Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
技術情報
テープ構造
テープIDホール
テープ取扱い
クリーニング
テープダメージ
テープダメージ
ドロップアウト ヘッドクロッグ テープキズ ニップシワ
テープダメージ:ヘッドクロッグ
ヘッドギャップ部にゴミや磁性紛が推積しヘッドギャップが詰り、その為記録・再生時に出力が低下し画像がザーと乱れる現象。完全にクロッグしている『(ヘッド)クロッグ』と、瞬間的にクロッグし直ぐに回復する『瞬時クロッグ』の2種類がある。
この種のトラブルは、テープとの接触によりヘッドの付着物が自然に取れて回復する場合もあるが、定期的なクリーニング(クリーニングカセットテープの使用が有効)により、ヘッド部の推積物を除去し、事前に防止可能なトラブルである。