> 活用ガイド > 日頃のお手入れと保管方法 > カメラ本体・レンズのお手入れ方法

カメラ本体・レンズのお手入れ方法

動画で手順をご確認したい場合は以下をご覧ください。

イメージセンサーのクリーニングについては以下のページをご覧ください。

準備するもの

■ブロアー

本体やカメラ内部のホコリやゴミを吹き飛ばすのに使います。

※スプレー式のブロアーは使用しないでください。

■ブラシ

本体やレンズのホコリをはらうのに使います。レンズ用ブラシの大と小を使い分けるのも良いです。

■クリーニングクロス

カメラ及びレンズを拭くのに使います。洗えば繰返し使える化学繊維タイプがおすすめです。背面液晶についた鼻の脂も取りやすいです。

お手入れ方法

大きいホコリやゴミなどを払い落とします。

まずはブラシ(外観は大を使い、細部は小を使います)を使ってカメラ全体を払い落としていきます。
全体的に、強く押さずにやさしく払い落としましょう。

ブロアーを使ってデリケートな部分のホコリやゴミを吹き飛ばします。

レンズフロントキャップをはずし、レンズ表面のホコリをブロアーで吹き飛ばしたあと、クリーニングクロスで拭いて、レンズフロントキャップをとりつけます。

汚れがひどい場合は、柔らかい布やレンズティッシュにレンズクリーナーを染み込ませ、レンズの中央から円を描くように軽く拭いてください。

  • シンナーやベンジンなどの有機溶剤を含むクリーナーは絶対に使用しないでください。
  • レンズクリーナーを直接レンズ面にかけないでください。

仕上げはクロスでカメラ全体を拭きます。

ワンポイントアドバイス
ワンポイントアドバイス

液晶モニターのお手入れについて

液晶モニターが汚れたときは、ブロアーでホコリなどを吹き飛ばしてから、クリーニングクロスでやさしく拭いてください。
ティッシュペーパーなどで強く拭くとコーティングに傷がつくことがありますのでご注意ください。

汚れがひどい場合やコーティングがはがれた場合については以下のページをご確認ください。

液晶モニターを傷や汚れから守るために、モニター保護シートを貼るのもおすすめです。

タッチパネル操作に対応したαには、セミハードタイプの保護シートは対応しておりません。対応製品をよくお確かめの上、お求めください。

> 活用ガイド > 日頃のお手入れと保管方法 > カメラ本体・レンズのお手入れ方法