メインビジュアル

プロランニングアドバイザー 真鍋未央 × MDR-XB50BS

音楽が走る楽しさを加速させる

テレビや雑誌、イベントなどを通じて、日本中に「走る楽しさ」を伝える活動を続けてきたランニングアドバイザー真鍋未央さん。彼女が伝えたいランニングの喜びとは? そしてそのために音楽ができることとは? ソニーのワイヤレスヘッドホン「MDR‐XB50BS」を試して感じた驚きについても語っていただきました。

「音楽」と「運動」は深いところで結びついている

--まずは「ランニングアドバイザー」というお仕事について教えてください。

真鍋さん:ランニングアドバイザーとは、“ランニングを楽しむこと”を伝える仕事です。ランニングに興味があるんだけど、何から始めればいいのか分からないという人に、基礎から教えることで、楽しく、そして安全に走ってもらうのが目的ですね。

画像01

--真鍋さんは、ランニングをする時に音楽をお聴きになっていますか?

真鍋さん:はい。特に長い距離を走るときには音楽が欠かせません。モチベーションの持続や気分転換、リズム作りなど、ランニングと音楽の相性はとても良いんですよ。私の周りのランナーでも音楽を聴きながら走る人が多いです。

--真鍋さんは走るときにどんな曲を聴いているんですか?

今はアメリカのオルタナティブロックバンド「A R I Z O N A」にハマっていて、アルバムをヘビーローテーションしているんですが、普段はストリーミングサービスをずっとかけっぱなしにしています。バラードが聴きたいなと思った時は、バラード特集を選んで、みたいな感じです。
高校生の頃、走りながら聴いていた曲が流れてきて、当時目にしていた風景を思い出したなんてこともありました。やっぱり音楽と運動って深いところで結びついているのかもしれませんね。

--音楽を聴きながら走るときのコツのようなものはありますか?

真鍋さん:コツというほどのものではないのですが、最初はテンポのゆっくり目の曲を聴きながら走りだすと疲れにくいと思います。そこから徐々にテンポの早い曲に切り替えていくと、無理なくスピードアップしていけるはずです。ランニング用のプレイリストを作っておくのもおすすめです。

画像02

--注意すべき点はありますか?

真鍋さん:音量の上げすぎには気をつけてください。自分の世界に入り込みたいという気持ちは分かるのですが、ランニングを安全に楽しむためにも、周りの音が聞こえるくらいの音量が最適です。

XB50BSはランナーのためのワイヤレスヘッドホン

--「MDR‐XB50BS」を使った感想を聞かせてください。真鍋さんはこれまでワイヤレスヘッドホンを使われたことがありますか?

真鍋さん:はい。かなり前からワイヤレスヘッドホンを愛用しています。ケーブルがあるヘッドホンは、走っている最中に腕などにケーブルがあたるのがどうしても気になってしまうんですよね。今ではもうワイヤレス以外の選択肢は考えられません。

XB50BSは、左右のイヤホンの間のケーブルが跳ねたり、絡んだりしないのが良かったです。

画像03

--フィット感はいかがですか?

真鍋さん:中の締め付けがソフトで走っていても気になりませんし、外側のアーム(アークサポーター)でしっかり支えてくれているので安心ですね。実は、以前、走っている最中にワイヤレスヘッドホンを落として壊してしまったことがあるんですが(笑)、XB50BSならそういったことは起きなさそうですね。

画像04

--音質についてはいかがでしょう? 「MDR‐XB50BS」は、特に低音のクオリティに自信があります。

真鍋さん:確かに私がこれまで使っていたワイヤレスヘッドホンと比べて、明らかに低音が良くでていますね。とても迫力があります。先ほど、音量を上げすぎないようにしてほしいと言いましたが、これなら音量を大きく上げなくても音楽を楽しめそうです。

--「MDR‐XB50BS」は、防滴対応*1となっています。こうした防滴機能はランニングに役立ちますか?

*1 JIS防水保護等級IPX4相当

真鍋さん:これまでは雨が降りそうな時は、音楽を聴きながら走るのを諦めていたのですが、XB50BSなら突然雨に降られても大丈夫そう。あと、これからの季節は汗をかきやすいので、その点でも安心ですね。

--デザインについてはどう感じられましたか?

真鍋さん:レッドとか、ブルーとか、普通のヘッドホンではあまり見かけない色ですよね。でも、私はスポーツを楽しむときには、気分を高揚させるためにも、あえて派手な色のアイテムを選んでみることをおすすめしています。

画像05

ウェアは地味にまとめたとしても、目立つカラーリングの靴やリストバンドを差し色にするだけでだいぶ気分が変わりますよ。XB50BSもそういった使い方ができると思いました。

--ほか、気に入ったところがありましたら教えてください。

真鍋さん:バッテリーが最大8.5時間も持つ(連続音楽再生時)のがうれしいですね。基本的には毎日こまめに充電しているのですが、地方のイベントに出かけるときなどは片道数時間かかることもざら。XB50BSならそうしたランニング以外の移動時などにもたっぷり長時間使えるんですよね。

――ちなみに上位モデルの「MDR‐XB80BS」は、防水対応*2なので汗をかいたり汚れたりしても水洗いが可能です。またフレキシブルイヤーフックによって、さらなる装着安定性を実現しています。

*2 JIS防水保護等級IPX5相当

真鍋さん: さらにしっかり固定されている感じがします。これなら本気でスピードを出しても、落っことしてしまう不安がありませんね!

--最後に、これからランニングを始めようと思っている人たちにメッセージをお願いします。

真鍋さん:ランニングというと皆さん、キツくて苦しいというイメージをお持ちでしょうが、まずは毎日30分、休みながら走ってみるところから始めてみませんか? お気に入りの音楽を聴きながら、苦しくならない程度に走ってみるだけでも充分にランニングの楽しさは味わえます。最初は早歩きくらいでもかまいません。根気よく続けていけば、いつの間にか速度も上がり、休む時間も減っていくはず。何歳になっても楽しめる、一生続けられる趣味として、ぜひランニングにチャレンジしてみてください!

画像06

ワイヤレスステレオヘッドセット MDR-XB50BS

スポーツシーンに音楽を。重低音の小型・防滴タイプ

MDR-XB50BS

  • ◆汗や水しぶき、雨などからヘッドホンを守る防滴性能
  • ◆高い装着性
  • ◆EXTRA BASS™ sound搭載
Copyright Sony Corporation,Sony Marketing Inc.