商品情報・ストアサイバーショットDSC-TX5特長 : CMOSセンサー“Exmor R”
DSC-TX5
デジタルスチルカメラ

DSC-TX5

商品の特長 | CMOSセンサー“Exmor R”

従来比約2倍(*)の高感度を実現。裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”

ソニー独自開発の有効1020万画素、1/2.4型CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”を搭載。CMOSセンサーへの入射光を効率よく利用できる「裏面照射技術」を採用することで、従来モデルに比べ感度が約2倍(*)アップし、ノイズを約1/2に低減します。これにより、夜景や室内などの暗いシーンでも、ノイズが少なく、なめらかで美しい写真を撮影できます。

CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”
CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”
  • * 同画素以上、同サイズの撮像素子(CCD/CMOSセンサー)を搭載した機種との比較

CMOSセンサーが、従来にない「ハイスピード」と「低ノイズ」を実現

従来のイメージセンサーCCDとは、しくみから根本的に違うCMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”。CCDもCMOSセンサーも、レンズからの光をフォトダイオードで電気(電荷)に変換するのは同じですが、CCDの場合、フォトダイオードが変換した電気そのものを電荷転送路で垂直および水平方向につぎつぎに転送して出力します。それに対してCMOSセンサーは、電気(電荷)をその場で増幅して信号化し、一気に出力します。電気(電荷)そのものをバケツリレーのように転送するCCDに比べて、電気の量を信号として伝えるCMOSセンサーのほうが、読みだし速度を高速にできます。

CMOSセンサー内に、AD変換を行う「オンチップ・カラムAD変換」と「デュアルノイズリダクション」を内蔵することで、従来のアナログ処理で起こるノイズ混入もなく、低ノイズのデジタル信号を画像処理エンジンに出力できます。これにより、いっそうの高速読みだしとともに、徹底した低ノイズ化を実現しています。

高性能CMOSセンサーとの連携で、より美しく高速に。画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」

CMOSセンサーからの映像信号を高速処理し、高解像度かつ高品位な画像データを生成する、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」。解像感・色再現性・階調再現・低ノイズを高次元で達成し、美しく深みのある画像を再現します。また、「BIONZ」の高速演算処理と、CMOSセンサー“Exmor R”の高速読みだしのリレーションによって、秒間10コマの高速連写を実現。さらに、高速連写した6枚の画像を1枚に合成してノイズを低減する撮影モードなど、従来にない撮影機能の搭載を可能にしています。

最大画像サイズ(10M)&メカニカルシャッターで、秒間10コマの高速連写

CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”と画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」の搭載によって、最大画像サイズ(10M)で秒間最大10コマの高速連写を実現(*1)。さらに、メカニカルシャッターを使用した連写のため、高速で動く被写体を撮影する際でも、一般的な電子シャッター方式で起こる「ゆがみ」が発生しません。また、再生時は連写画像が自動的にグループ表示されるので、画像の確認が容易です。さらに、連写画像を解析してベストピクチャー(*2)を選択し、グループの代表画像として表示することが可能です。

  • *1 撮影後、記録終了までに時間がかかります。撮影状況によって撮影の間隔が長くなることがあります
    *2 被写体が人物以外のときは先頭の1枚がベストピクチャーになります

見たままの光景を、より自然に再現できる。「逆光補正HDR(エッチディーアール)」

1回のシャッターボタンで露出の異なる2枚の画像を連続撮影。その2枚をカメラ内ですばやく自動合成しながら、場所ごとに最適な階調表現を行い、1枚の写真を生成します。これにより、白とびや黒つぶれの発生を抑え、暗い領域をより鮮明に、明るい領域の階調もしっかりと表現。失敗しやすい逆光シーンでも、見ための印象に近い、自然な画像が残せます。

暗いところが約4倍(*1)キレイに撮れる。「手持ち夜景モード」

CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”の搭載によって、従来比約2倍の感度でノイズを約1/2に低減。これに加え、「手持ち夜景モード」を選択すれば、さらに、ノイズを約1/2に低減し、夜景を約4倍キレイに撮影できます。「手持ち夜景モード」では、CMOSセンサー“Exmor R(エクスモア アール)”の高速読みだしと、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」の高速で優れた画像処理技術を応用した、先進のノイズ低減処理を実施。1回のシャッターで6枚の写真を高速連写、その6枚の写真を高精度に重ね合わせながらノイズを除去して、1枚の夜景写真に合成します。これにより、従来の高感度撮影よりもなめらかな画質で、ひときわ美しい夜景写真を残せます。

ノイズを抑え、人物を美しく記録できる。「人物ブレ軽減モード」

画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」の高速画像処理技術を応用した「人物ブレ軽減モード」。このモードを選択すると、1回のシャッターで6枚の写真を高速連写。その6枚を高精度に重ね合わせながら、ノイズ低減処理を実施します。これにより、ノイズを約1/2に抑えた人物撮影が可能です。さらに、室内などの暗い場所でも、ノイズを低減。高感度撮影によって被写体ブレも抑えながら、より美しいポートレートを写せます。