法人のお客様 クラウド報道制作ソリューション クラウド中継システム M2 Live

クラウド
中継システム
M2 Live*

ライブ制作をクラウドで。
時間と場所を選ばないリモートスイッチングが、
効率的で自由な制作を実現。

* M2 Live : Multipoint-to-Multipoint Live

クラウド上に展開されたソフトウェアベースのスイッチャーシステムです。インターネット配信や報道制作中継等のさまざまなライブ映像制作用途を想定し、映像のスイッチング、ロゴ重畳、動画ファイル再生等、多様な映像処理をクラウド上で実現します。中継現場からは、カメラまたは手元のスマートフォン、もしくはエンコーダーから映像信号をクラウドへ伝送するだけです。パブリッククラウド型のパッケージソリューション(SaaS)として提供されるため、設備構築のコスト、時間を最小限に抑えることができます。時間と場所の制約を低減する中継ソリューションで、効率的で自由な制作を実現します。

システム概念図

主な特長

1

リモートで場所を選ばず
スイッチング可能

クラウド上に構築されたソフトウェアベースのスイッチャーのため、インターネット回線が接続できれば、場所を選ばずにどこからでもスイッチングが可能です。
スイッチング操作は映像、音声の切り替えやロゴの重畳などシンプルな操作で、ワンマンオペレーションも叶えます。
4G LTE、Wi-Fi、有線ネットワークに限らず今後拡大が期待される5Gの活用によって、誰でも、どこでも映像を伝送しスイッチング操作ができることで、映像制作の幅を広げることができます。

2

SaaS提供により「所有」から「利用」へ

SaaS(Software as a Service)形態で提供されるため、利用したいというタイミングに利用できます。イベント的に発生する仕事や、検証的な制作で突然スイッチャーが必要になったという場合でも初期費用を抑え、設備管理費も削減することができます。
課金形態は使用時間上限ごとに契約プランをご用意し、超過分については従量課金とすることでシンプルかつ柔軟な活用をしていただけます。

※従量課金となる詳細内容については今後決定いたします

3

多彩な入力プロトコル、
配信プラットフォームへの直接出力も可能

クラウド上のスイッチャーへの入力信号として、SRTやRTMPといった汎用的なプロトコルに加え、ソニー独自の安定したストリーミングが可能な伝送方法にも対応します。出力はSRTとRTMPに対応し、配信プラットフォーム(クラウドサービス、ハードを問わず)へ直接出力することができます。
ソニー製カメラではSRT出力が可能なネットワークカメラBRCシリーズや、ソニー独自のQoS技術ストリーミングが出力可能なPXW-Z280 / Z190を活用することで、ハード機器としてはカメラのみご用意いただけば映像制作可能です。

4

モバイルアプリケーションにより
幅広いカメラに対応

手元のスマートフォンに入力した映像を直接「M2 Live」へ伝送するモバイルアプリも同時開発し、より機動力のあるライブ制作が可能となります。
またスマートフォン自身のカメラ映像だけでなく、Xperia PROのHDMI入力を活用すればどのような機種のカメラからもストリーミングを送信してスイッチャー入力信号として扱うことができます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら