法人のお客様データプロジェクターVPL-CH355特長
VPL-CH355
データプロジェクター

VPL-CH355

商品の特長

ソニー独自開発のLCDパネル“BrightEra”(ブライトエラ)を3枚搭載し、4000ルーメン(*)の高輝度と優れた色再現性を実現しています。

  • * ランプモード“高”設定時

上下方向±5%、左右方向±4%のレンズシフト機能を搭載しているため、設置後、投写画像の位置調整が容易です。

LANケーブルにより映像・音声・制御信号を伝送する「HDBaseT(TM)」に対応。長距離の配線工事を簡易化します。

  • ※ HDBaseT(TM)およびHDBaseT Alliancer ロゴは、HDBaseT Allianceの登録商標です

別売のIFU-WLM3をUSB端子に接続することで、PCから無線で画像転送ができますので、グループワークやディスカッションなど参加型の授業や会議に適しています。

  • ※ PCから無線接続する場合は、製品に同梱されているソフトウェア「Projector Station for Network Presentation」をPCにインストールしてください。使用方法は、プロジェクター本体の取扱説明書をご確認ください。また、対応OS、バージョンにつきましては、こちらをご覧ください
    ※ 本機をネットワークに接続する際には、専門の知識が必要です。取扱説明書をご確認の上、ネットワーク管理者にご相談ください
    ※ 動画再生ではコマ落ちが発生します
    ※ 音声の転送はできません
    ※ 表示解像度はWXGA(1280×800)となります

USBケーブルの接続によりPC画面を投写できる「USBディスプレイ」に対応しています。

H(左右方向)・V(上方向)のキーストーン補正に加え、コーナーキーストーン補正を搭載していますので、斜めからの投写や特殊スクリーンへの投写も可能です。

大口径ACF(Advanced Crisp Focus)レンズを搭載。画面の周辺部まで明るくシャープに映像を投写できます。

  • ※ ズーム/フォーカスはマニュアル調整

投写画面にしばらく変化がないと徐々に暗くなり、再度変化を感知すると瞬時に元の明るさに戻るため、意識することなく消費電力が抑えられます。

スタンバイ状態を経ずに、ダイレクトに主電源をオン/オフできます。

フィルターはスライド式で前面から引き出すことができ、ランプは背面から取り出しが可能なため、天吊り時もメンテナンスが容易です。

LANの環境に接続することにより、離れたところからWeb経由で、プロジェクターの電源オン/オフといった制御や本機のランプの使用時間などの情報取得が可能です。また、ランプの交換時期やエラー情報などをあらかじめ設定したアドレスにメールでお知らせするメールレポート機能を持っています。

カタログPDFダウンロード