Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
トピックス

「“SxS-1”メモリーカード ソフトウエアアップデート」受付窓口の変更のおしらせ

本アップデートは、2010年9月30日にご案内の『”SxS-1”メモリーカードの拡張機能』のアップグレードサービス開始にともない、受付窓口を以下の通り変更させていただきます。
・旧受付窓口:プロメディア営業部、東日本営業所、西日本営業所
・新受付窓口:ソニー業務用商品相談窓口
なお、本アップデートの内容とあわせて『”SxS-1”メモリーカードの拡張機能』のアップグレード作業を行います(アップグレード後も現在ご使用の機器でそのままご使用になれます)。 対象製造番号のSBS-32G1でまだアップデートをされていない場合は、こちらをご確認の上、ソニー業務用商品相談窓口までお問い合わせください。(2010年9月30日更新)

 

2010年9月30日更新
2010年8月3日

ソニー株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社

 

“SxS-1”メモリーカード ソフトウェアアップデートのお知らせ

平素は、ソニー製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

弊社製記録メディア “SxS-1”メモリーカード「SBS-32G1」におきまして下記のソフトウェアのアップデートをご案内いたします。
つきましては以下の説明をご確認いただき、お客様にはお手数お掛け致しますが、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
引き続き弊社製品をご愛顧いただけるよう、お願い申し上げます。

 

【記】

【対象製品】
対象製品型名:SBS-32G1
対象製造番号:側面の8桁英数字が「7」から始まるもの
ご確認方法:右図を参照ください。

ただし、以下の製造番号の製品は本アップデートの必要はございません。

7DFH1106-7DFH1460 7DFJ1001-7DFJ1390
7DFK1001-7DFK1310 7DFM1001-7DFM1311
7DF81041-7DF81290 7DF91116-7DF91160
7DF91171-7DF91175 7DF91186-7DF91190
7DFA1131-7DFA1135  

また、SxS PRO(製品型名:SBP-8, SBP-16, SBP-32)に関しましては、本アップデートの必要はございません。

【アップデート内容】

“SxS-1”メモリーカードで録画の際、“メディアエラー発生”のメッセージが出て録画できなくなることの症状の改善。

*アップデートされるまでの暫定的な対処方法

本症状が発生した場合にはメディアをいったん抜いてから再挿入し、XDCAM EX機器の表示にしたがって操作を行ってください。再度ご利用になれます。

 

【アップデートの方法】

アップデートの作業につきましては弊社にて8月4日(水)より下記のプロメディア営業部各営業所にお問い合わせいただき、持ち込み修理または引き取り修理により対応させていただきます。ソフトウエアのアップデートを行いますと記録されていたデータは消去されますので、お客様にて事前にデータのバックアップをとっていただきますようお願いいたします。なお、お問い合わせの際に製品型名と製造番号を確認させていだきます。

 

【お問い合わせ先】(更新)

ソニー業務用商品相談窓口ページリンク

 

<個人情報取扱に関して>
上記窓口にてお客様からご提供いただく氏名、住所、電話番号などの個人情報は、本件のお問い合わせ、無償修理およびアフターサービスのためにのみ、ソニー株式会社、ソニービジネスソリューション株式会社、ソニーイーエムシーエス株式会社の三社(以下「ソニー」)にて共同で利用させていただきます。また、一部の作業を他の事業者に委託する場合、当該委託先に対してお客様の個人情報の提供が必要になったときには、当該委託先にお客様の個人情報を提供することがありますが、使用・保管・廃棄についてはソニーと同様に管理を徹底させます。
なお、お客様からご提供いただく個人情報の管理責任者はソニー株式会社となります。
その他、ソニーの個人情報保護に関する方針・取り扱い内容につきましては、「ソニーグループ・プライバシーポリシー」および「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご参照ください。

*このたびご提供いただくお客様の個人情報について、照会、修正、消去、または利用停止を希望される場合は、上記窓口にご連絡ください。(消去及び利用停止を行なった場合は、利用目的に基づく対応ができない場合がございます。)