法人のお客様データプロジェクター ソフトウェアダウンロード プロジェクションマネージャー DSMA-PM1 Ver.1.2.0.0

ソフトウェアダウンロード

プロジェクションマネージャー DSMA-PM1 Ver.1.2.0.0

「プロジェクションマネージャー」をインストールしたパソコンに、プロジェクターとカメラを接続して、下記の機能を実施することができます。

  • ・マニュアル キャリブレーション
  • ・マニュアル ブレンディング
  • ・プロジェクターの基本的なメニュー操作やレンズ調整、画質調整

以下の自動調整を行いたい場合は、プロジェクションマネージャーDSMA-PM1対応ライセンスLSM-AC1(別売)をご購入後、ライセンスのアクティ ベーションと対応カメラの準備が必要となります。

  • ・ユニフォミティ調整
  • ・ホワイトカラーマッチング・ガンマ調整
  • ・カラースペース調整

<対応カメラ>

  • ■対応するカメラ:デジタル一眼カメラ α5100
  • ■対応するカメラレンズ:パワーズームレンズキット ILCE-5100L
    (キットレンズ:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)

LMS-AC1の商品情報はこちら

ソフトウェア情報

コンピューターの動作環境 対応OS:
  • Windows 7 Service Pack 1
  • Windows 8.1
  • Windows 10
    *いずれも64 ビット版
ハードウェア:
  • メモリー:4 GB 以上
  • CPU:コア数 2 以上、クロック 2.66 GHz 以上
  • ハードディスク空き容量:1.5 GB 以上
その他:
  • ディスプレイ解像度 SXGA+(1400 × 1050)以上
    (上記の解像度未満のディスプレイの場合は、タスクバーを縦にして表示範囲を広げること)
  • Ethernet 接続用 LAN 端子
  • USB 2.0 端子(カメラを使った自動調整を行う場合)
  • Microsoft .NET Framework 4.51 以上およびMicrosoft Visual C++2013 再頒布可能パッケージがインストール済
    *上記の条件を満たすすべてのコンピューターについて動作を保証するものではありません
    *本ソフトウェアの起動中にディスプレイの解像度設定およびDPI サイズの設定を変更しないでください。
対応プロジェクター VPL-GTZ270 / GTZ280
追加・更新機能 <V1.2.0.0 新規機能>
  • VPL-GTZ280 4K 3D カラーユニフォミティ調整機能の追加
    ※本体ファームウェアが Ver.3.700以降、かつシリアルNo. 1150542〜(UCF)以降において、本体メニュー「3D明るさ」設定が「標準」時のみ、調整に対応しています。
<制限事項>
  • コニカミノルタ製 色彩輝度計 CS-100Aは本バージョンではサポート対象外となります。
インストール方法 ユーザーガイドの指示に従ってインストールしてください。

ユーザーガイドはこちら

その他必要な装置 ネットワークハブ
ご注意
  • 本ソフトウェアはプロジェクターのファームウェアバージョンアップが必要となる場合があります。バージョンアップ作業につきましては、弊社サービス担当へお問い合わせください。
  • 本ソフトウェアの旧バージョンがコンピューターにインストールされている場合、旧バージョンのソフトウェアをアンインストールしてから、インストールを開始してください。
  • インストールは、管理者用のアカウントでログオンして実行してください。
  • インストール中に「エンドユーザー使用許諾契約書」が表示されますので、必ずお読みください。契約内容に合意していただいた場合のみインストールすることができます。
  • アンインストールは本ソフトウェアを終了してから行ってください。

ダウンロード

Projection_Manager_V1.2.0.0.zip
(62,857,105バイト)
カタログPDFダウンロード
データプロジェクター サイトマップ