Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
商品情報
全商品ラインナップ
商品&価格一覧
カートン入数一覧
テープ早見表
デジタルフォーマット一覧
この機器にはこのテープ
カタログダウンロード
関連ページリンク
価格表
カートン入数
ソニーテープの歴史
相変化記録方式についての解説(04.3.1)
カタログ(PDF:251kB)
機器情報
Professionlal Disk(2層)
高耐久性、長期保存性をそのまま継承し、片面2層の記録層と高密度記録に対応することで、これまでの1層ディスクの2倍以上の50GB(ギガバイト)の大容量記録が可能となりました。長時間記録や高解像度フォーマットでの映像記録に対応し、安定した高性能をさまざまなフィールドで発揮します。
2層ディスク実現のキーテクノロジー
2層化に最適な記録膜を新開発
2層ディスクでは、レーザー光が当たるディスク表面から0.1mmの深さのところに1つ目の記録層(以下L0層)、表面から0.075mmのところに2つ目の記録層(以下L1層)があり、その間は厚さ0.025mmの中間層で構成されています。
L0層またはL1層で記録・再生する場合は、その部分にレーザー光が焦点を結ぶよう、ピックアップがコントロールされます。
2層化に最適な記録膜を新開発
L0層を記録・再生するときはレーザー光がL1層を透過する必要がありますが、L1層を記録・再生するときはL1層で反射させなければなりません。このため、L1層には新しい材料・製法による「半透過性」記録膜を開発し、採用しています。
L1層では「透過特性(L0層の記録・再生)」「反射特性(L1層の再生)」「光吸収特性(L1層の記録)」をバランスさせる必要があり、高精度な製造技術が必要とされます。
高密度記録の実現
短波長の青紫色レーザーでディスク上に信号を記録するときには、高出力のレーザー光を照射後 急速に温度を下げることで、記録膜の状態を変化させています。その部分を「マーク」と呼びますが、最も短いマークの長さ(最短マーク長)は、1層ディスクでは0.160μmであるのに比べ、2層ディスクではさらに短い0.149μmとなっています。最短マーク長を短くして、線方向の記録密度を高めることで、1層ディスク23GBの2倍以上の50GBを実現しています。
高密度記録の実現
PFD50DLAは2層ディスク対応ドライブを搭載したXDCAM機器で使用できます。
ディスクと対応機器には『DLマーク』を共通で記載しています。ご確認の上ご使用ください。
DLロゴ DLマーク

DLマーク
記録時間
コーデック ビットレート 記録時間
XAVC HD 100Mbps* 約46分
MPEG HD422 50Mbps 約95分
MPEG HD 35Mbps 約145分
25Mbps 約190分
18Mbps 約248分
MPEG IMX 50Mbps 約100分
40Mbps 約120分
30Mbps 約150分
DVCAM 25Mbps 約185分

※記録/再生時間は目安であり、クリップやオーディオチャンネル数によって異なります。仕様は変更される場合があります。
* フレーム周波数29.97P及び59.94iの場合

プロフェッショナルディスク仕様
  PFD50DLA
カートリッジ寸法 129×131×9mm(W×H×D)
ディスク直径 12cm
記録容量 50GB
記録波長 405nm(青紫色レーザー)
記録方式 相変化記録
トラックピッチ 0.32μm
データ転送(書込み)レート※ 最大172Mbps(2オプティカルヘッド)
書換え回数 1,000回以上
読み出し回数 1,000,000回以上
データ保存寿命 50年以上 (加速試験による推定値)

※データ転送レートは、使用する機器および機能により異なります。

カタログダウンロード
D-1 D-1ページトップへ
D-1