本文へ

製品情報>会社情報>プレスリリース一覧>プレスリリース

プレスリリース

2010年2月8日

新商品

Blu-ray Disc

新採用「おまかせリモコン」で液晶テレビ〈ブラビア〉も他社製テレビも快適に操作
ブルーレイディスクレコーダー 4機種発売

〜「スカパーHD録画」対応など、他機器との連携を充実〜

写真上:左から『BDZ-RX105』『BDZ-RX55』『BDZ-RX35』『BDZ-RS15』

写真:左から『BDZ-RX105』『BDZ-RX55』『BDZ-RX35』『BDZ-RS15』

ソニーは、〈ブラビア〉も他社製テレビも、快適に操作できる「おまかせリモコン」を採用したブルーレイディスクレコーダー4機種を発売します。
「おまかせリモコン」では、〈ブラビア〉の快適な操作に加え、他社製テレビの番組表の表示・メニュー画面操作・数字キーによるチャンネル切り換えなど、様々な操作が可能です。※1

型名 発売日 希望小売価格
『BDZ-RX105』(デジタルハイビジョンチューナー:2、内蔵HDD:1TB) 3月6日 オープン価格
『BDZ-RX55』(デジタルハイビジョンチューナー:2、内蔵HDD:500GB)
『BDZ-RX35』(デジタルハイビジョンチューナー:2、内蔵HDD:320GB)
『BDZ-RS15』(デジタルハイビジョンチューナー:1、内蔵HDD:320GB) 2月27日

今年は、地上アナログ放送停波を翌年に控えてのレコーダーの買い替え需要拡大に加え、「2010 FIFAワールドカップ」などスポーツイベントの開催による録画需要の高まりが見込まれます。

今回発売するダブルチューナー搭載の3機種は「スカパーHD録画」※2に対応し、「2010 FIFAワールドカップ」全64試合のハイビジョン生中継が予定されている「スカパーHD」をハイビジョン画質のまま録画して楽しめます。

さらに、録画番組を屋内・屋外を問わず、視聴する場を拡げる他機器との連携も強化します。
屋内では、本機に録画した番組を別の部屋の〈ブラビア〉や“VAIO”または「プレイステーション 3」を接続したテレビなどで見られる「ソニールームリンク」対応機種を拡充します。
屋外向けには、録画番組を外出先で視聴できる「おでかけ転送」機能が進化。本機で録画した番組を“ウォークマン” やPSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-1000/2000/3000、PSP®go)※3に転送する際に、転送先機器での視聴履歴に基づいて、よく見る番組を優先的に転送する「おまかせ更新転送」機能を追加し、録画済み番組の効率的な視聴を可能にします。

なお、対象のソニー製ブルーレイディスクレコーダーを期間中に購入し、応募いただいたお客様の中から、抽選で2,000名に、BDソフト「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」をプレゼントするキャンペーンを実施します。

※1
当社にて当社を含む14メーカーのテレビの一部機種で動作確認を行っております。対応メーカーのテレビでも、機種によっては一部もしくはすべての機能が操作できない場合があります。他社製テレビの番組表からの録画予約はできません。
※2
「スカパーHD」のハイビジョン録画には、「スカパーHD録画」に対応した「スカパーHD」チューナーが必要です。
※3
システムソフトウェアバージョン6.20以降。

新商品の主な特長

  1. 新採用「おまかせリモコン」で〈ブラビア〉も他社製テレビも快適に操作※1

「おまかせリモコン」 ソニーのブルーレイディスクレコーダーは、基本操作を分かりやすくガイドする好評の「らくらくスタートメニュー」や、大量の録画番組を瞬時にフォルダ分類する「オートグルーピング」など、簡単操作を追求してきました。
また、テレビやAVアンプなど、ブルーレイディスクレコーダーに接続された他機器の基本操作が行える「操作機器切り換えボタン」を搭載するなど、ひとつのリモコンでの快適操作も実現してきました。
今回、より快適なテレビの操作を可能にするため、〈ブラビア〉はもちろん、他社製テレビの広範囲な操作にも対応した「おまかせリモコン」を新たに採用しました。
ソニーを含む14メーカー※4のテレビの電源、チャンネル、音量、入力切り換え操作が可能なほか、7メーカー※5の数字キー操作による手軽なチャンネル切り換えや、番組表の表示、カーソル移動などの操作も可能です。
〈ブラビア〉はもちろん、他社製テレビをお持ちのお客様でも、ソニーのブルーレイと組み合わせて快適に録画や視聴をお楽しみいただけます。

<操作可能な機能>※1
テレビの電源・入力切換・チャンネル・音量・消音・数字キー(1-12)・連動データ・放送波切換・カラーキー・番組表・カーソル(上下左右)・決定・戻るなど。

<リモコン設定画面> 他社製テレビの操作に対応させるためのリモコンの設定は、本機の初期設定の中で画面上の説明にそって簡単に行えます。
また、「おまかせリモコン」には「スカパーHD」チューナーを操作する「操作機器切り換えボタン」も搭載しています。本機と接続するテレビやAVアンプに加えて、「スカパーHD」チューナーも「おまかせリモコン」ひとつで操作できます。
なお、好評の操作画面「らくらくスタートメニュー」を、ボタンひとつで表示できる「らくらくスタート」ボタンも継続搭載しています。

※4
対応メーカー:パナソニック、シャープ、東芝、日立、三菱、パイオニア、アイワ、ビクター、三洋、NEC、富士通ゼネラル、フナイ、三星電子(SAMSUNG)、ソニー
※5
対応メーカー:パナソニック、シャープ、東芝、日立、三菱、パイオニア、ソニー

  1. 「スカパーHD録画」対応機種を拡充(BDZ-RX105/RX55/RX35)

スカパー!HD スポーツや映画をはじめとする豊富なハイビジョン番組を放送する「スカパーHD」のハイビジョン録画(「スカパーHD録画」※2に対応する機種を拡充しました。
「スカパーHD」チューナーの番組表で録画予約を設定すると、ホームネットワーク(LAN)ケーブル(別売)で接続された本機に予約情報が反映され、ハードディスクに録画することができます。
録画した番組はブルーレイディスクにダビング※6したり、「おでかけ・おかえり転送」したりすることが可能です。

※6
録画した番組が1回のみコピー可能なものの場合は、ムーブになります。

  1. 録画した番組を別の部屋のテレビやパソコンで楽しめる「ソニールームリンク」対応機種を拡充※7
    (BDZ-RX105/RX55/RX35)

録画した番組を別の部屋のテレビやパソコンで楽しめる「ソニールームリンク」対応機種を拡充 本機に記録した番組や写真を、別の部屋の〈ブラビア〉や“VAIO”または「プレイステーション 3」を接続したテレビなどで見られる「ソニールームリンク」対応機種を拡充しました。
それぞれの部屋で別々の番組を同時に楽しむことも可能です。
なお、2010年2月に発売される機種を含め、現在販売中の〈ブラビア〉全機種が「ソニールームリンク」に対応し、つながる機器が拡大しています。

※7
「ソニールームリンク」対応のテレビや、パソコンとのホームネットワーク(LAN)ケーブル(別売)による接続が必要です。お使いのホームネットワーク環境によっては、再生中に映像や音声が途切れる場合があります。
ハードディスクにDRモードで録画したデジタル放送、AVC映像(デジタル放送、地上アナログ放送、アナログ入力から録画した映像、AVCHD映像、DV映像)、HDV映像の配信に対応しています。接続する相手機器によっては、再生できない場合があります。動作推奨機器および動作確認機器は、ソニー製品情報のホームページで随時掲載予定です。

  1. 録画した番組を“ウォークマン”やPSP®「プレイステーション・ポータブル」にかしこく転送する「おまかせ更新転送」(BDZ-RX105/RX55)

ハードディスクに録画した番組を、対応する携帯電話や“ウォークマン” ※8、PSP®「プレイステーション・ポータブル」、“nav-u”「ナブ・ユー」などへ高速転送(1時間の番組なら約2分で転送※9)して持ち出せる「おでかけ転送」機能において、今回、“ウォークマン”、PSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-1000/2000/3000、PSP®go)※3への「おでかけ転送」をさらにかしこく実行できる「おまかせ更新転送」機能を搭載しました。
本体前面の「番組おでかけボタン」を押して、“ウォークマン” 、PSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-1000/2000/3000、PSP®go)※3へ「おまかせ更新転送」を行うと、転送先の機器でどんな番組を視聴したかを判別して、自動で最適な番組を転送します。例えば転送先の機器に視聴済みのドラマがあれば、それを本機に戻し(「おかえり転送」)、そのドラマの次回分を優先して転送(「おでかけ転送」)します。
なお、「おでかけ転送」対応の携帯電話はauとNTTドコモに加え、ソフトバンクも加わります。※10

※8
“ウォークマン”の対象機種はNW-X1000/A840/S740/S730/S640/S630 シリーズ。(2010年2月現在)
※9
録画モード「QVGA384K」で記録した1時間番組を高速転送した場合。携帯電話への転送時間は機種により異なります。
※10
ソフトバンク対応機種は、ソニー ブルーレイディスクレコーダーのホームページのサポートページにて今後公開予定です。

  1. 「カメラ取込み」機能でハイビジョン映像や写真を簡単に保存

<「カメラ取込み」ボタン>ハイビジョン“ハンディカム”や“サイバーショット”で撮影した映像を、USBケーブル(別売)やi.LINKケーブル※11(別売)、または8cmDVD(別売)で、ハイビジョン画質のままハードディスクに取り込めます。
 映像を取り込む際には、本体前面にある「カメラ取込み」ボタンを押すだけで高速取り込みが可能です。取り込んだ映像は大画面テレビで楽しんだり、簡単に編集してブルーレイディスクにハイビジョン画質のまま保存したりすることができます。※12
なお、「カメラ取り込み」機能は、ハイビジョン“ハンディカム”の24Mbps(AVCHD方式)高ビットレート映像や、“サイバーショット”のフルハイビジョンAVCHD動画にも対応しています。

※11
i.Link端子は、「BDZ-RX105」のみ搭載しています。
※12
ハイビジョン“ハンディカム”やデジタルスチルカメラとの接続方法、転送速度、記録可能時間など、詳しくは、ソニー ブルーレイディスクレコーダーのホームページのサポートページをご覧ください。

  1. フルハイビジョン、長時間10倍録画を実現

本機に搭載されているインテリジェントエンコーダーにおいて、映像に合わせて録画時のデータ量を動的に制御する「ダイナミックVBR(Variable Bit Rate)」機能のアルゴリズムを改善することで、精細感のある安定した画質でのフルハイビジョン長時間10倍録画を実現しました。この改善により、従来の8倍録画の画質もより美しくなります。


  1. ソニーのブルーレイ 共通の特長 ※詳細は商品ホームページをご確認ください。
  • キーワードを入力するだけで好みの番組を自動録画する「x-おまかせ・まる録」※13
  • 録画・再生・ダビングが、ガイド付きで簡単に操作できる「らくらくスタートメニュー」
  • VHSビデオや8ミリビデオからのダビングを接続方法からガイドする「カンタンVHSダビング」
  • すべてのハイビジョンテレビを美しくする※14高画質回路“CREAS 2(クリアス ツー)”
  • 録画番組をジャンル別に自動分類する「オートグルーピング」
※13
番組表データが正しく受信されていないと正しく機能しません。また、候補が重なった場合、すべての番組が録画されるわけではありません。
※14
HDMI端子搭載の民生用テレビにおいて。2010年2月現在、ソニー調べ。


ソニーのブルーレイ×「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」BDソフトプレゼントキャンペーン


対象のソニー製ブルーレイディスクレコーダーを期間中にお買い上げいただき、キャンペーンにご応募いただいたお客様の中から、抽選で2,000名に、BDソフト「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」をプレゼント。

  • 応募期間

    2010年3月1日から3月29日まで

  • 対象機種

    ブルーレイディスク/DVDレコーダー「BDZ-EX200/RX105/RX55/RX35/RS15」

  • 応募方法

    キャンペーンの応募には、専用ホームページからの製品カスタマー登録が必要です。
    詳しくは、ソニー ブルーレイディスク/DVD レコーダーオフィシャルサイト内キャンペーンページでご確認ください。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
ブルーレイ1枚組 (発売中)
4,980円(税込)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2009 The Michael Jackson Company, LLC. All Rights Reserved.



 

<先行展示>

なお、本製品は、銀座・ソニーショールーム、ソニースタイル 大阪にて2月9日(火)より先行展示し、お客様にご覧いただけます。

 

主な仕様

型名 『BDZ-RX105』 『BDZ-RX55』 『BDZ-RX35』 『BDZ-RS15』
記録可能メディア (※15) HDD(1TB) HDD(500GB) HDD(320GB) HDD(320GB)
DVD+RW(8xまで)、DVD+R(16xまで)、
DVD-RW(6xまで、Ver.1.1/1.2)※CPRM対応、
DVD-R(16xまで、Ver.2.0/2.1)※CPRM対応
BD-RE ver. 2.1(2層対応)、BD-R ver. 1.1/1.2/1.3
再生可能
メディア
ビデオ HDD、BD-ROM、BD-RE ver.2.1、BD-R ver.1.1/1.2/1.3、
AVCHDフォーマットで記録されたディスク、
DVDビデオ、DVD+RW/+R、DVD-RW/-R/-R DL(2層※16(CPRM)/-RW(CPRM)/-R(CPRM)、DVD-RAM※17
DualDisc(デュアルディスク)※18
※DVD+RW/+R DL(2層)/-RW/-Rは8cmディスクにも対応
フォト(JPEG)※19 HDD、BD-RE ver.2.1、BD-R ver.1.1/1.2/1.3、データDVD:DVD+RW/+R/-RW/-R、
データCD:CD-RW/-R、USB(デジタルスチルカメラ/リーダーライターなど)
オーディオ CD、DTS-CD、CD-RW/-R(CD-DA)
映像記録方式(BD/DVD/HDD) MPEG2、MPEG1※20、MPEG4-AVC (HDD/BD)
音声記録方式(BD/DVD/HDD) ドルビーデジタル(2ch/5.1ch)、MPEG2-AAC(DRモード時)
電子番組表 デジタル放送
チューナー 地上デジタルチューナー (CATVパススルー対応※21)×2、
BS・110度CSデジタルチューナー×2、
地上アナログチューナー(CATVチューナー一体型)(VHF:1〜12ch、
UHF:13〜62ch、CATV:C13〜C63ch)
地上デジタルチューナー(CATVパススルー対応※21)×1、BS・110度CSデジタルチューナー×1、地上アナログチューナー(CATVチューナー一体型)(VHF:1〜12ch、UHF:13〜62ch、CATV:C13〜C63ch)
アンテナ入出力 地上デジタル(UHF)/地上アナログ(VHF/UHF):75ΩF型コネクター、
BS・110度CS-IF:75ΩF型コネクター
入出力端子 HDMI出力端子:1系統[1080/24p対応]
D端子出力(D1/D2/D3/D4):1系統
コンポジット映像入/出力:1系統/1系統、
S映像入/出力:1系統/1系統
ステレオ音声入/出力:1系統/1系統
デジタル音声出力(光):1系統
メモリーカードスロット
:“メモリースティック"
スロット、SDメモリー
カードスロット、コンパ
クトフラッシュ®スロット
各1系統
 
HDV1080i/DV入力:1系統(前面)、USB:2系統(前面1 /背面1) USB:1系統(前面)
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力※22 59W(38.5W) 54W(34.1W) 52W(33.7W) 49W(32.2W)
年間消費電力量 50.2kwh/年 45.3kwh/年 42.6kwh/年 37.2kwh/年
待機時消費電力※23 0.20W 0.20W 0.20W 0.18W
外形寸法(最大突起含む) 約430×69.8×327mm(幅×高さ×奥行き)
質量 約4.6kg 約4.5kg 約4.4kg 約4.3kg
※15
8cmDVDディスクに記録はできません。他のレコーダー/ドライブで記録や編集したDVDディスクには、追記・削除・編集・ファイナライズなどの操作ができない場合があります。8倍速を超えるDVDディスクを使用しても、本機のドライブ速度は最大8倍速です。
※16
DVD+R DL(2層)、DVD-R DL(2層)ディスクを再生する場合、レイヤー(層)が切り替わるときに映像/音声が一部途切れることがあります。
※17
DVD-RAMは、Ver.2.0/2.1に対応。カートリッジ方式(Type1を除く)のDVD-RAMディスクはカートリッジから取り出して使用してください。
※18
Dual Discとは、DVD規格に準拠した面と、音楽専用面とを組み合わせた新しい両面ディスクです。なお、この音楽専用面は、コンパクトディスク(CD)規格には準拠していないため、本機での再生は確認いたしません。
※19
再生できるフォトは圧縮形式がJPEG形式で、ファイル名形式がDCF形式のものです。
※20
DVD+RW EPモード記録時。
※21
本機は、CATV会社が地上デジタル放送を再送信する際の同一周波数パススルーおよび周波数変換パススルーのすべての周波数に対応しています。詳しくはCATV会社にお問い合わせください。
※22
()内は電安?項相当の消費電力値になります。
※23
本体表示の明るさ「消灯」/スタンバイモード「標準」/ BS/CSデジタルアンテナ出力「切」時において。 番組表データなどを取得するために、電源を「切」にした状態でも、一時的にシステムが起動するため、記載した消費電力よりも増える場合があります。
スタンバイモードを「高速起動」モードに設定した場合は「標準」モードに比べて待機時消費電力が増えます。
HDMI機器制御機能を「入」にした場合、「高速起動」モードも「入」になり、待機時の消費電力が増加します。


録画時間・録画モード(HDD)※24 ※25 ※26 ※27

型名 『BDZ-RX105』 『BDZ-RX55』 『BDZ-RX35』 『BDZ-RS15』
DR※28 地上デジタル放送(HD):約125時間(約117時間)
BS・110度CSデジタル放送(HD):約88時間(約84時間)地上・BS・110度CSデジタル放送(SD):約193時間(約177時間)HDV1080i:約78時間(約75時間)
地上デジタル放送(HD):約61時間(約56時間)
BS・110度CSデジタル放送(HD):約43時間(約40時間)地上・BS・110度CSデジタル放送(SD):約94時間(約85時間)
地上デジタル放送(HD):約38時間
BS・110度CSデジタル放送(HD):約27時間
地上・BS・110度CSデジタル放送(SD):約59時間
XR (AVC 15M) 約130時間(約122時間) 約64時間(約59時間) 約40時間
XSR (AVC 12M) 約166時間(約154時間) 約81時間(約74時間) 約51時間
SR (AVC 8M)(標準) 約250時間(約223時間) 約122時間(約108時間) 約76時間
LSR (AVC 4M) 約500時間(約409時間) 約245時間(約197時間) 約153時間
LR (AVC 3M) 約710時間(約600時間) 約348時間(約290時間) 約217時間
ER (AVC 2M) 約880時間(約725時間) 約430時間(約350時間) 約270時間
※24
動きの激しい動画を録画した場合や最大録画タイトル数の制限から表記の録画時間まで録画できない場合があります。
※25
HDDへの録画時間は、フォト(JPEG)を1枚も取り込んでいない場合の時間です。
※26
XR、XSR、SR、LSR、LR、ERのすべてがハイビジョン画質で録画可能です。
※27
HDD録画時間で記載されている( )内は「高速転送録画」設定 [入]で、「録画モード」が[自動]に設定されている場合。
※28
DRモードの録画時間は目安です。デジタル放送の録画時間は、放送により異なります。


録画時間・録画モード(BD/DVD)※24

BD※29 ※30 DR※31 DR:地上デジタル放送(HD):約3時間(約6時間)
BS・110度CSデジタル放送(HD):約2時間10分(約4時間20分)
地上・BS・110度CSデジタル放送(SD):約4時間44分(約9時間28分)
HDV1080i:約1時間55分(約3時間50分)
XR(AVC 15M) 約3時間10分(約6時間20分)
XSR(AVC 12M) 約4時間(約8時間)
SR (AVC 8M) (標準) 約6時間5分(約12時間10分)
LSR(AVC 4M) 約12時間10分 ( 約24時間20分)
LR(AVC 3M) 約17時間20分 (約34時間40分)
ER(AVC 2M) 約21時間40分 (約43時間20分)
DVD(※32) XP:約1時間、XSP:約1時間30分、SP(標準):約2時間
LSP:約2時間30分、LP:約4時間、EP:約6時間
※29
( )内は、2層ブルーレイディスクでの記録時間。
※30
XR、XSR、SR、LSR、LR、ERのすべてがハイビジョン画質で録画可能です。
※31
DRモードの録画時間は目安です。デジタル放送の録画時間は、放送により異なります。
※32
2層DVD以外の記録時間。
PSP®「プレイステーション・ポータブル」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商品です。また、 “プレイステーション”および“PSP”は同社の登録商標です。
“ハンディカム”、“ウォークマン”、“おまかせ・まる録”、は、ソニー株式会社の登録商標です。
“ブラビア”、“サイバーショット”、「ソニールームリンク」、“メモリースティック PRO デュオ”およびそのロゴはソニー株式会社の商標です。
HDMI、HDMIロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLCの商標または、登録商標です。
DTSおよびDTS-HD Advanced Digital OutはDTS, Inc.の商標です。
Dolby、ドルビーおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
HDVおよびHDVロゴはソニー株式会社と日本ビクター株式会社の商標です。
“AVCHD”および“AVCHD”ロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
JavaおよびすべてのJava関連のマークは、 米国およびその他の国における米国 Sun Microsystems,Inc. の商標または登録商標です。
「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
株式会社NTTドコモの商品名またはサービスの名称等は、NTTドコモの商標または登録商標です。
SOFTBANKおよびソフトバンクの名称は、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
コンパクトフラッシュ®(CompactFlash®)は、米国サンディスク社の商標です。ソニー株式会社は、コンパクトフラッシュ®(CompactFlash®)とコンパクトフラッシュの公認ライセンシーです。
SDメモリーカードはパナソニック株式会社、米国サンディスク社、株式会社東芝の商標です。
記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 0466-31-2546(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00

ページトップへ