Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
トピックス
関連ページリンク
DVCAM
TOPIC ARCHIVES
 カテゴリトップ / 高耐久性 / 低ドロップアウト / 高信頼性
DVCAMテープを家庭用DVテープと比べると、
ドロップアウト数は、それぞれの条件(表中の横軸・縦軸)で1/2以下という結果が得られます。

ドロップアウトが多いとエラーレート(デジタル信号を失う率)が増加し、画像にノイズとなって現れます。
DVCAMテープでは、大きいドロップアウト、小さいドロップアウトともに発生を最小限に押えることで、安定したエラーレートを実現しています。

DVCAMは低ドロップアウトを実現することで、大切な画像をきちんと記録することができるのです。
図は、横軸:小さいドロップアウト(6dB,5μs)が1分あたりに発生する個数を表しています。
    縦軸:大きいドロップアウト(6dB,10μs)が1分あたりに発生する個数を表しています。
※ドロップアウトとは?
テープ表面の突起やゴミ、ホコリの付着物など色々な要因により、テープとヘッドの間にスペーシングロスが生じ、記録・再生時に充分な磁界が得られない為に発生します。
 カテゴリトップ / 高耐久性 / 低ドロップアウト / 高信頼性