メインビジュアル

ヨガインストラクター/モデル野沢和香 × WF-SP700N

音楽とヨガはつながっている

雑誌、CM、テレビ番組など、幅広いステージで活躍するトップモデルでありながら、ヨガインストラクターとしても活躍中の野沢和香さん。ここでは、「ヨガと音楽は切っても切り離せない」と話す野沢さんが、最新型スポーツタイプの左右独立型ヘッドホン「WF-SP700N」をどのように感じたのか、そのファーストインプレッションをお届けします。

心と身体のつながりを感じられるのがヨガの醍醐味

--ヨガインストラクターとはどういった仕事なのでしょうか?

野沢さん:一般的なヨガクラスはスタジオで生徒さんを指導するというのが基本なのですが、私の場合は、イベントを中心に海や芝生など、屋外でヨガを教えることが多いですね。

画像02

--ヨガにはどんな効果があるのでしょうか?

野沢さん:ヨガには良い効能がたくさんあります。人によってそれぞれですが、私が最も大きいと感じているのは、メンタル面も助けてくれることです。人間、忙しすぎると考えがまとまらなくなったり、イライラしてしまったりしますよね。そこでヨガを行うと、スイッチをオフにするような感覚で、心の中のざわつきがフラットになる。ほんの一瞬ですが、肩の荷を降ろすことができます。それによって、改めてクリアにものを見ることができますよ。

--むしろ座禅などに近いものですね。

画像03

野沢さん:そうですね。でも、何も考えずにじっとしているのって難しくありませんか?そこでヨガでは、最終的にまっすぐ、静かに座れるようになるために、あえていろいろなポーズを取るんです。そういう、心と身体のつながりを感じられるのも、ヨガの面白いところですね。

音楽には心と身体を動かす力があると感じます

--音楽はお好きですか?

野沢さん:音楽は大好きです!常に聴いていますね。音楽には心を動かす力があると思います。自宅では、やる気がないときはアップテンポな音楽をかけてノリノリになって掃除をしたり、寝る前は少しメローな感じの音楽をかけて……など、そのときの気分やシチュエーションに合わせた音楽をかけるようにしています。

イベントでヨガを教える時も、生徒さんが集中するために、適切な音楽をかけます。もっと上手に使いこなしていきたいなと思っていて、日々、ヨガ向きの音楽を見つけてきては、慣れない手つきでリミックスしたりしています(笑)。

画像04

--野沢さんがふだんヨガをするときに聴いている曲を教えてください。

野沢さん:わりとヨガっぽくない曲を流しますね。エド・シーランとか、ポリスとか……リズムや音程が合っていれば、よくあるヒーリングっぽい曲じゃなくてもいいと考えています。ヨガイベントでは、前半はノリノリなポップスで身体を動かしてもらって、後半はトランスなどをかけて集中してもらうみたいなことをやっています。その上で、海がテーマのイベントでは波の音をミックスするなど、参加した方が気持ちよくできるような工夫しています。

左右独立型の「WF-SP700N」がヨガにばっちりフィット!

--普段、どんな環境で音楽を使っていますか?

野沢さん:去年、ヨガ仲間から勧められて左右独立型のBluetoothヘッドホンを使い始めました。初めて使った時は、ケーブルがないってこんなに快適なんだって感動しました。

画像05

--今回、その最新モデルである「WF-SP700N」をお試しいただきましたが、まずは率直な感想を聞かせていただけますか?

野沢さん:音楽をかける前、耳に入れた段階で、そのフィット感に感心しました。そして、何より音質が良い。ヘッドホンではなく、良いスピーカーで聴いているような広がりを感じますよね。また、ずんずんと響いてくる低音も素敵。

あと、スマーフォンのアプリ「Sony | Headphones Connect」で音のエフェクトを変えられる(イコライザー調整)のも面白かった。機械にそんなに強くないので、画面を見て操作できるのもありがたかったです。

画像06

--周囲の雑音を低減してくれるノイズキャンセリング機能はいかがでしたか?

野沢さん:これまでのヘッドホンではどうしても周囲の雑音が聞こえてきてしまっていたのですが、「WF-SP700N」でノイズキャンセリング機能をオンにすると、そうした音がスッと消えてくれます。瞑想パートではやはり雑音が集中の邪魔になりますから、こうした機能は本当に役立ちますね。

--「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」はお試しいただけましたか?

野沢さん:はい。これだけしっかり耳に密着するのに、外の声がきちんと聞こえるというのはすごいと思いました。公園など、周囲に気を配る必要がある場所でヨガをするときには、こうした機能がとても役に立つはず。

あと、これは今、思いついたんですが、イベントなどでみんなに「WF-SP700N」を装着してもらって、音楽を聴きながらヨガをしてもらうのも新鮮で楽しそう。普通のヘッドホンでそれをやると私(インストラクター)の声が聞こえなくなってしまうんですが(笑)、これならそんなことありませんよね。ヨガ以外でも、もちろん、普段、人通りの多い道を歩いている時にも便利ですよね。買い物の時も、レジでいちいちヘッドホンを外さずにすみます。

--装着感についても、もう少し詳しく感想を聞かせてください。

野沢さん:しっかり耳に固定されるので、走ったりするときはもちろん、ヨガで逆立ちするようなトリッキーなポーズをしても耳からこぼれ落ちてしまうことがありません。また、これだけしっかりフィットするにも関わらず、耳が痛くなったりしないのもうれしいですね。

画像07

--それ以外に気に入った機能がありましたら教えてください。

野沢さん:防滴機能が気に入りました。ヨガの中にはホットヨガのように、汗だくになるようなものもあるので、汗でヘッドホンが壊れない、汚れても気軽に洗えるというのは大きなメリットではないでしょうか?

*製品の許容動作温度は0℃〜40℃です

--デザインについてはどのように感じましたか?

野沢さん:都会的で、何にでも合いそうなデザインですよね。今、ヨガウェアって、一般の洋服ブランドがどんどん参入してきていてすごくオシャレになってきているんですが、それらにもフィットしますね。

画像08

--最後に、ヨガと音楽の関わりについて教えてください。

野沢さん:スタジオでみんなとやるときとは異なり、自宅で一人でヨガをやり続けるのって、実はけっこう大変。気が向かないとついついサボってしまいがちです。そんな時は、まず音楽に合わせて身体を動かして、それからヨガをすると良いかもしれません。
音楽とヨガはつながっていると感じます。スタジオでも音楽に注目する人が増えていて、先生によって曲のセレクトが全然違っていたりします。スタジオで学ぶ場合にも、そうした曲のチョイスに目を向けてみると、ヨガがもっと楽しくなるはずです。

画像10
  • この記事をシェアする

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

ノイズからもケーブルからも解き放たれ、重低音サウンドに浸る。
雨や汗にも強いアクティブノイキャンワイヤレス

MDR-XB50BS

  • ◆スポーツ時だけでなく日常のファッションにも合わせやすいデザイン
  • ◆ケーブルから解き放たれる、左右独立型スタイル
  • ◆左右独立型スポーツモデルとして世界初デジタルノイズキャンセリング機能搭載
  • ◆汗や水しぶき、雨などからヘッドホンを守る防滴性能
  • ◆EXTRA BASS™sound
  • * IPX4以上の性能を持つ左右独立型ワイヤレスヘッドホンにおいて。2018年1月8日時点、ソニー調べ

Copyright Sony Corporation,Sony Marketing Inc.