法人のお客様[法人向け] カメラ カメラをリースで利用する5つのメリット
カメラをリースで利用する5つのメリット カメラをリースで利用する5つのメリット

「資金に余裕がないけど、複数台のカメラが必要」「会計上の資産を増やさずに、カメラを導入したい」というときにおすすめなのが「リース契約」です。
法人がカメラを利用する方法として、ソニーでは購入以外に提携リース会社(SFIリーシング株式会社)による 「リース」をご用意しています。リース契約とは、必要な機材などをリース会社が購入して、ユーザーはリース会社に毎月一定のリース料金を支払うことで機器などを借りるしくみです。
このページでは、カメラを所有しなくても利用できる「5つのメリット」について解説します。

初期費用を抑えられる

多額な購入資金は不要で、毎月定額のリース料でソニーのカメラが利用可能に。カメラ導入時、初期の資金流出(キャッシュアウト)を抑制できます。

資金調達の多様化が図れる

カメラ購入の際、手元資金を使いたくない場合は銀行から借り入れするケースもありますが、リースであれば銀行からの借入枠を使用しないため、資金調達力に余裕が生まれます。

資金調達の多様化が図れる

コストの把握が容易になる

新定率法などによる減価償却費の初期負担(トップヘビー)を軽減できます。会計面での費用を平準化し、費用の把握が容易になります。
※中小企業のお客様は、所有権移転外ファイナンスリースを利用される場合、賃貸借処理が可能です
※会計処理につきましては、念のため自社の会計士にご確認ください

コストの把握が容易になる
カメラを5年リースにした場合(法定耐用年数5年想定時)

資産管理・経理事務が軽減できる

機器を購入するのとは異なり、資金調達、償却事務、損害保険付保、資産処分事務などがないので、事務負担が軽く、資産管理の手間も軽減されます。

新しいカメラに入れ替えやすい

リース期間が終了になったら新しいカメラに入れ替え、最新のカメラが利用可能に。機器の陳腐化を防ぐことができます。

新しいカメラに入れ替えやすい
リースの流れ別ウィンドウで開きます

※ SFIリーシング株式会社のホームページに遷移します
※ リース契約は、リース会社の審査によりご希望に沿えない場合がありますので、ご了承ください

導入事例:株式会社デコルテ 様

大手ブライダルスタジオがリース契約と「α法人サポートパック」を駆使し、約80台の社内カメラを全て「α」へ

詳しくはこちら
導入事例:株式会社デコルテ 様

リースや製品、サービスに関するお問い合わせは
以下よりお気軽にご連絡ください

お問い合わせTEL アイコン お問い合わせフォーム アイコン お問い合わせはこちらから

*SFIリーシング株式会社(リース会社)がお客様の希望するカメラやレンズなどの機器を購入し、お客様に長期間賃貸する取引となります