本文へ

製品情報>総合サポート>ブルーレイディスク/DVDレコーダー>使いかたマニュアル

ブルーレイディスク/DVDレコーダー サポート・お問い合わせ

デジタルカメラや他機器などから取り込む

ビデオテープから取り込みたい(VHSダビング)

対象機種
BDZ-AX2700T / AT970T / AT770T / AT950W / AT750W / AT350S

次のページも参考にしてください。

VHS、8ミリ、ベータなどのビデオテープに記録されている映像は、ビデオデッキを経由して本機のハードディスクに取り込めます。

  1. ビデオデッキなどをつなぎ、電源を入れる。

    接続イラスト


    S映像ケーブルでつないだときは

    映像ケーブル(黄)をはずし、[映像入力]>[S映像]に設定します。

    ご注意

    • ビデオデッキなどの映像記録機器を経由してつなぐと、メニュー画面や映像が乱れることがあります。

      NG例イラスト

  2. ビデオデッキなどを再生一時停止状態にする。

  3. 取り込み方法を選ぶ。

    1. 《ホーム》ボタンを押す。

    2. [ビデオ]>[VHSダビング]を選び、《決定》ボタンを押す。

    VHSダビング画面

  4. 各項目を設定する。

    VHSダビング画面

    時間や録画モードなどを変更するには

    設定エリアで各項目を選び、《決定》ボタンを押します。

    [時間]

    録画する時間を選べます。

    [録画モード]

    [マーク]

    映像(タイトル)にマークを設定できます。家族やジャンルなどでマーク別に設定しておくと、取り込んだタイトルをマークごとに分類できて便利です。

  5. 実行する。

    1. [確定]>[実行]を選び、《決定》ボタンを押す。

    VHSダビング画面

    矢印

    VHSダビング画面

  6. ダビング開始のメッセージが表示されたら、ビデオデッキで再生を始める。

    メッセージ画面

    矢印

    ビデオデッキイラスト

取り込みを途中で止めるには

《停止》ボタンを押します。


ご注意
  • コピー制限(コピーガード)がかかったビデオテープの映像は、ブルーレイディスクレコーダーに取り込めません。

    * コピー制限がかかっていないビデオテープであっても、ビデオテープの状態(劣化など)によりブルーレイディスクレコーダーがコピー制限のかかった映像と認識する場合は、取り込めないことがあります。

  • ビデオテープからブルーレイディスクレコーダーに取り込んだ二重音声放送(2か国語放送など)の音声が、意図せず片方の音声しか再生されない、または音声が重なって再生される場合は、以下Q&Aをご覧ください。

このページでは基本的な操作案内をしていますが、何かお困りの場合や問題を解決したいときは 「解決!サポートガイド」 をご覧ください。 数クリックで知りたい情報に辿り着けます。

解決!サポートガイド お困りのときはここから

使いかたで困ったときに「質問」として書き込むと、詳しい人からの回答やアドバイスが得られる コミュニケーションの場:「OKBiz for Community Support」を紹介します。

OKWave/OKBiz for Community Support/ブルーレイディスクレコーダーに詳しいユーザーに聞いてみよう!(無料)

ページトップへ