法人のお客様業務用ディスプレイ・テレビ[法人向け] ブラビア 4K ブラビアによる最先端のおもてなしをタブレット端末による操作でIoTを実現
  • ブラビア法人様向けご相談窓口 0120-67-6699

4Kブラビアによる最先端のおもてなしをタブレット端末による操作でIOTを実現 4Kブラビアによる最先端のおもてなしをタブレット端末による操作でIOTを実現

週刊ホテルレストラン2019年7月26日号より転載
※ 掲載されておりますサービス内容などは、掲載日または更新日時点のものです

ホテルに向けてミライトが提案している「ee-TaB*(イータブ・プラス)」は、タブレットを客室に配置することで宿泊客にさまざまなインフォメーションを提供する情報配信端末。導入後は情報を常にアップデート、各種のアプリケーションを通じて付加価値機能を拡張することができる。そして 2019 年5月から、ミライトとソニーマーケティングがコラボレーションすることで、「イータブ・プラス」と4K テレビ「BRAVIA(ブラビア)」が連携したパッケージサービスがホテルの客室向けに販売されている。

導入事例 株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント様 施設の混雑状況のリアルタイム配信による満足度向上

4K放送を旅先で視聴できるのはもちろん、
大画面でスマホコンテンツも楽しめる

「将来的に4Kテレビは『その場にいながら体験できる』という役割を果たしていくことになると思います。すべてのお客さまがそうした体験を気軽に楽しめる空間を、タブレットを通じて創っていきます」と言うミライトの太田信彦氏

ミライトのタブレット端末「イータブ・プラス」を客室のIoT化として導入すれば、照明やカーテン、エアコンのコントロールができる。それに加えて、ソニーの4Kテレビ「ブラビア」についても電源のオン/オフ、チャンネルの切り替えといった基本操作はもちろん、最先端のテレビとして備えている多種多様な機能をタブレットを使って簡単にコントロールできるようになる。

最近はテレビの役割として、インターネット動画の視聴が大きなニーズを形成している。「イータブ・プラス」の多言語の画面にはYouTubeやNetflixなどのボタンもあらかじめ用意されていることから、世界各国から訪れるお客さまが誰でも感覚的に「ブラビア」の画面でインターネット動画を視聴できる。「今回のパッケージでは『シーンに合わせた操作』を強調して訴求しています」と(株)ミライトソリューション事業本部ee-TaB*担当の太田信彦氏は言う。「例えば『おやすみ』のボタンを押すと、照明を暗くしながらテレビの電源をオフにするといった、就寝シーンに合わせた動作を実現するのです」

基本となる4K放送の視聴に加えて、Miracast、Airplay2(*)、Chromecastを通じて、スマートフォンの画面を「ブラビア」にキャストして、美しい大画面でスマホコンテンツを楽しむ機能も重要だ。特に長期滞在のインバウンドのお客さまを想定したとき、このニーズに対応できる「ブラビア」の付加価値は大きなポイントとなる。「最新のマーケットニーズにしっかりとアプローチできるパッケージとして、『イータブ・プラス』と『ブラビア』の組み合わせを提案していきます」とソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ(株)TV事業部B2B事業推進室の藤尾諭氏は言う。「最先端のおもてなしを提供する『ブラビア』の機能について、すべての操作を『イータブ・プラス』の画面を通じてできる点が、今回の最大の訴求ポイントと言えます」

*2019年内にソフトウエアアップデートにて対応予定。A9G/BZ、X9500G/BZ、X8550G/BZ、X8500G/BZシリーズにて対応。

ホテルの客室全体を簡単に操作できる「イータブ・プラス」のインターフェース

基本機能に加えて、ホテルが求める
個別のカスタマイズも可能

世の中が4K時代を迎え、さらにこれから8K時代に向かっていく中、さらに2020年からスタートする高速回線の5Gがデジタル社会の背景を大きく進化させることになる。5Gの整備によって、リアルタイムな配信を4Kの美しい画面で楽しむことができる世界がまもなく実現するのだ。例えば東京のホテルの客室にいながら、宮古島やハワイにいる相手とまるで現地の風景の中に入り込んだ感覚でコミュニケーションできるようになる。

スマートフォンの小さな画面ではなく、「イータブ・プラス」と連携した「ブラビア」の画面が大きな窓として機能することで、リアルな風景の中、多人数とコミュニケーションできるようになる。例えばこうした新しいデジタル空間をホテルの中に誕生させることが、「イータブ・プラス×ブラビア」の融合によってもたらされる一つのゴールと言えるだろう。

「今回のパッケージが提供するコンテンツがホテルにおいて進化していくのか、その具体的な道筋はまだ分かりませんが、4K/8Kと5Gによって新しいおもてなしの形を実現できるようになることは確かです」と藤尾氏は予測する。「いずれにしても高速回線時代の要請に応えられるタブレットやディスプレイを客室に備えていくことは、ホテルにとって必要不可欠な要素となるはずです」「イータブ・プラス」に搭載される基本的な機能はパッケージ化された形で提案されるが、ホテルから寄せられる個別の要望に合わせてカスタマイズを施すことも可能となっている。タブレットの最初の画面に出てくるインターフェースの構成は共通だが、そこから中に入っていくとホテルごとの特徴が反映されたコンテンツがお客さまをおもてなしすることになる。

「宿泊特化型のホテルの場合、例えば『タクシー呼び出し』といったお客さまが直接的に活用できる機能を求められるケースが多く見られます」と太田氏は言う。「広大な敷地に建つリゾートホテルからは、季節ごとに変わるイベントの紹介や敷地内に点在するレストランマップなどのコンテンツの制作を求められます」

価格面でもホテルの進化を後押しできる、
最適なパッケージとして訴求していく

「特に必要な『ブラビア』の機能にアクセスするボタンを、ホテルのインフォメーションとともに『イータブ・プラス』の画面に載せることが大切だと考えています」と言うソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツの藤尾諭氏

お客さまに向けたサービスに限らず、ホテルのシステムとタブレットを連携させることで、「イータブ・プラス」はホテルスタッフのオペレーションをサポートするツールとしても使うことができる。チェックアウト後には客室清掃のスタッフ向けの機能として、タブレットが清掃管理モードに切り替わる。この画面についてはWEB上で動作するため、ホテルのバックヤードのPCなどから現在の客室清掃の状況をリアルタイムに確認することもできる。

アッパーカテゴリーのホテルを中心に、照明やカーテン、エアコンなどを制御するIoTによるおもてなしの追求が始まっている中、その導入の検討にあたってどうしても価格という課題が出てくることになる。「導入はしたいが、価格的に難しい」という悩みを多くのホテルが抱えているが、今回のパッケージはその悩みを少しでも解消し、導入を後押しできるよう努めている。

「私たちのパッケージはIoTによるおもてなしの導入を検討しているホテルにとって最適な仕組みであると自負しています」と太田氏は言う。人々がスマートフォンという個の端末を持って世界中を旅する時代において、スマートフォンで普段楽しんでいるコンテンツを客室でも楽しめる環境を整えることはホテルにとって重要なポイントだ。お客さまが楽しみたいコンテンツを、「イータブ・プラス×ブラビア」によってさらに一歩進んだ環境で楽しんでいただける客室の創造は、ホテルのファンづくりにつながる貴重な要素となるだろう。

「イータブ・プラス×ブラビア」のコラボレーションが、時代のニーズを反映した客室を創造する

ホテルでの使用について迷ったら

「イベント時にも活用できないかな?」

「外国からのお客様が多いんだけど…」

「どんな壁でも壁掛けできるの?」

ご購入に関する相談は
「法人のお客様向け購入相談デスク」

受付時間:月〜金 10:00〜18:00/土・日・祝日 休み

※ 携帯電話・PHS/一部のIP電話などで
ご利用になれない場合がございます

商品情報や仕様のお問い合わせは
「ブラビア法人様向け相談窓口」

受付時間:月〜金 10:00〜18:00/土・日・祝日 休み

※ 携帯電話・PHS・一部のIP電話などで
ご利用になれない場合
050-3754-9774

資料のご請求

業務用ディスプレイやテレビに関する
資料や参考見積を“無料”でお届けします。