本文へ

製品情報>総合サポート>サウンドエンターテインメントプレーヤー Rolly <ローリー>>ソフトウェアダウンロード

サポート・お問い合わせ

サウンドエンターテインメントプレーヤー Rolly <ローリー>

ソフトウェアダウンロード

Rolly Remote 1.0 ダウンロードサービス

サウンドエンターテインメントプレーヤー“Rolly”をご愛用のお客様へ
「Rolly Remote 1.0ダウンロードサービス」のご案内

2009/11/13

平素は、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
サウンドエンターテインメントプレーヤー“Rolly”の楽しみを広げるためソフトウェア「Rolly Remote」のWindows 7対応版「Rolly Remote 1.0」ダウンロードサービスを提供いたします。愛用のお客様にはお手数をお掛けいたしますが、本文の内容をご理解の上、ご利用くださるようお願いします。

■対象の製品

− Rolly

SEP-50BT
SEP-10BT*

* Rolly Remote 1.0の機能については有償アップグレードサービスでSEP-10BTのファームウェアをアップグレードした場合のみご利用になれます。なお、“Rolly”「SEP-10BT」ご愛用のお客様へ有償アップグレードのご案内は2009年6月30日で終了しております。

■製品概要

「Rolly Remote 1.0」をWindows 7でお使いになるためのダウンロードサービスです。

※Windows Vista/Windows XPをお使いで、すでにRolly Remote 1.0をお使いの場合は、新たにインストールする必要はありません。

■対応パソコン

OS:Windows 7 Home Premium/ Windows 7 Professional/ Windows 7 Ultimate/Windows Vista Home Basic/ Windows Vista Home Premium/ Windows Vista Business/ Windows Vista Ultimate / Windows XP Media Center Edition 2005 (Service Pack 2以降)/ Windows XP Media Center Edition 2004 (Service Pack 2以降)/ Windows XP Professional (Service Pack 2以降)/ Windows XP Home Edition (Service Pack 2以降)日本語標準インストールのパソコン

※上記以外のOSは動作保証いたしません。
※Windows XP については、64bit版のOSは動作保証いたしません。

(以下の性能を満たしたIBM PC/AT互換機専用)

-CPU:

Windows 7:Pentium lll 1GHz以上
Windows Vista :Pentium lll 800MHz以上
Windows XP:Pentium lll 450MHz以上

-ハードディスクの空き容量:400MB以上 (1.5GB以上を推奨) の空き容量

(お使いのWindowsのバージョンによってはそれ以上使用する場合があります。また、音楽ファイルを扱うための空き容量がさらに必要です。)

-RAM:

Windows 7: 1GB以上(32ビット版)/ 2GB以上(64ビット版)
Windows Vista:512MB以上 (1GB以上を推奨)
Windows XP:256MB以上 ( 512MB以上を推奨 )

- CD-ROMドライブ(WDMによるデジタル再生機能に対応しているドライブ)

- サウンドボード

- USBポート(USB2.0推奨)

- ディスプレイ:1024×768ピクセル以上、ハイカラー (16ビットカラー) 以上 (256色以下では正しく動作しない場合があります。)

* Bluetoothコントロールモードで本機と接続するには、接続するBluetooth機能搭載のパソコンがSPPプロファイルに対応している必要があります。

ご注意

最低限、上記の動作環境を満たしていることが必要です。ただし、この環境を満たすすべてのパソコンについて、動作を保証するものではありません。また、上記のOS以外のOS、自作パソコン、標準インストールされているOSから他のOSへのアップグレード環境、マルチブート環境、マルチモニタ環境、Macintoshでの動作保証はいたしません。

こちらより“「Rolly Remote 1.0ダウンロードサービス」Rolly Remote 1.0のダウンロード/実行のご案内”をご確認のうえ、「Rolly Remote 1.0ダウンロードサービス」をご利用ください。

次へ進む

ページトップへ