お客様の声

サポートからのお知らせ

2014年8月13日 Windows Updateで配信開始 「Windows 8.1 Update」更新情報

(2014/08/13)
ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社

「Windows 8.1 Update」更新プログラム提供開始

マイクロソフト社より、「Windows 8.1 Update」の更新プログラムが2014年8月13日(水)に公開されました。
現在、Windows 8.1をお使いの方で、Windows Updateを有効にしている場合は、2014年8月13日(水)より順次、Windows Update経由で更新プログラムの適用が行われます。
今回公開された「Windows 8.1 Update」更新プログラムは2014年4月9日(水)に公開された更新プログラムから、さらに改良されたWindows 8.1の更新プログラムです。

ご注意

「Windows 8.1 Update」の更新プログラムのインストールが完了するまでには、1時間程度時間がかかる場合があります(お使いのインターネット環境によってはそれ以上の時間がかかることもあります)。

8月13日公開の「Windows 8.1 Update」更新プログラムの主な機能に関して

1. Windows Updateの更新日時と更新履歴が簡単に確認できます。

Windows Updateの「保守と管理」画面より、Windows Updateの更新プログラムのインストール日時と最終チェック日時の確認が一目でできるようになりました。
また、この画面において、更新履歴の確認と更新プログラムのインストール方法の選択も行うことができます。

確認方法
  1. 画面の右側から「チャーム」を開き、さらに「設定」を開きます。「チャーム」の開き方を確認する場合は、下記をご参考ください。
  2. 「設定」画面より、右下にある「PC設定の変更」を開きます。
  3. 画面左下にある「保守と管理」を開きます。
  4. 画面右下に表示されている「更新プログラムの最終チェック日時」または「更新プログラムのインストール日時」を確認します。
  5. 8月13日に公開が開始された「Windows 8.1 Update」更新プログラムが適用されたことを確認するには、「更新履歴を表示する」を開き、更新の履歴の中に「Windows 用更新プログラム(KB2975719)」があることを確認します。

2. 古い「Java」などの「Active Xコントロール」をブロックし、お客様を脅威から守ります。

「Active Xコントロール」は、インタネット上の動画の再生、PDFファイルの表示などに使用されていますが、最新版に更新されていない方も多くいらっしゃいます。
最新版に更新されていないと、「Active Xコントロール」の脆弱性を狙った攻撃を受ける可能性があります。
こうした問題に対応するために、古い「Active Xコントロール」をブロックする仕組みが導入されました。
さらに、古い「Java」などの「Active Xコントロール」を使用していると最新バージョンの「Java」に更新するメッセージが表示されます。

「Java」を最新バージョンに更新する場合は、下記をご確認ください。

「Java アップデートを入手可能」というメッセージが画面右下から頻繁に表示される