本文へ

アップデートプログラム
「X3 ビデオサーバー ファームウェア Ver.1.02.01.512160」アップデートプログラム
(2005/12/20)


X3 ビデオサーバー ファームウェアを最新のものにアップデートするソフトウェアを提供いたします。
このプログラムの実施により、以下の問題が解決されます。
使用上の不都合や、ソフトウェアのアップデート時の不具合を避けるために、以下の説明をよくお読みになり、このプログラムを実施してください。

アップデートプログラムについて


アップデート時のご注意
  • ファームウェアのアップデートは危険を伴う作業です。
  • ファームウェアのアップデートを行う場合は、お客様の責任において行ってください。
  • 周辺機器をすべて外し、ウイルスソフトなどの常駐ソフトを一旦停止した状態で作業してください。
  • 「ユーザーの切り替え」を行っていない状態でアップデートを実行してください。
  • ファームウェアのアップデート操作を誤り失敗すると、デバイスが正常に動作しなくなる可能性があります。
  • アップデート手順をよく読み、誤操作のないようアップデートを行ってください。
  • 誤操作などでアップデートに失敗した場合は、有償修理となることをご了承ください。



対象製品
このプログラムが対象としている製品は、以下のものです。

  • VGX-X90P・X90PS

    • アップデートを実施する前に、【アップデートの手順】の手順 4. - 手順 5. を実施して、ファ−ムウェアのバージョンを確認してください。
      ファームウェアバージョン欄に、"1.02.01.512160" 以外の文字列がある場合のみ対象となります。
    • このアップデートプログラムと同時に以下のアップグレードプログラムも適用してください。



追加される機能
上記の製品において、以下の機能を追加しました。

  • Ver.1.02.01.512160 から追加
    • 番組表情報取得が、従来の方式から、X ビデオステーションと同じ取得サービスに変更になります。
    • X3 ビデオサーバー設定ページに、[予約情報変更] 画面を追加しました。
    • XV アプリケーションをインストールしたコンピュータと接続できるようになります。
      XV アプリケーションについては以下の Web ページをご覧ください。

  • Ver.1.01.00.412170 から追加
    • X3 ビデオサーバーで録画中の番組を再生(スリップ再生)することが可能になります。
    • VAIO Media でフィルムロールが表示できるようになりました。



解決される問題
上記の製品において、以下の問題を解決しました。

  • Ver.1.01.00.412170 から解決
    • タイムマシンからの再生中、ポーズしても解除される時がある。



Windows XP でのご利用について
Windows XP上でダウンロードおよびインストールを行う場合、必ず「コンピュータの管理者」に所属するユーザー名でログオンした後に行ってください。
また、ユーザー名は、半角英数字で登録されている必要があります。
ユーザー名に全角文字をご使用の場合は、半角英数字のユーザー名で新規のアカウントを作成してください。



ダウンロードの手順
ダウンロードにかかる時間は?
Update フォルダの作成方法はこちら
次の手順にしたがってダウンロードを行ってください。

手順 1
ハードディスクに、ダウンロードしたファイルを格納するためのフォルダを用意してください。
この説明では、C ドライブに作成した "Update" というフォルダ名とします。

手順 2
以下のファイルを、1. で作成したフォルダにダウンロードしてください。

SOFOTH-00890204-UN.exe (2,765,944 バイト)

ファイルは手順をすべてご確認の上、「ソフトウェア使用許諾契約書」に同意された場合のみダウンロードできます。

手順 3
ダウンロードが終了したら、ファイルを右クリックして、表示されたメニューから「プロパティ」を選択し、サイズを確認してください。
サイズが同じであれば、正常にダウンロードできています。サイズが違う場合は、ダウンロードしたファイルを削除し、再度、ダウンロードしてください。



アップデートの手順
ダウンロードが終了したら、次の手順にしたがって、必ず Windows上でアップデートを行ってください。
  • アップデートしている間は、録画はできません。
  • X3 ビデオサーバー設定のユーザー名、パスワードは消去されます。
    再度設定しなおしてください。

手順 1
Windows上で起動しているアプリケーションはすべて終了してください。

手順 2
タスクバーの [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックしてください。
「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが表示されます。

手順 3
[名前] テキストボックスに "C:\Update\SOFOTH-00890204-UN.exe" と入力し、[OK] をクリックしてください。
「Firmware updater for X3 Video Server」ダイアログボックスが表示されます。

手順 4
タスクバーの [スタート] ボタンをクリックし、[バイオの設定] をクリックしてください。
「バイオの設定」ダイアログボックスが表示されます。

手順 5
[分類から選ぶ] タブをクリックし、[ネットワーク・接続] - [X3 ビデオサーバー設定] をダブルクリックします。
「X3 ビデオサーバー設定」ダイアログボックスが表示されます。

手順 6
「X3 ビデオサーバー設定」で表示された 1台を選択し、[選択したサーバーの詳細設定] をクリックし、ブラウザを開きます。

手順 7
[システム設定] をクリックし、"ファームウェア管理" の [アップデート] をクリックします。
確認のダイアログボックスが表示されます。

手順 8
「はい」を選択すると、アップデートモードに移行します。
しばらくすると本体上の "INFO" ランプと "REC" ランプが点滅します。
消灯している場合のみ点滅し始めます。点灯している場合はそのまま点灯状態が続きます。

手順 9
手順 3. で起動している「Firmware updater for X3 Video Server」の [アップデート] をクリックします。

手順 10
「送信完了」ダイアログボックスで [OK] をクリックします。

手順 11
「Firmware updater for X3 Video Server」で [終了] をクリックします。
アップデート後、自動的に X3 ビデオサーバーは再起動します。

手順 12
X3 ビデオサーバーが 2台搭載されている場合には、手順 1. - 手順 11. をもう 1台に対して行います。

以上でアップデート作業は終了です。

以下の方法でバージョン情報の確認をしてください。
  1. 【アップデートの手順】の手順 4. - 手順 5. を繰り返し、「X3 ビデオサーバー設定」をダブルクリックします。
    このダイアログがずっと表示されたままになっている場合は、[再検索] をクリックします。
    "ファームウェアバージョン" が "1.02.01.512160" と表示されれば、正常にアップデートされています。



ダウンロード

手順 1
ソフトウェア使用許諾契約書をご確認ください。

手順 2
同意される方は「同意する」ボタンをクリックしてください。プログラムダウンロードが始まります。

ソフトウェア使用許諾契約書




同意する


ダウンロードモジュールには、Readme.txt(アップデート手順などの情報)が入っていませんので、一旦 Readme.txt をクリックして、アップデートの手順などの情報を表示させた後、ブラウザの[ファイル]から[名前を付けて保存]を選択して保存してください。
Readme.txt のダウンロード


お問い合わせについて

正しくアップデートできない場合や、アップデートの方法がよくわからない場合には、VAIOカスタマーリンクにお問い合わせください。(電話番号は同梱の取扱説明書あるいはバイオ サービス・サポートのご案内またはシステムのプロパティのサポート情報でご確認いただけます)