商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

デジタル時代に、一眼レフではなくαが選ばれる5つの理由

カメラグランプリ2016大賞に輝き、数多くのプロカメラマンから
共感と支持を受けたα7R IIは、これまでソニーが追求し続けてきた、
デジタル時代の一眼にふさわしいカメラの姿。
そこには、イメージセンサー、画像処理エンジン、レンズといった、
デジタル時代のコアデバイスをすべて手がけるソニーだからこそ実現できた
α独自のテクノロジーが搭載され、一眼レフとは異なる、
革新的な撮影体験をもたらすことをあなたはご存知でしょうか。

1 圧倒的な解像度と感度が生む、新しい撮影体験

息をのむ質感、隅々まで描写された圧倒的なリアリティー
体験する
Captured by Cem Talu
α7R II「圧倒的なリアリティー」の秘密 高い解像度
イメージセンサーを作るソニーだからこそできる、有効約4240万画素の高解像と最高ISO102400の高感度の両立 高解像と高感度の両立、膨大な情報量の高速読み出しが可能な裏面照射型構造
それだけじゃない!α7シリーズならでは! 解像度を生かす、3つの振動対策 1 ミラーショックの心配がいらない構造 2 シャッターショックを低減する電子先幕シャッター 3 手ブレを徹底的に補正する光学式5軸ボディ内手ブレ補正
暗闇の中でも見える、微弱な光の中でも広がる、脅威の表現力
体験する
α7S II「暗闇にも強い表現力」の秘密 圧倒的な高感度
イメージセンサーを作るソニーだからこそできる、実用性のある最高ISO409600の高感度性能 1画素あたりの回路設計を最適化し、光を取りこむフォトダイオードの受光面積を大幅に拡大
それだけじゃない!一眼レフでは達成できない! 高感度を生かす、3つの特長 1 幅広い感度域での広いダイナミックレンジ特性 2 暗闇でも合焦するオートフォーカス 3 EVFによる低照度下での快適なフレーミング
プロが語る、αの高解像度と高感度の実力
  • 写真家 諸永 恒夫氏のインタビュー記事はこちら
  • 写真家 中西 学氏のインタビュー記事はこちら
  • α7R II 詳しくはこちら
  • α7S II 詳しくはこちら
ページトップへ

2 5軸手ブレ補正が広げる、撮影領域

時間と構図に飛躍的な自由度をもたらす、高い機動性
体験する
α7 IIシリーズ「高い機動性」の秘密 光学式5軸ボディ内手ブレ補正
ボディ内手ブレ補正を作ってきた、ソニーだからこそできる、先進の手ブレ補正機構
α7 IIシリーズならでは! 光学式5軸ボディ内手ブレ補正の3つの強み 1 レンズ内手ブレ補正では難しい、シフトブレと回転ブレも補正可能 2 ボディ内手ブレ補正だから、手ブレ補正非搭載レンズでも手ブレ補正が使える 3 Eマウントの18mmのフランジバックだからこそ、Aマウントレンズを始めさまざまなレンズで手ブレ補正が使える ※ 一部のレンズでは3軸(Pitch/Yaw/Roll)で補正を行います
プロが語る、αの5軸手ブレ補正の実力
  • 写真家 諸永 恒夫氏のインタビュー記事はこちら
  • α7R II 詳しくはこちら
  • α7S II 詳しくはこちら
  • α7 II 詳しくはこちら
ページトップへ

3 瞳AFが変える、ポートレート撮影の常識

高精度な瞳AFが革新を起こす、ポートレートの撮影フロー
体験する
Captured by Cem Talu
撮影フローに革新を起こす「瞳AF」の秘密 撮像素子による高度な画像処理とAF
イメージセンサーに画像処理エンジン、カメラのキーパーツを作るからこそできる、ソニーの「瞳AF」 被写体が動いても、瞳にAF追従可能(α7R II・α7S IIのみ)
一眼レフでは達成できない! 瞳AFを実現する、2つの強み
プロが語る、αの瞳AFの実力
  • 写真家 諸永 恒夫氏のインタビュー記事はこちら
  • α7R II 詳しくはこちら
  • α7S II 詳しくはこちら
  • α7 II 詳しくはこちら
ページトップへ

4 撮影フローに革新をもたらす、電子ビューファインダー

思うがままの作品性を追求可能なファインダー
体験する
Captured by Gary Fong
例えば「顔認識機能」を使用した場合、顔を検出した瞬間、顔に最適な露出や色味に調整し、リアルタイムにファインダー・背面液晶に反映します。
「作品性の追求」をサポートできる秘密 撮影結果の忠実なシミュレーション
ファインダーでも、背面液晶でも! 光学ファインダーでは再現できない、ぼけ、明るさ、色味を忠実に再現
α7 IIシリーズならでは! 電子ビューファインダーで刷新される、撮影フロー
プロが語る、電子ビューファインダーによる撮影フローの革新
  • 写真家 諸永 恒夫氏のインタビュー記事はこちら
  • 写真家 中西 学氏のインタビュー記事はこちら
  • α7R II 詳しくはこちら
  • α7S II 詳しくはこちら
  • α7 II 詳しくはこちら
ページトップへ

5 小型・軽量なシステム構成

機動性の向上により広がる、撮影フィールド
α7 II 約556g* / 一般的な一眼レフカメラ(※α900相当) 約850g* * バッテリーとメモリーカードの質量は除く
「機動性を向上させる筐体」の秘密 ミラーレス構造とソニー独自の小型化技術
α7 IIシリーズならでは! 小型・軽量を実現するテクノロジー 1 ミラーレス構造の採用 α7 IIシリーズ ミラーや焦点板を取り除くことで大幅に薄型化 / 一眼レフカメラ 光学ファインダーやAFセンサーに光を届けるためのミラー群が小型化のネックに 2 ソニー独自の小型・軽量化技術 ウォークマン、ハンディカム、サイバーショットなど、ソニーが培ってきた小型・軽量化の技術を最大限投入。コンマ数mm単位で最適設計を実施。
プロが語る、αの小型・軽量システムのメリット
  • 写真家 諸永 恒夫氏のインタビュー記事はこちら
  • 写真家 中西 学氏のインタビュー記事はこちら
  • α7R II 詳しくはこちら
  • α7S II 詳しくはこちら
  • α7 II 詳しくはこちら
ページトップへ

さまざまな撮影に対応できるαシリーズラインアップ

α7R II / α7S II / α7 II 性能比較表
ページトップへ
本サイトに掲載されている文章、画像、映像、情報等を許可なく複製、加工することはできません。
他のウェブサイトへの転載や公衆送信などの行為はお断りしています。
アンケートのお願い
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ