商品情報・ストアヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer”HMZ-T1特長 : 未体験の高純度3D
HMZ-T1
3D対応ヘッドマウントディスプレイ

HMZ-T1

商品の特長 | 未体験の高純度3D

求めたのは立体感の先のリアリティー

人はものを見るとき左目と右目でわずかに異なった像を見ています。これを「視差」と呼び、3D映像はこの視差を利用して再現されています。一般的な3D映像の表示方式には、1枚の画面上で、左目用と右目用の映像を高速に切り替えて表示するフレームシーケンシャル(FS)方式や、左目用、右目用の映像を走査線ごとに、ひとつおきに表示するライン・バイ・ライン(LBL)方式などがあります。FS方式では左右それぞれの映像が混ざり合って二重に見えるクロストークが起きやすく、LBL方式では画素数が半分になり画質が低下します。本機は、左目用と右目用に2枚のHDパネルを搭載し、それぞれに独立した3D映像を表示する「デュアルパネル3D方式」を採用。クロストークがまったく発生せず、3D表示による解像度の低下もありません。また、偏光板やシャッターを必要としないので2D映像と同じ明るさで3D映像を再現できます。この画期的方式から生まれる高純度の3D映像は、従来の3Dが提供する立体感の域を超えて、あたかも映像の世界が目の前に存在するかのような現実感をもたらしてくれます。