商品情報・ストアコンポーネントオーディオSTR-DH530特長
STR-DH530
マルチチャンネルインテグレートアンプ

STR-DH530

商品の特長

フロントハイ・スピーカーを含めた7.1ch再生対応の充実した音場モード

エントリーモデルでありながら、フロントハイ・スピーカーに対応した多彩な音場モードを搭載。これまでのサラウンドバック・スピーカーを使用した7.1ch(サラウンドバック7.1ch)に加えて、フロントハイ・スピーカーを使用した7.1ch(フロントハイ7.1ch)をさまざまな音場で楽しめます(*)。音場モードは、ESシリーズに搭載されている、映画館で聴く臨場感豊かなサラウンド音場をホームシアターで実現するソニー独自の技術「HD-D.C.S.」を搭載。その他、「ホール」「ジャズ・クラブ」、「スタジアム」、「コンサート」、「スポーツ」、「マルチ・ステレオ」などに加えて、ドルビープロロジックIIzなど、さまざまな音場をフロントハイ・スピーカーを使用して楽しめます。

「フロントハイの音場イメージ」
「フロントハイの音場イメージ」
  • * フロントハイとサラウンドバックを同時に使用することはできません

映画館の臨場感豊かな響きを再現する「HD-D.C.S.」に、フロントハイスピーカーを利用し、画面内の高さ感を再現する「フロントハイ」モードを新たに追加。
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)の協力でおこなったダビングシアター「ケリーグラントシアター」の測定データを詳細に解析し、スクリーン内の高さ感を表現している反射音成分を改めて抽出・再現したことで、まさに映画館が持つ高さ感を表現することができました。
ホームシアターではサラウンド側の高さ感は比較的再現しやすいですが、画面側の高さ感の再現はとても難しいものでした。「HD-D.C.S. フロントハイ」は、この画面内の高さ感の表現に成功。スクリーン全体から迫力ある映画サウンドが飛び出してくる音場モードです。
従来の「HD-D.C.S. スタンダード」が「広さ感」を表現する「HD-D.C.S.」だとすると、「HD-D.C.S. フロントハイ」は「高さ感」を表現する「HD-D.C.S.」といえます。

  • ※ 「HD-D.C.S. フロントハイ」は、フロントハイ・スピーカー接続時のみ対応

高音質を実現する「高音質メタルコアモジュール」を採用したパワーアンプを搭載

回路のモジュール化を図った「高音質メタルコアモジュール」は、性能のよい個別部品をアルミ基板にマウントしたフルディスクリート回路であり、当社の上位機種である“ESシリーズ”のAVアンプでも採用している回路構成です。特に、モールドされていないベアチップを搭載したトランジスタは機械的歪みの影響を受けにくく、エントリークラスでありながらダイナミックで抜けの良い、高音質を実現します。

HDMI入力端子4系統搭載、3D映像信号のパススルー伝送とオーディオリターンチャンネル対応

HDMI入力端子を4系統搭載。3D映像信号のパススルー伝送に対応しているので、3Dコンテンツを臨場感豊かなサラウンド音声で楽しめます。また、HDMI接続だけで、テレビからの音声信号を再生できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応しています。

  • *1 テレビが「ARC」に対応している必要があります
    *2 HDMIケーブルは別売りです

〈ブラビア〉の「オーディオ機器コントロール」アプリに連動

〈ブラビア〉の「オーディオ機器コントロール」アプリに連動本機は、ブラビアの「オーディオ機器コントロール」アプリに連動することにより、〈ブラビア〉のリモコンを使ってテレビ画面上で、サウンドフィールドの変更や音質設定、入力切り替えが可能です(*)。従来の「ブラビアリンク」に加えて、「オーディオ機器コントロール」アプリとの連動により、さらに簡単で快適な操作が行えます。

  • * 「オーディオ機器コントロール」アプリ連動は、ブラビアをインターネットに接続し、ブラビアリンクの設定をONにする必要があります
    ※ 「オーディオ機器コントロール」対応製品はこちら

〈ブラビア〉(*)のリモコン1つで簡単・快適に操作できる「ブラビアリンク」に対応

「ブラビアリンク」は、〈ブラビア〉とHDMIケーブルで接続した対応機器を〈ブラビア〉のリモコン1つで、簡単に操作できる機能です。本機と接続した場合、〈ブラビア〉のリモコンのシアターボタンを押すだけで、テレビのスピーカーから本機へ音声が切り換わります。さらに、本機の音量調整や、〈ブラビア〉と本機の一斉電源オフも〈ブラビア〉のリモコンで行えます。

  • * 「ブラビアリンク」対応製品はこちら

他社製品との機器連動が可能(*)

業界標準規格のHDMI機器制御(CEC)に準拠。同規格を採用した他社製テレビやブルーレイ機器などとHDMIケーブルで本機を接続することで、テレビのリモコンで連動操作をすることも可能です(*)。本機が対応しているリンク機能は、システムスタンバイ(電源オフ連動)、システムオーディオコントロール(スピーカー切換、音量調節、消音操作)、ワンタッチプレイ(自動入力切換)です。これらの機能により、快適な操作でお楽しみいただけます。

●システムスタンバイ(電源オフ連動)
テレビ電源をオフにすると、テレビに加え、本機とHDMI接続している機器の電源を一斉にオフにすることが可能です。

●システムオーディオコントロール(スピーカー切換、音量調整、消音操作)
テレビと本機のスピーカーを切り替えることができます。またTVのリモコンで本機の音量調整や消音操作が可能です。

●ワンタッチプレイ
ブルーレイディスクレコーダー等の接続している再生機を操作した時に、本機が適切なHDMI入力に切り替わる機能です。

  • * すべての機器における動作を保証するものではありません。他社製品の独自機能についても、動作保証しかねます

番組情報(EPG情報)に応じて自動でサウンドフィールドを切り替える「オートジャンルセレクター」(*1)搭載

デジタル放送の視聴の際は、「オートジャンルセレクター」により、EPG情報に応じて、サウンドフィールドを自動的に切り替え(*2)、最適なサウンド設定で番組を視聴いただけます。

  • *1 「オートジャンルセレクター」対応製品はこちら
    *2 「オートジャンルセレクター」に対応したサウンドフィールドは、HD-D.C.S.、コンサート、ホール、ジャズ、スポーツ、ステレオ、A.F.D.オートです

フロントハイにも対応したペアマッチング方式自動音場補正機能「D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」搭載

付属の測定マイクロフォンを使うことで、部屋の音響特性を高精度かつ高速に自動で測定・補正できるソニー独自の自動音場補正“D.C.A.C.”がフロントハイ・スピーカーにも対応。測定により、スピーカーの接続確認や、各チャンネルの距離・音量バランス・周波数特性の補正を約30秒で自動的に行い、最適な再生環境を実現します。コンサート会場などで実際に行われる音場測定方法であるマルチポイントマイク測定に近い結果が得られるペアマッチング技術を採用し、室内の広い範囲で自然なサラウンド効果が得られます。

深夜の映画鑑賞も迫力あるサウンドで楽しめる「ナイトモード」

深夜の映画鑑賞時など、音量が小さい状態でも臨場感豊かなサラウンド音声で楽しめる「ナイトモード」を搭載。

「ポータブル・オーディオ・エンハンサー」搭載

ポータブルオーディオ機器を直接繋いで、ホームオーディオ機器で聴くと音の拡がり感が失われたように聞こえますが、それはポータブルオーディオ機器に記録されている圧縮音源が圧縮時に高域信号が失われるためです。
ポータブル・オーディオ・エンハンサーによって、高域音場を補正することにより、ポータブル機器の音源も音場豊かに再現できます。
サウンドフィールドの一つとして、背面のアナログ・ステレオミニ端子を始め、さまざまな入力にてご使用いただけます。

高剛性なホリゾンタルFBエンボスシャーシ

高剛性なホリゾンタルFBエンボスシャーシを採用。シャーシ底面に「U字型断面形状」のエンボスを設けることで剛性を高め、重量のある電源トランスをはじめとする、各パーツを安定して支えます。

高音質無鉛はんだ使用

アンプの音質にも大きな影響を与えるはんだに、オーディオ専用の高音質無鉛はんだを採用。現在一般的に使用されているはんだは環境に配慮した無鉛はんだですが、硬質な音になりがちです。ソニーでは、無鉛はんだに使用する金属材料の微量含有元素に吟味を重ねることで、豊かな質感や自然な音色の再現を可能にしました。

「Dolby TrueHD」「DTS-HD Master Audio」などのロスレス音声フォーマットに対応

FM30局/AM30局プリセットのチューナーを内蔵

日本語表記リモコンを付属