法人のお客様 クラウド制作プラットフォーム Creators' Cloud C3 Portal

クラウドカメラポータル

C3 Portal

従来のメディア連携から
メディアレスでの素材伝送へ。
プレビュー・共有フローの常識が変わります。

Camera
×
Connect
×
Cloud

C3 Portalを使用すると、カメラで撮影しながら
撮影素材のアップロードやリアルタイム配信ができます。
カメラがクラウドとつながることで
映像素材をさまざまな制作工程へ素早く展開しやすくなります。

1

手軽でコストを抑えた環境整備

カメラとインターネット回線をUSBケーブルで接続するだけで準備が完了します。スマートフォンを活用する場合は、C3 Portalにログイン後カメラとスマートフォンをUSBで接続します。
伝送方式は、ストリーミング伝送とファイル転送の2種に対応しているため、ライブ配信や即時性が求められる映像をいち早く届けたい場合などに最適です。エンコーダーなどの高額な機器の調達や現場での配線を用意することなく、手軽にコストを抑えて転送環境を整えることができます。

2

撮影中の映像素材のプレビューや
編集ができる

カメラで撮影をしながら、追いかけ再生プレビューができます。また、追いかけ再生プレビュー中に、IN/OUT点を指定して新規クリップとして切り出すなどの編集作業が可能です。編集素材はカットリストとして出力でき、元素材との再リンクもできるため後の制作工程を迅速化します。

伝送スピード高速化の技術
1年間無償で使えます

ファイル転送の高速化アルゴリズムであるマルチ・モバイル・リンク転送(MMLT)を搭載しているので、
Androidユーザーはノンストレスの高速アップロードを体験できます。
カメラと直接接続しているスマートフォン(親機)に対して、複数の子機となるスマートフォンを
追加すると帯域が増えるため、より転送スピードを上げることができます。

さらに広がる活用方法

スマートフォンを中継カメラにするアプリ
「XDCAM pocket」

XDCAM pocket はスマートフォンの内蔵カメラを中継用カメラとして利用するためのアプリです。XDCAM pocketとカメラをつなぐ場合、UVCをサポートしているスマートフォンはUSBで、Xperia PROはHDMIでカメラと接続することで、中継機材がなくともストリーミング配信が可能になります。

メタデータと文字起こし*による効率的なコンテンツ管理

スマートフォンのアプリ上で素材のメタデータ入力ができます。素材項目やカメラマン名などのストーリーメタデータを、撮影されたクリップと紐付けておくことでメタデータを持つフォルダーを自動的に作成できます。個別にメタデータ入力を行う必要がなくなり、効率的なコンテンツ整理を可能にします。

*オプションになります

様々なシーンで

放送局

音楽ライブ・スポーツ中継

報道・ニュース

教育

ご利用の用途にあわせたプラン

用途に合わせたプランをご用意しています。

詳細はこちら
デモ・トライアル依頼/お問い合わせはこちら別ウィンドウで開きます

※これより先は、当社が委託した
株式会社セールスフォース・ドットコムのサイトへリンクします。