Promedia
商品情報 技術情報 サポート FAQ/用語集 インタビュー
Site Map
技術情報
テープ構造
テープIDホール
テープ取扱い
クリーニング
テープダメージ
テープダメージ
ドロップアウト ヘッドクロッグ テープキズ ニップシワ
テープダメージ:テープキズ
テープキズを大別すると、テープ長手方向に傷付いた「スクラッチキズ」とヘッドによりスキャン方向(斜め方向)に傷付いた「ヘッドスキャンキズの2種類。
【スクラッチキズ】
・発生要因
VTR固定ガイドまたは固定ヘッドに付着したゴミや、走行中に推積した磁性紛により、走行方向に傷つけられる場合が多い。
・症状
付けられたキズにより、RF波形は一定の箇所が落ち込み、画面上では常に一定の位置にノイズ発生する。
テープ磁化パターン現象
スクラッチキズ
【ヘッドスキャンキズ】
・発生要因
VTR内部または外部から巻き込んだゴミが、ヘッドとテープの間に入り込みスキャン方向傷つけられる。
・症状
キズ部分の再生出力が大きく低下する為、大きなノイズとなり、ひどいものでは1スキャン完全に傷付き画面全体にノイズとなっているものもある。
※ベータカムの場合、1スキャン=1フィールドであり、キズの長さが半分であれば画面の半分にノイズが発生する。