プレスリリース

2019年7月26日
  • 新商品

フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』同等の高速・AF性能を実現した
プレミアムコンパクトカメラ『RX100 VII』発売

〜高倍率ズームや強化した動画性能も小型ボディに凝縮〜
サイバーショット(R)『RX100 VII』
サイバーショット®『RX100 VII』
『RX100 VII』で撮影した作品
『RX100 VII』で撮影した作品

ソニーは、最大60回/秒※1のAF/AE演算処理による最高20コマ/秒※2のブラックアウトフリー連続撮影※3や高速・高精度・高追従なAF性能を実現し、焦点距離24-200mm※4の高倍率ズームを小型ボディに凝縮したデジタルスチルカメラ サイバーショット®『RX100 VII』を発売します。

本機は、新開発のメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS®(エクスモアアールエス)を搭載し、最新の画像処理エンジンと組み合わせることにより、ポケットに収まる小型サイズながら、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』で培ったスピード性能を実現したRX100シリーズの第7世代モデルです。4K動画※5撮影時のリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AF※6、マイク端子を搭載するなど、動画性能も拡充。広角から望遠、静止画に加えて動画においても、プロから一般ユーザーまで本格的な撮影が可能です。

商品名 型名 発売日 価格
デジタルスチルカメラ サイバーショット 『RX100 VII』 DSC-RX100M7 8月30日 オープン価格
シューティンググリップキット 『RX100 VII』 DSC-RX100M7G

※ 予約販売の受付は、7月31日(水)10時より開始します。

『RX100 VII』は、新開発のイメージセンサーと最新の画像処理技術の組み合わせにより、高頻度な演算処理を行い、高精度なAF/AE追従を可能にした最高20コマ/秒※2のブラックアウトフリー連続撮影※3に加え、ソニー製カメラとして初めて、最高90コマ/秒※7の速度で撮影するワンショット連続撮影※8機能や世界最速※90.02秒※10の高速AFを搭載し、RXシリーズ最高クラスのスピード性能を実現しています。
さらに、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』や『α7R IV』にも搭載されている、AI※11により動体を高精度に追従し続けるリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AF(動物対応含む※12)にも対応し、AF性能においてもソニーの最先端技術が凝縮されています。加えて、動画撮影時のリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AF※6、4Kアクティブ手ブレ補正の他、本体にマイク端子を搭載するなど、クリエイターの要望に応える高い動画撮影性能を実現しています。

  • 『RX100 VII』で撮影した静止画作例は、こちらをご覧ください。
  • 『RX100 VII』で撮影した動画作例と紹介動画は、こちらをご覧ください。
  • ※1:電子シャッター使用時、シャッタースピードが1/60以上の場合に有効です。
  • ※2:電子シャッター使用時、連続撮影モード「Hi」時。シャッタースピードが1/60以上の場合に有効です。
  • ※3:電子シャッター使用時に有効です。シャッタースピードが遅くなると、画面表示の更新が緩やかになります。
  • ※4:画角(35mm判相当)
  • ※5:3840×2160。XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCカードが必要です。100Mbps記録時にはUHS-I(U3)のSDHC/SDXCカードが必要です。自動電源OFF温度を[標準]に設定時、連続撮影時間は約5分です。
  • ※6:動画撮影時のリアルタイム瞳AFは動物には対応していません。
  • ※7:ドライブモード「ワンショット連続撮影: Hi」設定時
  • ※8:一度の撮影で7枚の静止画が撮影されます。フォーカスと露出は最初の1枚に固定されます。
  • ※9:1.0型イメージセンサー搭載のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2019年7月26日広報発表時点。ソニー調べ。
  • ※10:CIPA準拠 内部測定条件 f=9.0mm(ワイド端) 明るさ EV6.6、プログラムオート、フォーカスモード:AF-A、AFエリア:中央
  • ※11:機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用。
  • ※12:静止画のみ。すべての動物が対象ではありません。フォーカスモードAF-C、AF-S、AF-A、DMFに対応。人物と動物ではモードの切り替えが必要です。シーンや被写体の状態によってはうまくフォーカスが合わない場合があります。
主な特長
1. 新開発のイメージセンサーと最新の画像処理エンジンによりフルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』同等の高いAF/スピード性能を実現
高速・高精度・高追従AF

フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』同等、連続撮影中に最大60回/秒※1でAF/AE演算処理を実現し、動きやスピードに緩急のある動体に対しても、高い精度でのAF/AE追従が可能です。世界最多※9357点の像面位相差検出AFと、425点のコントラスト検出AFだけでなく、世界最速※90.02秒※10の高速AFにより、ピント合わせが難しいシーンでも被写体を高精度にとらえます。

リアルタイムトラッキングとリアルタイム瞳AFに対応

AI※11を用いて色や模様(輝度)、被写体距離(奥行)からなる空間情報をリアルタイムに高速処理し、動体を高精度に追従し続けるリアルタイムトラッキングに対応します。被写体が人物の場合にはリアルタイムに顔/瞳情報を検出し続けることで、高い精度で被写体を追従し続けます。さらに、AI※11により即時に瞳情報を検出しフォーカスを合わせ続ける、リアルタイム瞳AFは、左右の瞳の選択も可能です。また、リアルタイム瞳AFは人物だけでなく、新たに犬や猫などの動物にも対応※12します。加えて、被写体をモニター上でタッチすることで自動でフォーカス追従するタッチトラッキングにも対応しています。

決定的瞬間を捉えるブラックアウトフリー連続撮影

新開発のイメージセンサーにより、『α9』同等の最大60回/秒※1のAF/AE追従の最高20コマ/秒※2のブラックアウトフリー連続撮影※3を実現。撮影中のEVF/液晶モニターへの表示更新を60回/秒の頻度で行うことにより、タイムラグを最大限抑制し、ブラックアウトがない、肉眼で被写体を捉えているような連続撮影が可能です。被写体の動きが早く不規則なスポーツ撮影や表情の変化を一瞬でも見逃したくないポートレート撮影などの本格的な撮影現場において効果を発揮します。

撮れ高の向上を実現する最高90コマ/秒のワンショット連続撮影

1回のシャッターレリーズで90コマ/秒・60コマ/秒・30コマ/秒のいずれかの速度で7枚の静止画を連続撮影することができるワンショット連続撮影機能※8を初搭載。テニスのインパクトの瞬間など、従来の連写速度ではコマ間に落ちてしまうような一瞬を超高密度で捉えることができ、アンチディストーションシャッターによる歪みの少ない撮影が可能です。また、最大画素でRAWでのワンショット撮影にも対応しています。

2. 24-200mmレンズと新開発のイメージセンサー、画像処理エンジンによる高画質の実現

ZEISS®Vario-Sonnar (バリオ・ゾナー) T* 24-200mm※4 F2.8-4.5の広角から望遠までをカバーする高倍率ズームレンズは、12群15枚のレンズを有しながら、8枚の非球面レンズを効果的に配置し、全群をズーム可動させることにより、高解像を実現しながらRX100シリーズのボディサイズに収まる小型化を実現。ソニー独自の高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ4枚と2枚のED(特殊低分散)ガラスで、望遠撮影時に目立ちやすい色収差を良好に補正し、ズーム全域において画面周辺まで高い描写性能を実現します。加えて、200mm※4の望遠端において4.0段※13分の補正効果をもつ高性能の光学式手ブレ補正機能や優れた画像処理アルゴリズムにより、望遠や暗所でも手ブレを抑えて高画質に撮影できます。有効画素数は約2010万画素、また常用ISO感度は100〜12800(拡張ISO感度は64/80)の幅広い感度域に対応しています。加えて、イメージセンサー上のカラーフィルターを刷新することで色再現性が高まり、人物撮影における肌色や、鮮やかな花などを自然な印象で忠実に描写します。

  • ※13:CIPA規格準拠。Pitch/Yaw方向、200mm (画角、35mm判相当)時
3. クリエイターが求める多彩な動画機能を搭載

画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K動画の本体内記録※5に対応。従来機種に比べて動画撮影時のAFの速度・精度・追従性が大幅に向上したほか、像面位相差AFや、RXシリーズで初めて動画撮影時にリアルタイムトラッキングとリアルタイム瞳AF※6を搭載したことにより、シーンチェンジの多い動画撮影においても被写体を追従し続けます。
また、HDに加えて新たに4K動画撮影時のアクティブモードでの手ブレ補正に対応したことにより、従来比最大約8倍※14の手ブレ補正効果で歩きながらの撮影でもブレの少ない映像を撮影できます。そのほか、コンパクトボディを維持したままマイク端子を新たに搭載したことにより、外付けマイクの取り付けが可能になり※15、より音質にこだわった動画制作を実現します。加えて、4K HDR(HLG)※16やS-Log3の他、新たにタイムラプス動画の生成が可能な本体内インターバル撮影機能※17や縦位置で撮影した動画をスマートフォンなどへの転送後も縦のまま動画を再生・編集することができる縦位置情報記録※18に対応し、表現の幅を広げることができます。

  • ※14:ワイド端での手ブレ補正角度(スタンダードモードとの比較)
  • ※15:シューティンググリップキット以外の場合は、マイクの取り付けには別売のアクセサリーが必要です。
  • ※16:HDR(HLG)映像をテレビで表示する場合は、HDR(HLG)対応ソニー製テレビと本機をUSB接続しご覧ください。
  • ※17:インターバル撮影中はWi-Fiは動作しません。
  • ※18:カメラ内での動画再生は横位置になります。お持ちの機器によっては縦位置で表示されない場合があります。
動画作品制作に便利なシューティンググリップキット(DSC-RX100M7G)

『RX100 VII』本体、手元でズームや撮影操作が可能なシューティンググリップ(VCT-SGR1)、マイクなどのアクセサリーを装着することができるアクセサリーシュー対応のブラケットとバッテリーパックをセットにしたシューティンググリップキットを発売します。本体の可動式液晶モニターと組み合わせることで自分撮り、Vlog(ビデオログ)、ハイアングルやローアングルなど、多様なスタイルでの撮影を可能にします。

内容:『RX100 VII』本体、シューティンググリップ(VCT-SGR1)、ブラケット、リチャージャブルバッテリーパック(NP-BX1×2個。(本体同梱分×1個を含む))

別売アクセサリー
ジャケットケース『LCJ-RXK』

装着時も各種端子を使用可能な、RX100シリーズ対応のジャケットケース『LCJ-RXK』を発売します。ケースをカメラ本体に装着した状態で、チルト液晶の角度を変えたり、三脚が使用できる他、充電やマイク端子への接続、Wi-Fi®/NFCを使用したデータ転送※19も行えます。
ブラックとベージュの2色展開で、持ち運びに便利なショルダーストラップを付属しています。

  • ※19:『RX100 II』にケース装着時、NFC接続できない場合があります。

対応機種:『RX100』、『RX100 II』、『RX100 III』、『RX100 IV』、『RX100 V』、『RX100 VI』、『RX100 VII』
発売日:8月30日
メーカー希望小売価格:8,900円+税

<先行展示のお知らせ>

新商品『RX100 VII』をソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、7月27日(土)より展示します。詳細は、以下のURLでご覧いただけます。

主な仕様
<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>

市場推定価格(消費税を含みません)

  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
  • サイバーショット、α、Alpha、Exmor RS、BIONZ X、XAVC Sは、ソニー株式会社の商標です。
  • その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00