ページに関するアンケート
お客様の声

ワイヤレス接続で音楽を楽しむ(Bluetooth®)

対象機種:HT-CT370 / HT-CT260

「Q」Bluetooth®とは?

Bluetooth®とは、ヘッドホンやステレオミニコンポなどのデジタル機器同士で接続を行うための近距離無線技術です。約10mまでの距離で接続を行うことができます。無線技術によって、機器をかばんやポケットにしまったままヘッドホンを使用したり、離れた場所のスピーカーから音を鳴らしたりすることができます。

ウォークマンなどのBluetooth®搭載機器をHT-CT370、HT-CT260とBluetooth®接続してワイヤレスで音楽を楽しめます。

写真は HT-CT370 です。

ペアリング(登録)方法 (初回のみ)

下記の手順で行ってください。

本機の電源を入れ、ペアリング中にする。

下記のいずれかの操作を行ってください。

  • HT-CT370の場合:バースピーカーのPAIRINGボタンを押す。
  • HT-CT260の場合:リモコンのペアリングボタンを押す。またはサウンドバーのBluetoothタッチキーを2秒以上タッチする。

本機のBLUETOOTHランプ(青色)が早く点滅します。

ウォークマンなどのBluetooth®機能を有効にし、ペアリング(登録)モードにする。(機種によっては無い場合もあります)

  • お使いの機器に付属の取扱説明書をご確認ください。

ウォークマンなどのBluetooth®搭載機器で、お使いのホームシアターシステムを検索し、選択する。

ウォークマンなどのBluetooth®搭載機器に、お使いのサウンドバーが以下のように表示されます。
サウンドバーの型名が表示されない場合は、もう一度手順1から操作してください。

  • HT-CT370の場合は[SONY:HT-CT370]
  • HT-CT260の場合は[SONY:HT-CT260]

Bluetooth®搭載機器の画面でパスコードの入力を要求された場合は、「0000」を入力してください。

ペアリングが完了すると、本機のBLUETOOTHランプが点灯します。

Bluetooth®機器の画面にも[接続されました]などのメッセージが表示されます。

ちょっと一言

ウォークマンのペアリング方法は〈こちら〉をご参照ください。

ペアリング済みの機器の音楽を聞く

下記の手順で行ってください。

ちょっと一言

サウンドバーの電源を入れておきます。

本機の電源を入れ、「BT AU」を表示する。

下記のいずれかの操作を行ってください。

  • HT-CT370の場合:バースピーカーのINPUTボタンを繰り返し押す。
  • HT-CT260の場合:リモコンの入力切換 +/−ボタンを押す。または、サウンドバーのINPUTボタンを繰り返し押す。

ウォークマンなどのBluetooth®機能を有効にし、お使いのホームシアターを検索して接続する。

  • Bluetooth®機能や検索方法については、お使いのBluetooth®搭載機器に付属の取扱説明書をご確認ください。

Bluetooth®接続が完了すると、本機のBLUETOOTHランプが点灯(接続完了)します。

ウォークマンなどのBluetooth®搭載機器を操作して音楽を再生する。

  • Bluetooth®搭載機器側を適度な音量にします。
    それでも音量が小さい場合は、本機の音量を調整してください。

Bluetooth®の接続解除

下記のいずれかの操作を行ってください。

  • 本機の電源を切る。
  • ウォークマンなどのBluetooth®機能を無効にする。

ちょっと一言Bluetooth®接続をしないときは

Bluetooth®搭載機器のBluetooth®機能をOFFにした方が電池が持ちます。

以下のような場合、音が途切れたりファイルの送受信に失敗することがありますが故障ではありません。
使用環境を変えてご使用ください。

  • 金属物の近くでBluetooth®接続を行っているとき
  • 無線LANが構築されている場所、電子レンジ、携帯電話、通信機能のある携帯ゲーム機器などを使用中の周辺、またはその他電磁波が発生している場所などでBluetooth®接続を行っているとき
  • Bluetooth®機器の内蔵アンテナ部分が手などでおおわれているとき