業務用オーディオ
UWP-D11
ワイヤレスマイクロホンパッケージ

UWP-D11

商品の特長

ボディーパックトランスミッターとポータブルダイバーシティーチューナーとのパッケージモデルです。免許不要のB型規格を採用し、単体あるいは小型カムコーダーとの組み合わせにより、機動性のある音声収録が可能です。

DSPを搭載しデジタルコンパンダー処理を実施。モード切替によって、ソニーの800シリーズ、従来のUWPシリーズとも交信(他機種への送信、および他機種からの受信)が可能です。

ラベリアマイクはUWP-V1の高音質マイクを、チューナーの受信方式には、トゥルーダイバーシティー方式を採用し、送信出力の切替(10mW/2mW)も含めて、優れた機能を継承しています。

ボディーパックトランスミッターには、MIC/LINE切替がついているので、付属の変換ケーブルを使えば、オーディオ機器の出力をインプットできます。

ボディーパックトランスミッターには、位相切替機能があり、逆相のマイクに対応しています。

データ表示部は、従来の機器に対し面積比を2倍にして、視認性を高めました。

ポータブルチューナーには、空きチャンネルを探すクリアチャンネルスキャン、使用チャンネルを探すアクティブチャンネルスキャンがあり、現場での電波状況を把握して、希望のチャンネルにセットできます。

ポータブルチューナーで設定した周波数とコンパンダーモードを、赤外線送受機能でトランスミッターに送り、短時間でチャンネル設定が完了します。

電池は、アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池、リチウム電池の3種類が使用可能です。また、このトランスミッター/チューナーにセットされたニッケル水素充電池を、市販のUSBポータブル電源から充電することができます。(USBマイクロBタイプ)
さらに送受信機ともに、USB給電にてシステムの運用が可能です。

(1)送受信機に搭載されたニッケル水素充電池を市販のUSBポータブル電源で充電する場合、送受信機の電源をOFFに設定してください。
(2)ボディーパックトランスミッターをMIC入力で使う場合、ラベリアマイク用に5Vの電圧がかかりますので、有線マイクなどを接続する時は付属の専用変換ケーブルをご使用ください。
(3)赤外線送信機能にてチャンネルを設定する場合、送受信機は約20cm以内に近づけてください。
(4)DWZシリーズのボディーパックトランスミッター用ベルトクリップが、この送信機にも同様に使えます。ご使用になる場合は、ベルトクリップ(部品番号:4-443-026-01)とベルトクリップ固定ネジ(部品番号:7-682-545-04)をパーツでお求めください。

カタログPDFダウンロード