プレスリリース

2014年5月16日
  • 新商品

ポケットに収まるコンパクトなボディはそのままに
新開発 広角・大口径ズームレンズと、ZEISS® T*コーティング採用のクリアで見やすい
収納式 高精細有機ELファインダーを新たに搭載した『RX100 III』を発売

デジタルスチルカメラ サイバーショット 『RX100 III(マークスリー)』
デジタルスチルカメラ サイバーショット 『RX100 III(マークスリー)』

ソニーは、現行機※1と同様のポケットに収まる小型サイズながら、新開発24-70mmの※2大口径ZEISS®(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズや、明るく見やすい収納式の高精細ファインダー OLED Tru-Finder™(トゥルーファインダー)を搭載した、サイバーショット™ 『RX100 III(マークスリー)』を発売します。

型名 発売日 価格
デジタルスチルカメラ サイバーショット
『RX100 III』 DSC-RX100M3
5月30日 オープン価格
新開発ZEISSバリオ・ゾナーT 24-70mm F1.8-2.8 レンズ

本機は、世界で初めて※3非球面レンズ2枚を高精度に接合することで広角・大口径化と小型化を両立させた、新開発ZEISSバリオ・ゾナーT* 24-70mm F1.8-2.8 レンズを搭載しました。合わせて大型(1.0型)の裏面照射型Exmor R®(エクスモア アール)CMOSイメージセンサー、新世代画像処理エンジンBIONZ X™(ビオンズエックス)などにより、高い解像力と優れた質感描写力を実現しました。また高精細でコントラストに優れた収納式の高精細有機ELファインダーを内蔵し、光学系にはZEISS T*コーティングを採用し、フレアや写り込みを低減したクリアな視認性を実現しました。

動画撮影では、1.0型センサーからの全画素読み出しにより解像度の高い画質を実現するとともに、従来のAVCHDに加えて、プロフェッショナル用途のXAVCを民生用途に拡張したXAVC S記録方式※4を、サイバーショットとして初めて採用しました。これにより、フルHD(1920×1080)60pの50Mbpsハイビットレートや、120pハイフレームレート※5の動画撮影に対応し、動きの多いシーンでも圧縮ノイズの少ない高精細な動画記録を実現します。

また、自分撮りに便利な180度(下方向は約45度)チルト式液晶や、動画撮影時の手ブレを大幅に軽減するインテリジェントアクティブモードを採用しました。加えて、カスタムボタンやコントロールホイールに使用頻度の高い機能を割り当てられるほか、ファンクションボタンで呼び出せる12項目を任意に設定できるなど、カメラを自分好みの設定にすることで、快適な操作が可能です。
そのほか、Wi-FiとNFC(Near Field Communication:近距離無線通信)の搭載により、簡単にモバイル機器※6と連携し写真や動画をワンタッチで転送できます※7。さらに、PlayMemories Camera Apps™(プレイメモリーズ カメラアプス)に対応しており、お好みのアプリケーションをダウンロードして、カメラの撮影機能を進化させて楽しめます。

本機は、ポケットに収まる小型サイズながら、広角・大口径レンズや収納式の高精細有機ELファインダーの搭載により、幅広い撮影に対応するオールインワンコンパクトを実現しています。ポケットサイズの高画質というコンセプトのもと、RX100シリーズの現行機「RX100」や「RX100 II」とあわせて、一眼カメラのセカンドカメラとして、また普段スマートフォンをお使いの方が手軽に本格的な撮影をできるカメラとして、最適なモデルです。

  • ※1:『RX100』、『RX100 II』。
  • ※2:35mm判換算。
  • ※3:ソニー調べ。デジタルカメラ用レンズに用いられるガラス非球面レンズにおいて。2014年5月16日広報発表時点。
  • ※4:XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class10以上のSDXCカードの使用が必要です。
  • ※5:120pは、HD画質(1280×720)で記録されます。
  • ※6:NFC対応のAndroid4.0以上搭載スマートフォンまたはタブレットに最新のPlayMemories Mobile™(プレイメモリーズ モバイル)のインストールが必要です。
  • ※7:スマートフォンまたはタブレットに最新のPlayMemories Mobileのインストールが必要です。
主な特長
1. 小型化と大口径化を両立し、より明るく広角になったZEISS バリオ・ゾナーT* 24-70mm※2 F1.8-2.8を搭載
広角24mmのワイドな画角、望遠端の開放F値2.8でぼけ味を活かした表現が可能

広角側が24mmとワイドになり、広大な風景や室内の集合撮影などに便利です。また、望遠70mmでも明るい開放F値2.8を実現し、背景ぼけを活かして被写体を際立たせたポートレート撮影や、手ブレや被写体ブレが起こりがちな動体撮影時の自由度が向上しました。さらに、望遠端でも30cm(レンズ先端から)まで被写体に接近した撮影が可能です。加えて、絞り値にして3段相当(光量1/8)のNDフィルター内蔵により、屋外の日差しが強い環境でも光量を調節でき、自由度の高い撮影が行えます。

世界初※3のガラス非球面レンズ接合技術により大口径化と小型化を両立

レンズとセンサーを最適に調整できるレンズ一体型ならではの利点を生かし、優れた描写性能を実現しました。新規設計の光学系には、高度非球面レンズ(AA - advanced aspherial)3枚を含む非球面レンズ9枚を採用するとともに、世界で初めて※3ガラス非球面レンズ2枚を高精度に接合することで、より広角で明るいレンズとレンズユニットの小型化を両立しています。また、ZEISS T*コーティングを採用し、ゴーストやフレアを大幅に低減します。さらに、7枚羽根の円形絞りが美しいぼけを生み出します。

レンズ内部イメージ図
レンズ内部イメージ図
2. 1.0型裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーや新世代画像処理エンジンBIONZ Xにより高い質感描写を実現

一般的なコンパクトカメラで採用されている1/2.3型と比べて約4倍の撮像面積を持つ、1.0型有効約2010万画素裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーで高感度、低ノイズ性能を実現しました。また、従来比※8約3倍に処理速度が向上した画像処理エンジンBIONZ Xの高速処理能力により、自然な質感を細部まで再現する「ディテールリプロダクション」技術や、レンズの光学性能を最大限生かし、絞り込んだ撮影でも解像感を損なわない「回折低減処理」、また、夜間や室内などの光量が少ない場所でも高い解像感を維持したままノイズを大幅に低減する「エリア分割ノイズリダクション」などを実現しました。加えて、最高ISO感度12800の高感度撮影や、動画撮影時にも鮮明でノイズの少ない映像の記録が可能です。

  • ※8:『RX100』、『RX100 II』に搭載のBIONZと比較した場合。
3. コンパクトボディはそのままに、明るい収納式 高精細有機ELファインダーを搭載

現行機※1同等のポケットに収まるコンパクトなボディに、お客様からのご要望が多かったファインダーを搭載しました。高コントラスト・高精細な有機ELデバイス採用のOLED Tru-Finderは、持ち歩き時はボディに収まる収納式ながら、明るさや視界、視認性の良さも実現させています。クリアに見渡せる新設計の接眼レンズに、覗いた際の映り込みを低減するZEISS T*コーティングを採用しました。ファインダーでの快適な撮影を可能にしたことで、一眼カメラのセカンドカメラとしても便利に使えます。さらにアイセンサー搭載により、自動でファインダー表示と液晶モニター表示が瞬時に切り替わるため、撮影機会を逃しません。

収納式 OLED Tru-Finder
収納式 OLED Tru-Finder
4. 全画素読み出しと 50Mbpsの高ビットレートXAVC S動画フォーマットに対応し高解像度の動画記録を実現
モアレやジャギーを低減し、解像感の高い動画画質を実現する全画素読み出し方式を採用

イメージセンサーのすべての画素情報を高速で読み出し、負荷の高い画像処理もBIONZ Xの高速処理能力を活かしてリアルタイムに行うことが可能なため、精細かつ複雑な被写体の撮影時にノイズを抑えた、なめらかな表現と高精細な画質を実現します。

動きが多いシーンにも強い50Mbpsで60pの高画質記録のXAVC S記録方式※4に対応

従来の記録方式であるAVCHDに加え、プロフェッショナル用途に開発されたXAVCを民生用途に拡張したXAVC S記録方式※4に、サイバーショットとして初めて対応しました。XAVC S規格の採用により、フルHD※9を50Mbpsで記録可能なため、水しぶきや大勢が動くシーンなどの細かい動きを再現したい場面でも、解像度の高い映像を高画質で記録することが可能です。また、音声圧縮方式は原音をありのままに録音する非圧縮のリニアPCMを採用しました。加えて、120pハイフレームレート撮影※5※10に対応しているため、24p環境で再生する際は、最大5倍のスローモーション再生※11が行えます。例えば、動きの速いスポーツでのフォーム確認や、印象的な映像表現のひとつとして取り入れるなど、様々な用途で活用可能です。

業務用カムコーダーで培った充実した動画撮影機能を搭載

撮影中の映像の輝度が高い部分にのみ縞状の模様をつけて液晶ディスプレイおよびファインダー上に表示するゼブラ表示が可能です。このほか、HDMIクリア出力機能を搭載し、カメラの液晶画面だけでなくHDMI接続した外部モニターでも同時に映像を確認でき、その際、情報表示をオフにすることが可能です。※12またSNSや動画共有サイトでの共有が手軽に行える、フルHD動画とMP4を同時に記録可能な同時ビデオ記録機能※14を搭載。また静止画機能に対応していた解像感を保ちながらズームが行える「全画素超解像ズーム」など、動画撮影機能も充実しています。

  • ※9:1920×1080。
  • ※10:120p動画撮影時に、インテリジェントアクティブモードとアクティブモードは使えません。
  • ※11:本体では、スローモーション再生できません。PlayMemories Home™(プレイメモリーズ ホーム)より再生可能です。
  • ※12:HDMI接続により外部レコーダーで記録する場合、オーディオ出力には対応していません。
  • ※13:1280×720 30p/24p。
  • ※14:インテリジェントアクティブモードON時、XAVC S 120p/60pやAVCHD 60p設定時は使用できません。
5. その他の特長
自分撮りも可能な180度チルト液晶を搭載

自由なアングルやポジションで撮影できる180度チルト液晶を採用しました。上方向は約180度、下方向に約45度まで変えられるので、自分撮り写真や旅先の記念写真などを快適に撮影可能です。

動画撮影時の手ブレを大幅に軽減する「インテリジェントアクティブモード」を採用

ソニー独自のフレーム解析技術によりなめらかな手ブレ補正を実現する「インテリジェントアクティブモード」を、RXシリーズとして初めて搭載しました。5軸方向のブレを検出・補正することで、動画時の手ブレを大幅に軽減します。

こだわりのマニュアル操作、カスタマイズ機能をさらに進化

C(カスタム)ボタンや、コントロールホイールの中央、右、左ボタンには、ピント拡大やフォーカスエリアなど40種類以上の項目から希望する機能を割り当て可能です。また、コントロールリングやファンクションボタンの設定もカスタマイズできるため、使用頻度の高い機能や、お好みの設定をすばやく呼び出すことが可能です。

モバイル機器※6との連携を実現するWi-Fi/NFC機能を搭載し、カメラが進化するPlayMemories Camera Appsに対応

Wi-Fi機能およびNFC機能を搭載し、ワンタッチで簡単にスマートフォンやタブレット※6とWi-Fi接続が可能です。また、好みに応じてカメラに様々な機能を追加可能なアプリケーションダウンロードサービスPlayMemories Camera Apps対応により、カメラを使う楽しみが拡がります。今回、新たに「マイベストポートレート」、「スマートリモコンVer.3.00」を配信します。詳しくは、PlayMemories Camera Appsのサイトにて、ご覧いただけます。

新規追加、および機能向上させたアプリケーション
名称・発売日・価格 特長
マイベストポートレート
2014年6月26日配信開始
無料
人物の肌を明るくきれいに撮影できるアプリケーションです。カメラの絞り値やシャッタースピード、ISO値など難しい設定をせず、好みに応じて美肌・美白効果を加えて、魅力的な自分撮り写真を撮影可能です。撮影後、瞳に光を入れ込むキャッチライト加工を追加できます。
スマートリモコンVer.3.00※7
2014年6月26日配信開始
無料
お手持ちのスマートフォンやタブレットをカメラのリモコンとして使用できるアプリケーションです。今回のバージョンアップで、動画の露出モードや絞り値やシャッタースピード、ISO値、ホワイトバランス、録画のスタート/ストップなどコントロールできるようになります。
マイベストポートレート
マイベストポートレート *効果はイメージです。
スマートリモコンVer.3.00
スマートリモコンVer.3.00 *使用時のイメージです。

また『RX100 III』は、アプリケーション開発者向けに、ソニー製カメラをスマートフォンやタブレットからWi-Fi経由で操作する「Camera Remote API beta」に対応します。さらに魅力的なアプリケーションが増えるよう、2014年6月から、シャッタースピード、絞り値、ISO値などの露出設定やホワイトバランスのコントロールなどが可能なAPIを追加で公開します※15。詳しくは開発者サイトSony Developer Worldをご覧ください。

  • ※15:APIとは、アプリケーション・プログラム・インターフェースの略です。スマートリモコンVer.3.00をインストールすることで、拡張したCamera Remote API betaに対応します。
4K※16静止画出力対応、4Kテレビで高精細な写真鑑賞を便利に

HDMIやWi-Fi機能により、カメラから4Kテレビへ静止画を転送可能です。また、広色域の「トリルミナス®カラー」に対応しているため、撮影した写真や映像を「トリルミナス®ディスプレイ」対応テレビで映し出すと、豊かで自然な色と質感をそのまま再現可能です。

  • ※16:QFHD(3840×2160)。
主な別売りアクセサリー
名称・発売日・メーカー希望小売価格 特長
ジャケットケース 『LCJ-RXF』
5月30日・8,400円+税
高級感のあるシンプルなデザインに持ち運びに便利なショルダーストラップを付属したジャケットケースです。
カラー:ブラック、ベージュ 対応機種:RX100シリーズ
アタッチメントグリップ 『AG-R2』
5月30日・1,500円+税
本体のホールド性を高め、安定した撮影を可能にするアタッチメントグリップです。
対応機種:RX100シリーズ
  • RX100シリーズにアタッチメントグリップ 『AG-R2』装着時は、専用ジャケットケース 『LCJ-RXF』のほか『LCJ-RXA』、『LCJ-RXC』は使用できません。
ジャケットケース 『LCJ-RXF』
ジャケットケース 『LCJ-RXF』
アタッチメントグリップ 『AG-R2』
アタッチメントグリップ 『AG-R2』
<先行展示および体験会のお知らせ>

本製品のお客さま向け先行展示を5月17日(土)より、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて行います。

また、お客さま向け体験会を5月24日(土)及び25日(日)に銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて、5月31日(土)には札幌、福岡にて行います。
詳しくは専用サイトをご覧ください。

主な仕様
型名 『RX100 III』 DSC-RX100M3
撮像部 撮像素子 1.0型 (13.2mm x 8.8mm) Exmor R CMOSセンサー
有効画素数 約2010万画素
レンズ レンズ ZEISS 「バリオ・ゾナーT*」レンズ
9群10枚(AAレンズ含む非球面レンズ9枚)
焦点距離(35mm換算※1 8.8-25.7mm(24-70mm)
開放絞り値 F1.8(ワイド端時) -F2.8(テレ端時)
絞りタイプ 7枚羽根、虹彩絞り
NDフィルター オート/入(3段分)/切
ズーム 光学ズーム2.9倍 全画素超解像ズーム約5.8倍
記録フォーマット 静止画 JPEG(DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.3、MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)
動画 XAVC S*2/AVCHD規格 Ver.2.0準拠/MP4
記録媒体 メモリースティック PRO デュオ、メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック XC-HG デュオ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
ISO感度(推奨露光指数) 静止画撮影時: ISO125-12800(拡張ISO80/100)、AUTO (ISO125-12800:上限/下限 設定可)、マルチショットNR*3(最大ISO 25600まで拡張)、動画撮影時: ISO125-12800相当、AUTO(ISO125-12800相当:上限/下限 設定可)
ファインダー 形式 電子式ビューファインダー(OLED Tru-Finder)
ドット数 1,440,000ドット
視野率 100%
倍率 35mm判換算:約0.59倍(50mmレンズ、無限遠、視度-1m-1時)
モニター 形式 7.5cm(3.0型) TFT駆動液晶
ドット数 1,228,800ドット
角度調整機能 カメラ背面に対して上約180°、下約45°
使用電池 リチャージャブルバッテリーパック『NP-BX1』
質量 約290g(バッテリーと“メモリースティックPROデュオ”を含む)、約263g(本体のみ)
外形寸法
(幅 × 高さ × 奥行、CIPA準拠)
約101.6 × 58.1 × 41.0mm
  • ※1:静止画撮影時(アスペクト比3:2時)の35?換算値。
  • ※2:XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class10以上のSDXCカードの使用が必要です。
  • ※3:重ね合わせ連写を使って実現しています。
  • サイバーショット™は、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
  • その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00