。外付けハードディスクなど外部記憶装置を利用した場合、機器が正しく取り外されなかったときや機器がコンピューターに認識されない問題が発生するとデータを読み込めなくなるおそれがあります。
  • 「番組の保存場所」フォルダを変更中は、コンピューターの電源を切断しないでください。移動中の録画番組を再生できなくなる場合があります。
  • 他のクライアント機器が機器にアクセスしている間は、ダビングできない場合があります。
    その他機器によるダビングの制限については「機器の録画番組をダビング、書き出しできない。」をご覧ください。