本文へ

法人のお客様>ビデオ会議システム>サポート・お問い合わせ>ソフトウェアダウンロード>PCS-XC1バージョンアップソフトウェア

ソフトウェアダウンロード

PCS-XC1 バージョンアップソフトダウンロード
対象機種 PCS-XC1
最新バージョン
Ver.1.31 バージョンアップ履歴はこちら
改善内容
Webページの番号入力欄の最大文字数を32文字から39文字に拡張しました。
パスワードに入力できる桁数を39桁に拡張しました。
ワコム製ペンタブレット「CTL-490 」をペンタブレット用のワイヤレスキット「ACK-40401」で使用すると、正常に動作しない問題を改善しました。
「音声入力」を「MIC+AUX」に設定するとエコーキャンセラーが無効となる問題を改善しました。
HDMI IN (PC)端子にPCを接続すると本体が操作不能となることがある問題を改善しました。
パスワードに一部の記号「“」(ダブルクォーテーション)、「$」(ドル)、「`」(バッククォート)を使って登録すると同じパスワードを入力しても、Webアクセスできないことがある問題を改善しました。
多地点接続時に親機からのDTMF送信が多重に実行され、DTMFによる操作が正しく実行されない問題を改善しました。
事前に親機からカスケード接続となるような接続を試み、キャンセルした後に、カスケードでない多地点接続を行っても、分割画面表示設定にもかかわらず全画面表示となることがある問題を改善しました。
USB音声機器としてのヤマハ製「YVC-1000」からの音声レベルを、PCS-A1マイクを利用して「マイク収音範囲・音質」設定を「広範囲・クリア」での音声レベルと同程度にし、接続性を向上しました。





USBメモリーを利用したバージョンアップの場合
512MB以上の空のUSB(Ver2.0)メモリー
USBメモリー対応のパソコン
パソコンでWebを利用したバージョンアップの場合
パソコン
(Windows(R)7 またはWindows Vista(R)のパソコンを御用意ください。)
【ストリーミング機能をご利用のお客様へ】
  1. Ver1.30から「ストリーミング」機能が削除されました。
  2. Ver1.30以降にバージョンアップすると「ストリーミング」機能はご利用できなくなります。
    詳しくはこちら
ソフトウェア使用許諾書
本ソフトウェアをご使用いただく前に下記「ソフトウェア使用許諾書」をあらかじめお読み下さい。ダウンロードを開始されたことをもって、「ソフトウェア使用許諾契約書」にご同意いただいたものとします。
ソフトウェアダウンロード

【バージョンアップ時のご注意】
現在のソフトウェアバージョンが「Ver1.02」「Ver1.11」の場合、必ず一度「Ver.1.22」にアップデートを実施し、あらためて本バージョン(Ver.1.31) へアップデートしてください。

下記の2つの方法でバージョンアップが行えます。
ご希望の方法のソフトウェアをダウンロードしてください。
※ USBメモリーを用いてバージョンアップを行う場合、必ずUSBメモリーには1つのバージョンアップソフトウェアのみ保存し、2つ以上のバージョンアップソフトを保存しないでください。
※ バージョンアップ作業は、およそ10分かかります。
バージョンアップ作業は絶対に途中で止めないでください。
また、途中で電源が落ちたりしないよう細心のご注意をお願いします。
USBメモリーを利用したバージョンアップ
現在のソウフトウェアが「Ver.1.02」「Ver.1.11」のお客様用はこちら
Ver.1.22にアップデート後、あらためてVer.1.31へアップデートください
ソフトウェア(Ver.1.22)のダウンロード
Ver.1.22のダウンロード
現在のソウフトウェアがVer.1.12以上のお客様用はこちら
ソフトウェア(Ver.1.31)のダウンロード
Ver.1.31のダウンロード
USBメモリーのバージョンアップ方法
パソコンでWebを利用したバージョンアップ
現在のソウフトウェアが「Ver.1.02」「Ver.1.11」のお客様用はこちら
Ver.1.22にアップデート後、あらためてVer.1.31へアップデートください
ソフトウェア(Ver1.22)のダウンロード
Ver.1.22のダウンロード
現在のソウフトウェアがVer.1.12以上のお客様用はこちら
ソフトウェア(Ver.1.31)のダウンロード
Ver.1.31のダウンロード
パソコンのバージョンアップ方法
ページトップへ