> 活用ガイド > 日頃のお手入れと保管方法 > イメージセンサーの汚れ具合チェックとクリーニング方法

イメージセンサーの汚れ具合チェックとクリーニング方法

レンズ着脱の際、カメラ内部に小さなゴミやホコリが入り、イメージセンサーに付着することがあります。
付着したゴミやホコリは撮影した画像に写り込んでしまうこともあり、取り除かないとすべての写真の同じ場所に写り続けてしまいます。
せっかくの写真を台無しにしないためにも定期的にクリーニングをおこないましょう。

イメージセンサーの汚れ具合チェック方法

イメージセンサーにゴミやホコリが付着しているか確認するには、真白な壁や紙、または快晴の空などを撮影します。

撮影モードを[A(絞り優先)]に設定します。

機種によって撮影モードの変更方法は異なります。変更方法については、取扱説明書をご確認ください。

撮影モード

絞り値を[F11]くらいに設定して、真白な壁や紙、または快晴の空などを数枚撮影します。

機種によって絞り値の変更方法は異なります。変更方法については、取扱説明書をご確認ください。

絞り値

撮影後に、カメラの液晶画面で確認します。

ホコリやゴミが付着している場合は、どの写真にも同じ場所にぼんやりとシミのように写り込みます。

同じ場所にゴミが写っていた場合は、次のイメージセンサーのクリーニングをおこないましょう。

イメージセンサーのクリーニング方法

動画で手順をご確認したい場合は以下をご覧ください。

準備するもの
準備するもの

ブロアー
本体やカメラ内部のホコリやゴミを吹き飛ばすのに使います。

  • * スプレー式のブロアーは使用しないでください。

ブラシ
本体やレンズのホコリをはらうのに使います。
レンズ用ブラシの大と小を使い分けるのも良いです。

STEP1 レンズ周辺を清掃する

クリーニングの前に、レンズの周辺のホコリを清掃します。

ブラシ(外観は大を使い、細部は小を使います)を使ってカメラ全体を払い落としていきます。

全体的に、強く押さずにやさしく払い落とします。

ブロアーを使ってデリケートな部分のホコリやゴミを吹き飛ばします。

レンズフロントキャップをはずし、レンズ表面のホコリをブロアーで吹き飛ばします。

レンズに汚れがつかないように、レンズフロントキャップをとりつけてください。

STEP2 クリーニングモードで清掃する

クリーニングモード機能搭載機種のみ。
クリーニングモード機能が搭載されていない機種は、「ブロアーで清掃する」をご覧ください。

バッテリー残量が少ない場合、クリーニングモードは起動しません。
クリーニング時は、ACアダプター (別売)をご使用いただくか、満充電されたバッテリーを使用してください。

カメラの電源を入れて、メニュー画面から[セットアップ]を選択します。

[セットアップ]の一覧から[クリーニングモード]を選択し、[実行]します。

冒頭の「イメージセンサーの汚れ具合チェック方法」でゴミが写るか再度確認します。

ゴミやホコリが取れていない場合は、以下のブロアーを使用したクリーニングをお試しください。

STEP3 ブロアーで清掃する

レンズを外し、イメージセンサーのクリーニングをおこないます。
機種によって手順が異なります、お使いの機種をお選びください。

クリーニングを実施しても改善しない場合

クリーニングを実施してもゴミが取れない場合は、センサーに汚れが付着している可能性があります。
清掃・点検サービスをご利用ください。

> 活用ガイド > 日頃のお手入れと保管方法 > イメージセンサーの汚れ具合チェックとクリーニング方法