業務用オーディオ
SMAD-P3D
シューマウントアダプター

SMAD-P3D

商品の特長

・URX-P03DをMIシュー対応のカメラに取り付けることができます。
・ポータブルチューナーの音声出力をカメラに送ることができ、ケーブルを省略できます。
・ポータブルチューナーの設定により、カメラからポータブルチューナーへ電源を供給することが可能です。
・ポータブルチューナーに電池が装着されていない場合は、自動的にカメラからの電源供給に切り替わります。このとき、カメラと連動してポータブルチューナーの電源をオン/オフできます。

SMAD-P3DとURX-P03Dの組み合わせで運用が可能なカメラは、以下の機種となります。
・XDCAMカムコーダー:PXW-X70、PXW-X160、PXW-X180、PXW-X200(*1)、PXW-Z150(*2)(*3)、PXW-FS7、PXW-FS5(*3)、PXW-FS5K(*3)
・NXCAMカムコーダー:HXR-NX100(*3)、HXR-NX5R(*2)(*3)、HXR-MC2500
・デジタルビデオカメラ Handycam:FDR-AX100(*4)、NEX-VG900(*4)& NEX-VG30(*4)
・デジタル一眼カメラα(アルファ):α7(*4)、α7R(*4)、α7S(*4)、α99(*4)、α7 MarkII(*4)、α7R MarkII(*4)、α7S MarkII(*4)、α6000(*4) 、α6300(*4)
・デジタルスチルカメラ Cyber-shot:DSC-RX10(*4)、DSC-RX10M2(*4)、DSC-RX10M3(*4)

  • *1 PXW-X200のファームウェアはVer.2.00以上にアップデートされている必要があります
    *2 HXR-NX5RをAC電源にてご使用の場合は、カメラにバッテリーを装着してお使いください。バッテリーが付いていない状態でAC電源にてご使用の際は、電源供給機能及びON/OFF連動機能は動作保証していません。受信機に新しい単3形アルカリ電池を装着し、電源選択メニュー(PWR SOURCE)をBATT ONLYモードにしてご使用ください。その他のモードでは、ご使用状態によってはカメラの電源がOFFになり、データが損なわれる場合があります
  • *3 これらのモデルにおいて、外部入力とSMAD-P3Dからのマルチインターフェースシュー(以下、MI SHOE)入力を同時に記録する場合は、次の音声入力設定を推奨します
      ・CH1にINPUT1を、CH2にMI SHOEを設定(CH2にはURX-P03DのOUTPUT2の音声が記録されます)
      ・CH1にMI SHOEを、CH2にINPUT2を設定(CH1にはURX-P03DのOUTPUT1の音声が記録されます)
    一方、次の設定を行う場合は記録される音声にご注意ください
      ・CH1にMI SHOEを、CH2にINPUT1を設定(CH1にはURX-P03DのOUTPUT2の音声が記録されます)
    *4 これらのモデルでご使用の際は、電源供給機能及びON/OFF連動機能は動作保証しておりません。受信機に新しい単3形アルカリ電池を装着し、受信機の電源選択メニュー(PWR SOURCE)は、BATT ONLYモードにしてご使用ください。その他のモードでは、ご使用状態によってはカメラの電源がOFFになり、データが損なわれる場合があります
    ※ 2016年9月現在

消費電流:8mA以下
出力インピーダンス:1kΩ以下
動作温度:0 - 50℃
保存温度:−20 - +55℃
外形寸法(幅×高さ×奥行):約68×60×55mm
重量:約36g(端子保護キャップを除く)